• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ幕末高校生 BAKUMATSU KOKOSEI

キャピキャピの高校生とセンセイたちが幕末にタイムスリップするドタバタだが、江戸時代の描写が丁寧。現代の映画村での雑然とした観光客の賑わいから、一転して1864年の静寂の世界へタイムスリップした前後の部分など実に巧妙。画調をフィルム調の少し暗めに転換したのも功を奏している。1864年の時代描写も主人公たちを除けばかなり入念で、静寂の中、主人公たちが街中をさまよう部分や、人斬りシーンでの鮮血など、時代劇のそれを凌ぐ生々しさで、目をひく。そうした凝り方にもかかわらず、全体の軽快さが失われていないところに注目。協力・横浜開港記念館、平安神宮、丹海観光バス、JAST、島津理化器械。
キー局 CX 放送曜日 放送期間 1994/01/15~1994/02/12
放送時間 20:00-20:54 放送回数 5 回 連続/単発 連続
番組名 ボクたちのドラマシリーズ
主な出演 細川ふみえ(1)(4)、武田 真治(1)(4)、山本 太郎(1)(4)、小林  恵(1)(4)、石橋 蓮司(4)、高杉  亘(1)(4)、仲村トオル伊武 雅刀(1)(4)、山田 雅人(1)(4)、井出  薫(1)(4)、相原  勇小原 靖子)(1)(4)、金田 明夫(1)(4)、大杉  漣(1)、大林 丈二(4)、山田 永二(1)、佐々木紳二(1)、柴田 善行(1)、高橋 亮二(1)、大矢 敬典(1)、矢部 義章(1)、山根 誠示(1)、西村 正樹西村 匡生)(1)、波多野 博(1)、林  哲夫(1)、高谷 舜二(1)、浅田 祐二(1)、鈴木 晶子(1)、山下 和哉(1)、木村 知幸(1)、東   孝(1)、山崎 大聖(1)、金森かおり(1)、池田 裕成(4)、才藤 了介(4)、夏山 剛一(4)、冨永佳代子富永佳代子)(4)、(ナレーター・田中 秀幸(1)(4))(協力・東映俳優養成所(1)(4))
主な脚本 中村 功一(1)、山田 章治(4)、武上 純希(4)
主なプロデューサ (プロデュース・手塚  治高寺 成紀上阪 久和上木 則安)(広報・川越 悦子
主な演出 (監督・星   護(1)、辻野 正人(4))(助監督・長岡 鉦司内沢  豊)(擬斗・清家 三彦東映剣会))(記録・高橋久美子佐々木禮子
原作 (原案協力・眉村  卓
局系列 FNN
制作会社 セントラル・アーツ、CX
制作協力 共同テレビジョン
制作 (進行主任・宇治本 進、清水 光作)(演技事務・西嶋 勇倫)
企画 石原  隆、(企画協力・ニューテレス
音楽 T-スクェア安藤まさひろ他&ミュンヘン・シンフォニー・オーケストラ「TWILIGHT IN UPPER WEST」、(オーケストレーション・奥  慶一)(選曲・小堀 博孝
主題歌 西   司「ぼくらのヒストリー」(作詞・作曲・西   司
撮影技術 鈴木  悟水巻 祐介、(照明・赤松  均吉井 和夫)(録音・田中 峯生)(VE・荒川 輝彦)(計測・雨宮 良朋清水 洋策)(CG・岩下みどり)(スムーズフレックス・古賀 信明)(合成・宮重 道久)(協力・東映京都撮影所東映太秦映画村、ベイサイドスタジオ)
美術 秋好 泰海、(タイトル協力・松澤  猛

Tag Cloud

細川ふみえ 武田真治 山田章治 静寂 中村功一 主人公たち 山本太郎 タイムスリップ キャピキャピ さまよう部分 協力・横浜開港記... JAST 暗む センセイたち 時代描写 フィルム調 雑然 島津理化器械 凌ぐ 画調 映画村 奏す 賑わい 鮮血 転換 生々しい 小林恵 街中 一転

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供