• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データA side B sideA:Simulation garage #04-sideA(A side B(#04A)Simulation 取り調べがうまくできない刑事)

タクシー内。刑事の山本(松重豊)の携帯に電話が入る。 「誤認逮捕!?まさか…」またやってしまったと落ち込む山本は、助手席の後ろにある広告チラシを一枚抜く。『SIDE_A 実行よりも、まずは試しませんか? Simulation garage …』 シミュレーション・ガレージ。そこへ山本が入ってくる。山本はいきなりクラブの主人・黒川英志(高田純次)と沢井和人(岡田義徳)に事情聴取をはじめる。シミュレーションクラブをあやしむ山本だったが、「悩みを解決してみせましょう。」という黒川の言葉に渋々、シミュレーションをお願いする。犯人役の沢井に取調べをする山本の言動は、まさに真犯人でなくても自供してしまうほどの怖さだ。黒川は山本に、付け髭に鼻眼鏡に三角帽、でかい蝶ネクタイをつけさせて外見の怖さをやわらげたり、温泉風呂の中で裸でのスキンシップを通じてコミュニケーションを図らせたり、あらゆるシミュレーションを展開させていくがなかなか上手くいかない。黒川は、見た目とか環境ではなく、山本が人をハナから疑っているところ、人を信じないところに原因があると気付く。黒川は、山本に「被疑者を信じることで引き出せる真実がある。相手が被疑者だろうが普通の人であろうが一緒ではないか?」と忠告する。果たして、山本はどんな結論を出すのか?【以上、BS-i広報資料より引用。一部補足。採録・練馬大根役者】参考資料・広辞苑第五版。心理学監修・浅野 八郎。協力・東京都水道局、AvidSymphony、PDN。地上波ではTBS深夜放送枠「この窓は、キミのもの。」にて2003/7/10(木)27:59-28:35より放送開始。本作は2003/9/18(木)27:39-28:15放送(「娘よ」放送に伴う編成変更)予定だったが、28:09-28:44に延期になった(筑紫哲也NEWS23時間枠拡大)。
キー局 BS-i 放送曜日 放送期間 2001/08/12~2001/08/12
放送時間 21:25-21:55 放送回数 1 回 連続/単発 単発
番組名 (A side B)
主な出演 高田 純次岡田 義徳眞島 秀和宮川由起子泉  麻人朝井  泉、クレジット表示あり、出演は未確認)、松重  豊
主な脚本 岡本 貴也、(インフォマーシャル脚本・近藤 博幸
主なプロデューサ 大川 博史(Joker)、鈴木 早苗(BS-i)、(プロデューサー補・宇野麻美子
主な演出 廣木 隆一、(演出助手・上野 貴弘躰中 洋蔵)(記録・玉川りえこ
局系列 JNN
制作会社 Joker、BS-i
制作 (制作担当・菊島 高広)
企画 (番組宣伝・中尾美香子(BS-i))(ホームページ・西田 実穂(PDN)、広滝 大輔(PDN)、矢吹真由美(PDN))(データ放送コンテンツ・舟橋 洋介赤羽 政幸蛯原 浩人)(データ放送制作・トマデジ
音楽 ak、アルバム「LOVE」より、(音響効果・高島慎太郎)(MA・山本 逸美
主題歌 ak「@my best」
撮影技術 伊澤 昭彦、(TD・大沢  清)(照明・石井 美宏石井 宏美))(VE・竹若  章)(音声・玉川 省一)(編集・山岸 宏一)(本編集・荒川 和紀)(協力・東通映広、府中・多摩スタジオ)
HP
美術 杉川 廣明、(美術進行・服部 孝志)(美術デザイナー・野口 陽介)(衣裳・横田 尊正)(メイク・中山 知美)(ロゴデザイン・山崎 康生)(ぬいぐるみ制作・吉川 照美)(美術協力・エースバッグ)(協力・フジアール

Tag Cloud

山本 黒川 高田純次 岡田義徳 シミュレーション 被疑者 岡本貴也 t (木) 眞島秀和 怖い 付け髭 鼻眼鏡 シミュレーション... やわらげる 信じる 宮川由起子 誤認逮捕 廣木隆一 心理学監修・浅野 参考資料・広辞苑 泉麻人 ハナ 入る Joker ak 八郎 忠告 水道局 実行

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供