• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ小京都ミステリー(17)肥前蛍の里殺人事件(肥前螢の里殺人事件)

出版社に勤める尚子(片平なぎさ)と相棒のカメラマンの克也(船越栄一郎)が、取材で訪れた全国各地の小京都で様々な事件に巻き込まれるサスペンスドラマシリーズ第17弾。ライターの尚子(片平なぎさ)と相棒のカメラマン山本(船越栄一郎)は、佐賀県唐津で取材中、陶芸店オーナー冴子の死体を発見する。前夜、冴子に「殺してやる」と叫ぶのを目撃された尚子の親友・恵美に容疑がかかるが、恵美は否認。捜査の手掛かりは、死体のそばにあった紙片だった。紙片には、北原白秋の詩「螢」が記されていた…。【以上、ファミリー劇場広報資料より引用】車輌・原  雅弘、マエダオート。資料映像・NHK(日本放送協会)。撮影協力・佐賀県・唐津市・ダイワロイヤルホテルズ・唐津ロイヤルホテル、佐賀県唐津市商工観光部観光課、佐賀県伊万里市商工観光課・教育委員会、伊万里鍋島焼協同組合、佐賀県小城町商工観光課、小城観光協会、唐津・松尾高麗窯。
キー局 NTV 放送曜日 放送期間 1996/05/28~1996/05/28
放送時間 放送回数 1 回 連続/単発 単発
番組名 火曜サスペンス劇場
主な出演 片平なぎさ船越栄一郎船越英一郎)、杉田かおる秋本奈緒美山下容莉枝岡野進一郎柳川 慶子菊池 彩未筒井真理子中尾喜美子山崎 優子宇野  歩でんでん堀内 正美木原 隆盛高橋 康人布志 幸夫出水  修田島 信太
主な脚本 宇都宮郁代
主なプロデューサ 野木小四郎千原 博司野末 和夫、(スチール・金澤 栄一)(広報担当・松村 紀子)(番組デスク・古谷 理枝
主な演出 (監督・池広 一夫)(助監督・島田  晃松戸 信樹)(監督補・小島 正道)(スクリプター・佐々木禮子
局系列 NNN
制作会社 (製作・著作・大映テレビ)(制作・NTV)
制作 (製作主任・木村 康信)(製作担当・加治屋常幸)(ロケコーディネーター・轟  謙司)(仕上進行・原田  信)
企画 長富 忠裕
音楽 丸谷 晴彦、(音楽協力・日本テレビ音楽)(選曲・佐藤  啓)(効果・佐々木英世東洋音響)(MA・井上  学
主題歌 (テーマ曲・高橋真梨子「ごめんね…」(作詞・高橋真梨子、作曲・水島 康宏、編曲・十川 知司))
撮影技術 横手 丘二、(照明・小川 正治)(VE・野村 俊樹)(録音・芦原 邦雄)(編集・小松 直人)(撮影助手・中村真一郎)(CA・角本 輝夫)(照明助手・泉田  聖池ヶ谷嘉伸左納 康弘)(録音助手・村田  毅井上  明)(編集助手・桐畑  寛)(EED・白水 孝幸)(技術協力・ビデオフォーカス)
美術 泉  人志アートマガジン、(スタイリスト・市原みちよ)(衣裳・中山 邦夫第一衣裳)(メーク・山本 りえ)(美術助手・山崎 千鶴平木  績

Tag Cloud

片平なぎさ 船越栄一郎 佐賀 唐津 尚子 紙片 宇都宮郁代 相棒 杉田かおる 資料映像・NHK 商工観光課・教育... 唐津・松尾高麗窯 伊万里鍋島焼協同... 取材 車輌・原 撮影協力・佐賀 日本放送協会 死体 サスペンスドラマ... 雅弘 ライター 手掛かり 全国各地 叫ぶ 冴子 そば カメラマン 丸谷晴彦 秋本奈緒美 千原博司

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

FaceBook

クチコミ

ユーザレビュー

このドラマの YouTube 検索結果

関連ブログ

ドラマデータ提供