• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データクライマックス 人生はドラマだ(第19回)マキノ省三

1)トップレベルの人、2)話題の人、3)過去の話題の人、4)意外な人、の四つのテーマから選んだ人物に視点をあて、本人や子孫などをスタジオに招いて再現ドラマや関係者とその子孫による御対面で構成したドキュメンタリー番組「クライマックス 人生はドラマだ」の中の1本。当時では珍しいカラー放送の番組だった。なお、【出演】の中にも再現ドラマなどに出演している分があるかもしれない。映画草創期をになった映画監督マキノ省三の生涯を、青年時代は孫の津川雅彦、壮年期はその薫陶を受けた河津清三郎が演じた。壮年期のクライマックスは、改心の作品になるはずだった大作「実録忠臣蔵」の出来が悪いため自らフィルムを燃やすところを描いている。この出来ごとは一般には撮影中に火事で消失したことにされている。【以上、文・のよりん】
キー局 NTV 放送曜日 放送期間 1960/02/13~1960/02/13
放送時間 20:00-21:00 放送回数 1 回 連続/単発 単発
主な出演 マキノ雅弘マキノ智子玉木潤一郎、(ドラマ部分出演:津川 雅彦河津清三郎市川 和子中村 芳子)(司会:徳川 夢声
局系列 NNN

Tag Cloud

マキノ智子 マキノ雅弘 玉木潤一郎 壮年期 子孫 クライマックス 再現ドラマ 映画監督マキノ省... 実録忠臣蔵 話題 薫陶 消失 出来 トップレベル ドキュメンタリー... 対面 燃やす フィルム 関係者 河津清三郎 珍しい 視点 スタジオ カラー放送 悪い 人物 人生 テーマ 出演 1本

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供