• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データオヤジぃ。(おやじぃ。…誤り)

家族のため、社会のために立ち上がる頑固おやじの奮闘を描く。「開業医の神崎完一(田村正和)は今時珍しいガンコ親父で、曲がったことが大嫌い。いったん自分が正しいと思えば、相手が誰であろうとどんな場であろうと、一言言わずにいられない。そんな完一に、いつも従順な妻・美矢子(黒木瞳)、幼い頃から優等生で小学校教師の長女・小百合(水野美紀)、短大生で気が強い次女・すず(広末涼子)、医学部を目指す浪人生の末っ子・正(岡田准一)は振り回されっぱなし。しかしその完一も、ホステスで実はシングルマザーの君塚真知子(石田ゆり子)の前では、愚痴をこぼし甘えるのだった。ある日、すずがエリート会社員の国東博(及川光博)と結婚すると言い出した。一方、正は模試で志望大学合格ほぼ不可能と判定されてしまっていた。そして小百合もまた…。神崎家、動乱の時が訪れようとしていた。【以上、文:練馬大根役者】」「家の中に頑固おやじがいて、おやじが中心でしっかり苦言を呈していれば、家がまとまるというドラマ。結局は、頑固おやじと夫婦愛、家族愛、という古典的なところでまとまっていた。【この項、「GALAC」(坂本衛編集人、放送批評懇談会編集発行)2001年3月号より引用】」各話サブタイトルは以下の通り。第1回「怒れ!ガンコ親父」、第2回「オヤジ撃沈」、第3回「史上最悪の結婚式」、第4回「長女の正体」、第5回「独裁者の涙」、第6回「婚約者の秘密」、第7回「入院患者は見た」、第8回「浮気白書」、第9回「涙の授業参観」、第10回「神崎家 崩壊」、第11回「いちばん大切な人」。第1回は拡大版(日曜21:00~22:09)。最終回も「最終回スペシャル」と題して拡大版(日曜21:00-22:09)。ロケーション協力:カリタス小学校(1)(3)-(9)、目黒鷹番・今井医院(1)(5)-(11)、代々木ゼミナール(1)(3)(5)(11)((11)では、代ゼミ、と表記)、大手町ファーストスクェア(1)、立正大学学園(1)(2)、ゲートシティ大崎(1)、八芳園(1)、椿山荘(2)-(4)、芦花パークゴルフ(2)、アニヴェルセル表参道(2)、季節料理満川(3)、Denis Allemand(3)、松坂屋(4)、東放学園専門学校(4)、川勝産婦人科(4)、パピヨン(4)、東京都交通局(4)、スリーエフ千駄木四丁目店(4)、東京會舘(4)、よこはま東急百貨店QUEEN'S EAST(5)、kupu-kupu(5)、Queen's Square YOKOHAMA(5)、マレンマ大手町(6)、三菱地所(6)、大手町ファーストスクェア(6)、jiec(6)、(バイク)都洋自動車販売((7)(8)(10)では都洋自動車販売)(6)-(10)、Sweden(6)、杏林大学(7)、アクサニチタン生命(7)、CASA(7)、Candy Strippar(表示ママ)(7)、アニベルセルカフェ(8)、MARINA RINALDI(8)、Den-en(8)、NATIONAL AZABU(8)、ココスクエア(9)、東京ビジュアルアーツ(9)、平禄寿司(9)、住友海上火災保険(9)、ワイド新宿支店(9)、東日本旅客鉄道(10)(11)、B.C.(10)、大手町野村ビル(10)、松涛スタジオ(10)、Mito Okase's cultural council(10)(11)、サントロペ(11)、千代都(11)、LIFE(11)、サイゼリア中野坂上店(クレジットではサイゼリア中野阪上店)(11)、東京シティエアターミナル(11)、CISCO(11)。協力・with(4)、「エクソシスト ディレクターズ・カット版」11月23日(祝)から渋谷東急ほか全国松竹・東急洋画系ロードショー(ワーナーブラザーズ映画配給)(6)、カメラマン(9)、鈴木その子のトキノ(9)。【データ協力:法水、練馬大根役者】
キー局 TBS 放送曜日 放送期間 2000/10/08~2000/12/17
放送時間 21:00-21:54 放送回数 11 回 連続/単発 連続
番組名 東芝日曜劇場
主な出演 田村 正和(1)-(11)、広末 涼子(1)-(11)、水野 美紀(1)-(11)、黒木  瞳(1)-(11)、岡田 准一(1)-(11)、石田ゆり子(1)-(11)、及川 光博(1)-(6)(11)、中丸 新将(2)-(4)(6)、松本 留美(2)-(4)(6)、広岡由里子(2)-(4)(8)(11)、今井 陽子(1)-(11)、加藤 浩次極楽とんぼ)(1)-(11)、矢沢  心(1)-(11)、山口祐一郎(8)-(11)、中村 泰三(1)(2)(8)(9)、高橋 隆大(3)-(5)(7)-(9)(11)、須永  慶(4)(6)(8)(9)、浅野 花英(8)-(11)、(以下、非レギュラー猪俣 光世(1)、長島 裕子(1)、市川  勉(1)、菊地 均也(1)、草野  裕(1)、酒井 麻吏(1)、野村 ちこ(1)、芦沢 孝子(1)、堀江 智子(1)、菅原 あき(1)(2)、白川みなみ(1)、清水 邦彦(1)、隆   文(1)、湯沢 忠弘(1)、小久保丈二(1)、畠中 正文(1)、前田 英二(1)、野村島一成(1)、小林  浩(1)、吉武 怜朗(1)、飯田 里穂(1)、常盤 祐貴(1)、安河内直樹安河内直毅)(1)、森川 数間(2)(4)、堀江  慶(2)、浅倉沙友美(2)、則友 謙司(2)、薬袋 一久(2)、竹島 正義(2)、瀬戸陽一郎瀬戸陽一朗)(3)、窪園 純一(3)、小林 由佳(3)-(5)、荻野 恵理(3)、石川 絵里(3)、大桑マイミ桑は正しくは桑の俗字。上段に十中段に十が二つ横並び下段に木)(3)、田中 啓三(3)、吉田 佳代(3)、尾花 寛治(3)、樋渡 真司(4)、てらだちなつ寺田 千夏)(4)、高橋 慎二(4)、秋元 三佳(4)、三十右十三(4)、伊東かおり(4)、高柳 葉子(4)、森 早奈美(4)、原 ひさ子(5)、櫻庭 博道(5)、相田 美和(5)、蔵迫 泰子(5)、小宮 理英(5)、水稀 美那(5)、高橋 賢人(5)、隈本 吉成(6)、森山 米次(6)、浮田 久恵浜田 久恵浮田 久重)(6)、太田 周作(6)、瀬戸 将哉(6)、大門 公人(6)、仲村トオル(7)、赤屋 板明(7)(8)(10)、向野  澪(7)(8)、半海 一晃(7)、澤口夏奈子(7)、沼崎  悠(7)、小池 朋子(7)、加彩 恵子(7)、大野 英憲(7)、北村 隆幸(7)、柴山 香織(7)、中村 麻美(7)、藤本 恭子後藤 恭子)(7)、馬場 花歩(7)、遠野 花林(7)、吉野 奨基(7)、林  孝一(8)、吉満 涼太(8)、花原 照子(8)、谷津  勲(8)、柳谷 ユカ(8)、児玉 頼信(8)、しのへけい子(8)、石川 裕司(8)、宍戸美和公(クレジットでは、突戸美和公と誤植)(8)、川村 謙介(8)、森 みつえ(8)、オミッド(8)(9)、エスマエル(8)(9)、島邑 みか(8)、大上祐美子(9)(10)、夏川加奈子(9)、小松 和重(9)、今村 敏彦(9)、我孫子千春(9)、鈴木 のり(9)、鈴木 千晶(9)、木場 勝己木場 勝巳)(10)(11)、渡辺 大樹(10)、栗田真由子(10)、柴田 次郎(10)、三輝みき子(10)、原田 和美日下貴和子日下ひかる吉原貴和子)(10)、平嶋  圭(10)、根岸 勇人(10)、高橋 秀綱(10)、清水えりか実田江梨花畑中映里佳中江 里香)(10)、香坂 仁見(10)、春海 四方(11)、谷本  一(11)、たかはし等(11)、宇堂翔一朗(11)、高丸 真理(11)、野仲  功(11)、田中沙斗子(11)、掛田  誠(11)、原  功一(11)、宮本 聖也(11)、トライアルプロ(1)-(11)、劇団ひまわり(1)(2)(4)-(11)、放映プロジェクト(1)(2)(6)(7)(10)(11)、宝映テレビプロダクション(1)(2)(7)-(9)、セントラル子供タレント(7)-(9)、劇団いろは(7)-(9)、セントラル子供劇団(7)-(9)、劇団東俳(7)-(9)、ホリプロ・インプルーブメント・アカデミー(7)-(9)、東京児童劇団(7)-(9)、プロミックス(7)-(9)、ファーストインプレッション(5)、R&Aプロモーション((7)ではR&Aプロダクション)(7)(9)(10)(11)、(ファイト指導:栗原 直樹(5))(写真指導:田代 眞人(10)(11))
主な脚本 遊川 和彦(1)-(11)
主なプロデューサ 八木 康夫、(プロデューサー補:壁谷 悌之)(スチールカメラ:山縣 壽樹為広 麻里
主な演出 清弘  誠(1)(2)(5)(7)(8)(10)(11)、吉田 秋生(3)、片山  修(4)(6)、佐々木雅之(9)、(タイトルバック・松原 弘志アニメーションスタッフルーム)(演出補・佐々木雅之(1)-(8)(11)、波多野貴文(9)(10)、山室 大輔田中大二朗)(ロケーション担当・いわむらひろゆき(1)(3)(5)(7)(8)(10)(11)、松井 嚆矢(2)(4)(6)(9)、鷲山 伸人綱島 美恵)(医療監修:堤  邦彦(1)(2)(5)-(11))(タイムキーパー((3)(4)(6)(8)では「記録」と表記)・八木美智子(1)(2)(5)(7)(9)-(11)、木下真理子(3)(4)(6)(8))
原作  
局系列 JNN
制作会社 (制作・TBS ENTERTAINMENT(TBSエンタテインメント))(製作著作・TBS((11)エンドロールでは「制作著作」と表記))
制作 (番組デスク・小澤 通子)
企画 (番組宣伝:鈴木 慎治)(インターネット番宣((1)(3)ではインターネット担当):渡部 綾子(1)(3)(5)(7)(9)(11)、野田 征洋(2)(4)(6)(8)(10)、伊藤 恵子
音楽 (選曲・山内 直樹)(音響効果・山下 祐司(1)-(3)(5)(7)(8)(10)(11)、赤座 聡子(4)(6)(9))
主題歌 花*花「さよなら大好きな人」
撮影技術 (技術:本木 明博)(カメラ:野條 光一大江 純一大政 則智濱道 健一穴澤 直樹森  哲郎寺田 隆一)(映像:榊  聖一)(照明:和田 洋一(1)(2)(5)(6)(11)、的場 謙一(3)(4)(7)-(10)、鷲尾 俊和鈴木 博文落合 一夫庄田友里絵)(音声:清水 昭人(1)(2)(5)(6)(9)-(11)((9)では、清人 昭人と誤植)、臼井 久雄(7)(8)((7)では、白井 久雄と誤植)、下村 晴之(3)(4)、尾崎佐千子池田 勇人)(編集:田口 正樹(1)(2)(6)(7)(8)、川中 健治(3)-(5)(9)-(11))(CG:成田 純子(4)-(6)(8)-(11))(協力:東通、緑山スタジオ・シティ
ビデオ VT:バップ、DVD:バップ
美術 (美術デザイン:大西 孝紀)(美術制作:小林 民雄(1)-(8)(10)(11)、鈴木 浩二(9))(美術プロデューサー:青木ゆかり)(装置:館山 道雄田中 裕二南  智章)(装飾:藤田 明伸徳田 圭次石丸 礼子)(コスチューム:大迫 靖秀野中 秀俊(1)(3)(5)(7)(9)(11)、西尾 紀子(2)(4)(6)(8)(10))(ヘアーメイク((11)エンドロールではヘアメイク):吉村 美和山下 幸子大隣 望美)(持道具:黒田 淳子)(イルミネーション:三沢 靖明(1)(4)(7)(9))(建具:宇野景治郎(2)(5)(10))(植木装飾:石灰 未展石灰 末展)(3)(6)(8)(11))

Tag Cloud

頑固おやじ 田村正和 広末涼子 大手町ファースト... 都洋自動車販売 神崎家 ガンコ親父 まとまる 遊川和彦 水野美紀 長女 協力・with B.C. RINALDI 季節料理満川 及川光博 禄寿司 エクソシスト Square Queen 拡大版 最終 杏林大学 EAST 曲がる 1回 愚痴 岡田准一 おやじ

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供