• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ山村美紗サスペンス 赤い霊柩車(13) 函館立待岬 喪服の花嫁 愛に裏切られた女と身勝手な男に下された愛憎の結末…

葬儀社の女社長が、恋人の大学病院医師と共に事件の謎を解いてゆく異色の推理サスペンスドラマ「赤い霊柩車シリーズ」第13弾。今回は、初めてドラマの舞台を京都以外の地に移し、函館の名所を背景に事件が展開する。京都の石原葬儀社は、社長の明子(片平なぎさ)の発案で、北国函館へ二泊三日の社員慰安旅行に出かける。飛行機嫌いの古手社員秋山(大村崑)だけが残った。函館ではたまたま教会の結婚式に出会ったが、参列者の中に明子の東京の恋人春彦(神田正輝)がいた。新婦真理(竹下 舞)の兄杉本(荒木しげる)が春彦の大学時代からの親友なのだ。新郎は函館の医師の中島(竹本孝之)。新郎新婦を始めとする披露宴一行、そして明子ら葬儀社一行も、その夜は鹿部のホテル泊まり。明子と春彦は早朝ひそかに宿を抜け出してデートを楽しむが、立待岬の崖下に転落している新婦真理の死体を発見する。殺人事件と判断した函館南署小田切警部(永島敏行)の調べに、第一発見者の明子らも関わることになる。早朝、ホテルを飛び出した真理がタクシーを飛ばして岬に来たことがわかったが、新郎中島は深夜まで仲間たちに飲まされ、泥酔して真理が出ていったのを知らなかったという。京都でニュースを見た秋山が、何と商売第一とばかり飛んできた。函館の中島家の葬式をいただこうというのだが、地元の葬儀社の北川社長(長門裕之)と張り合い、結局共催ということに。車輌・田頭 喜英、マエダオート。撮影協力・鹿部温泉ダイワロイヤルホテルズ・鹿部ロイヤルホテル、函館市観光課、函館・テーオー小笠原、函館・博喜社。【出典:ドラマ本体のクレジット表示より採録(データ協力:栄司)】
キー局 CX 放送曜日 放送期間 2000/10/13~2000/10/13
放送時間 21:00-22:52 放送回数 1 回 連続/単発 単発
番組名 金曜エンタテイメント
主な出演 片平なぎさ神田 正輝大村  崑山村 紅葉五十嵐いづみ竹本 孝之竹下  舞荒木しげる永島 敏行長門 裕之河原崎建三河原崎健三)、眞山 典子山本 咲子真山 典子)、片桐 由葵谷坂 寛也鈴木 美佳鈴木 美香)、後藤 朱里吉田奈緒子本庄 雅也三村 静子山本  恵高森 ゆい
主な脚本 長野  洋
主なプロデューサ 野木小四郎金井 卓也(CX)、(広報・野村 正義(CX))(スチール・岩宮 秀憲
主な演出 (監督:合月  勇)(助監督:小島 正道湯浅  真松浦  本)(スクリプター:杉原 温子
原作 山村 美紗
局系列 FNN
制作会社 大映テレビ、CX
制作 (仕上進行・糸洲 朝経)(制作進行・雲井 成和)(ロケコーディネーター・轟  謙司)
企画 柳田 博美長部 聡介(CX)
音楽 (効果・佐々木英世)(選曲・佐藤  啓)(MIX'd・蛯原 浩彦)(効果(別項目)・東洋音響)(編集・MAスタジオ・共同テレビ)
主題歌 (オープニングテーマ・エンヤ「ONLY TIME」)(エンディングテーマ・徳永 英明「オリオンの炎」)
撮影技術 横手 丘二、(照明・泉田  聖)(VE・瀬尾 幸夫)(音声・芦原 邦雄)(編集・小松 直人)(EED・加藤 武志)(FOCUS・中村真一郎)(照明助手・池ヶ谷嘉伸加藤 賢也左納 康弘)(録音助手・村田 毅志高橋 友範)(CA・長谷川正光)(編集・MAスタジオ・共同テレビ)(技術協力・オーエイギャザリング
HP
美術 池田  護、(スタイリスト・市原みちよ)(衣裳・丸岡 由美)(メイク・山本 理恵)(美術助手・相田 伸一和泉 直子長南 敬子)(衣裳(別項目)・第一衣裳)(美術(別項目)・アートボックス))

Tag Cloud

タグはありません。

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供