• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ太陽がいっぱい

もらった宝くじが当選して、1億5000万円を得た会社員・上村(中村雅俊)。会社の創業者に見込まれお見合いした相手は20歳年下の美人お嬢様・マリ子(牧瀬里穂)。絵に描いたような幸運を手に入れたと思われたがそこに落とし穴が…。お嬢様は創業者の愛娘で子持ちだった。しかも創業者の妻は奇妙な宗教にハマっていたのだった…。【以上、文・古崎康成】「今期のドラマの中では、一番、童話的な作品。中村嘉葎雄が当主の我利我利亡者一家に取り込まれた正直者・中村雅俊。「我利我利」対「正直」が巻き起こす珍妙なイソップ的世界が見どころ。1話目で、大当たりの宝くじを持っているため、大金持ち・嘉葎雄の娘牧瀬里穂と結婚させられた雅俊は、この2話目で、いや応なく豪邸に引っ越しさせられ、牧瀬に子供の上脇結友がいたり、嘉葎雄の妻鰐淵晴子が妙な宗教に凝っていたり、一家で唯一まともな人間が結友なことを知る。「いいひと。」に「アダムスのおばけ一家」がくっついたと考えればいい。「アダムス一家」が最初からいい人(?)たちだったように、このドラマでも嘉葎雄家は、ヘンではあっても悪人の感じはしない。現実の「我利我利」人間たちが想像を絶するほど悪人なので、甘いと言えば甘いが、リアルにすると「正直」に勝ち目がない、ということか。牧瀬に存在感が増してきた。【この項、毎日新聞1998/01/20付より引用。署名:川】」「平凡な中年サラリーマンが宝くじで一億五千万円を当て、会社の創業者の美人令嬢とも結婚する。そんな夢のような幸運をつかんだ後に待ち受けていたものは……。土屋斗紀雄の脚本、木下高男の演出で描くコメディーだ。全十回。<br /> 上村雄一(中村雅俊)はおもちゃメーカーの営業課長。十年前に妻を交通事故で亡くしてから一人暮らしだ。元日、上村は社長の島崎(平泉成)と一緒に会長の谷山(中村嘉葎雄)の屋敷を訪ねる。社長は、上村を金遣いの荒い会長のお目付け役にしようとしていた。谷山家の玄関前で、上村は会長の愛娘、マリ子(牧瀬里穂)とぶつかって財布を落としてしまう。その財布の中には、一億五千万円が当たった宝くじが入っていた……。不景気風を吹き飛ばすような展開で、テンポも軽快。牧瀬のしたたかな悪女ぶりは堂に入っており、鰐淵晴子や鷲尾真知子らわきを固める谷山家の面々のとぼけた演技も楽しい。ただ、主演の中村雅俊はベテランらしい味を出してはいるものの、もっと三枚目に徹した方がいい。ドタバタぶりが中途半端になってしまっている印象を受けた。【この項、読売新聞1998/01/13付より引用。署名:松】」第1回目のみ、火曜22:15-23:24。最終回のみ火曜22:30-23:24。ロケ協力:椿山荘(1)(2)、メインテック(1)(5)-(10)、国営昭和の森公園(1)、日本デジタル研究所(2)-(10)、東京ベイヒルトン(2)(4)-(6)、パンパシフィックホテル横浜(2)、松本引越センター(2)、四季(3)(4)、ルグラン・ソシエ・ビューティ・アベニュー クラス21(3)、METRO GREEN(4)、博品館TOY PARK(5)、クイーン・アリス迎賓館(5)、東京国際フォーラム(5)、伊豆シャボテン公園(6)、伊豆海洋公園(6)、伊東観光協会(6)、サザンクロスリゾート(6)、りゅう石(6)、サザンクロスカントリークラブ(6)、次郎おさるランド(6)、伊豆 大室山ペアリフト(6)、オルガノ(7)-(10)、TOKYO MI BUILDING(7)(9)、ニューピア竹芝(8)、新宿ミロード・PIO(8)、マクドナルド ニューピア竹芝店(8)、ギャルソンパブ(8)、RESTAURANT W(9)、東京逓信病院(9)。協力:ベイシス、バスク、フジアール、レモンスタジオ。車輌:フィールドワーク(1)-(9)、佐々木文正(10)。【データ協力:デイリーザキヤマ】
キー局 KTV 放送曜日 放送期間 1998/01/13~1998/03/17
放送時間 22:00-22:54 放送回数 10 回 連続/単発 連続
主な出演 中村 雅俊(1)-(10)、牧瀬 里穂(1)-(10)、細川 茂樹(1)-(10)、高田万由子(1)-(10)、モト 冬樹(1)-(10)、中村嘉葎雄(1)-(10)、戸田 恵子あゆ 朱美)(1)-(10)、ふかわりょう(1)-(10)、鷲尾真知子(1)-(10)、平泉  成平泉  征)(1)-(4)(6)-(10)、鰐渕 晴子(1)-(10)、小原 雅人(1)-(10)、上脇 結友(1)-(10)、西條 晴美(1)-(3)(6)-(10)、久我美智子(1)、リオ・メネゲッティ(1)、中込佐知子(1)、加倉井えり(1)、前田 悠衣(1)、長能 雄二(1)、おやま克博(1)、中嶌 玲子(1)、音羽  剛(1)、長嶺 尚子(2)-(10)、上田 妙子(2)-(10)、山崎 裕里(2)-(10)、加藤 綾子(2)-(4)(6)-(10)、荒木 裕介(2)、大塚  浩(2)、杉崎 浩一(2)-(4)、尾井 治安(2)、近間由記子(2)、石井 洋祐(3)、柴田林太郎(3)(5)-(10)、田中弘太郎(3)(5)-(10)、堀部 隆一(3)(6)(7)、伊藤  紘(3)(6)(7)、土井きよ美(3)、高橋 克実(4)、志賀圭二郎(4)-(6)、桑原たけし(5)、秋月 麻江(5)、藤岡 大樹(5)、野呂英里香(5)、岩崎れい子(5)、ただのあっ子(6)、松美 里杷松美さかえふくまつみ)(6)、浅倉いづみ(6)、六角 精児(7)、渡辺 憲吉(7)、中村 真理(7)(8)、ツル(8)、モモコ(8)、シーマ(8)、ケイ(8)、瀬戸陽一朗(9)、ひがたともこ(9)、福田  亘(9)、澤  浩男(9)、加賀谷純一(10)、古賀プロダクション(1)-(10)、セントラル子供タレント(2)-(5)(7)-(9)、セントラルチャイルド(10)、(振付:カズ(8)、ミヤコ(8))、
主な脚本 土屋斗紀雄
主なプロデューサ 松村 俊二森田 拓治(KTV)、(プロデューサー補:柳川由起子)(広報:渡辺真沙子(KTV))(スチール:副田 宏明
主な演出 木下 高男(1)(2)(5)(8)(10)、平野  眞(3)(6)(7)(9)、三宅 喜重(KTV)(4)、(助監督:徳市 敏之)(演出補:根本 和政(1)-(10)、石川 淳一杉浦 祐樹)(タイトルバック:イクイティエンタテインメント)(記録:西澤香陽子(1)(2)(5)(8)-(10)、久保田 純(3)(4)(6)(7))
局系列 FNN
制作会社 (制作:共同テレビジョン、KTV)
制作 (制作担当:藤沢 克則)(制作主任:原田 良晴(1)-(10)、田頭 優子)
企画 濱  星彦(KTV)
音楽 中川幸太郎、(音響効果:藤村 義孝(1)-(10)、岩元 泰乃)(MA:山元 俊志
主題歌 相川 七瀬「彼女と私の事情」(作詞:相川 七瀬織田 哲郎、作曲・編曲:織田 哲郎)(motorod)
撮影技術 浅野 仙夫(1)-(10)、白井 哲矢熊野 隆之島村 宏明松島 良晴朝倉 康博(KTV)、日浅 宏一(KTV)、小木曽 輝、(TD:石川 清一)(技術プロデュース:佐々木俊幸)(照明:鋤野 雅彦(1)-(10)、篠原 秀樹小尾 浩幸大村 泰一)(映像:吉川 博文(1)(2)、青田 保夫(3)-(10))(音声:山成 正己(1)-(10)、小林 祐二金杉 貴史)(編集:深沢 佳文)(ライン編集:大方  泉(1)-(10)、伊藤 裕之)(VTR:渡部  営(1)-(10)、吉川 博文)(車輌撮影:エススリーカンパニー(1)(8)(10))
HP
美術 (デザイン:柳川 和央)(美術プロデュース:本田 邦宏)(美術進行:森田 智弘)(装飾:高島 寿生(1)-(10)、高橋  寛)(大道具:山崎 博康(1)-(10)、川久保賢治(1)-(10)、猿山 利昭)(持道具:甘利奈緒美)(衣裳:金子 光浩(1)-(10)、星 美恵子)(メイク:小島百合子(1)-(10)、佐々木精一)(アクリル装飾:日野 邦彦)(造園:潟山 直希)(建具:阿久津正巳

Tag Cloud

中村雅俊 創業者 牧瀬里穂 牧瀬 宝くじ 上村 motorod 我利我利 谷山家 会長 宗教 幸運 愛娘 中村嘉葎雄 悪人 財布 甘い 細川茂樹 土屋斗紀雄 社長 おもちゃメーカー 森田拓治 今期 KTV 会社 松村俊二 マリ子 レモンスタジオ 入る 豪邸

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供