• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ監察医室生亜季子(28)偽装死体 母の不審死を他殺と言い張る兄と何かを隠す妹

川越市の一軒家で地元建設会社の女社長・花田博子(一柳みる)の変死体がみつかった。死体を発見したのは博子の亡夫の先妻の子で、電気店を経営する花田雄作(加藤茶)。浜田(左とん平)らが到着した時、現場には博子の連れ子でOLの眞子(いしのようこ)もおり茫然と立ちつくす。亜季子(浜木綿子)が多忙だったため、浜田は医大助教授の八木(筒井巧)に司法解剖を依頼。まもなく、『ヒモで首を絞めた後に扼殺した』との鑑定結果を得た。だが、現場写真を見た亜季子は、乱れた感じのない室内の様子に首をひねり再度調査。博子の死因が自殺で、何者かが首のヒモを取り外すなどして他殺に見せかけていたことが分かった。眞子が極度のストレスから急性胃潰瘍になる中、死体に工作した人物はすぐに割れた。多額の借金に苦しんでいた雄作が博子の自殺体をみつけ、とっさに生命保険がもらえる他殺に見せかけたようなのだ。事件は一見落着…だが、亜季子は重度と思える眞子の心的外傷障害に注目。事件には裏があり、それが博子の自殺に大いに関係しているとみた。ロケ車輌:ストロングワーク。ロケ協力:川越市、戸田競艇、新宿パークタワー、土呂不動産、川越・青林寺、滝伸建設、ピッツリア・グループ。
キー局 NTV 放送曜日 放送期間 2000/10/10~2000/10/10
放送時間 21:03-22:54 放送回数 1 回 連続/単発 単発
番組名 火曜サスペンス劇場
主な出演 浜 木綿子いしのようこ石野 陽子)、左 とん平一柳 みる加藤  茶重田千穂子山田まりや大場  順筒井  巧森 みつえ工藤 俊作山下 伸二)、藤岡 大樹谷川  俊三谷 六九弥生みつき市川  勉児玉 頼信ブッチー武者智鐘 聖耀鈴木 信明かしま 冠飯島小裕美岡野 百合最上 幸穂、東映アカデミー、(法医学指導:佐藤 喜宜杏林大学))(予告ナレーター:平  榮子
主な脚本 宮川 一郎、(資料提供:内藤 道興医学博士))
主なプロデューサ (チーフプロデューサー:佐藤  敦)(プロデューサー:桑原 秀郎島田  薫長富 忠裕)(広報担当:高橋 修之)(スチール:笠井 新也カラーテック))
主な演出 (監督:鷹森 立一)(助監督:相沢  淳)(記録:今井 文子
原作 宮川 一郎
局系列 NNN
制作会社 (製作・著作:東映)(制作:NTV)
制作 (製作担当:伊藤 彰将)(製作主任:林 みのる)(製作助手:阿部  豪)
企画 酒井 浩至、(番組デスク:古谷 理枝
音楽 大谷 和夫、(効果:大槻 邦久)(MA:諸井 明彦)(音楽協力:日本テレビ音楽)
主題歌 (テーマ曲:工藤 静香「深紅の花」(作詞:橘  朋実、作曲・編曲:YOSHIKI)(エクスタシー・ジャパン))
撮影技術 渕野 祐輔、(技術:大沢  清)(照明:青山 茂雄)(音声:小島 一宏)(VE:笹井 唯史)(VTR編集:森崎  好)(技術協力:東通
美術 澤田 清隆、(装置:小林 高之丸和産業))(装飾:山本 信毅東京美工))(持道具:藤本 尚美)(衣裳:森田 流水東京衣裳))(メーク:西脇 和子入江美粧))(ヘアー:竹内三枝子スタジオまむ))(美術協力:高津装飾ほか)

Tag Cloud

博子 宮川一郎 眞子 浜木綿子 亜季子 いしのようこ 浜田 ヒモ 見せかける 川越 他殺 急性胃潰瘍 川越・青林寺 土呂不動産 地元建設会社 左とん平 みる 現場写真 自殺 立ちつくす 死体 極度 司法解剖 みつかる もらえる 新宿パークタワー ストレス 加藤茶 到着 ロケ車輌

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

FaceBook

クチコミ

ユーザレビュー

このドラマの YouTube 検索結果

関連ブログ

ドラマデータ提供