• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ京都北国殺人街道(新聞ラテ欄表記…京都北国殺人街道 欲望はとめどなく、真偽を追って古美術の街金沢へ)(京都・女性記者シリーズ)

女性記者が京都で起こる事件を調査。女性特有の勘の鋭さだけでなく、男性顔負けの行動力で事件の真相に迫っていくサスペンスドラマ。毎朝新聞京都支局の記者・旦子は、幻の屏風・又兵衛の「たし」が2億円で京春堂の当主・陽一に落札されるのを見る。陽一の父で京美術倶楽部会長・春吉も車椅子で姿を見せていた。また、元毎朝記者で今は美術誌の編集長・映子が屏風を見つめているのにも旦子は気付く。後日、京春堂での屏風の披見会に現れた美術誌の編集長・映子は、「棚橋教授、屏風は又兵衛の真筆ですか」と鋭く質問し、教授と陽一は慌てるのだった。【以上、チャンネル銀河広報資料より引用】数多い登場人物、凝った照明、舞台装置と、現在の2時間ドラマではとても出来ない贅沢だった当時の2時間ドラマの製作レベルの一端を味わえる作品。劇中には本作放送6年後の1999年に倒産・廃業しその後取り壊された金沢市湯涌温泉の老舗ホテル・白雲楼ホテルの贅沢な姿が登場する。ロケ協力:金沢市湯涌温泉 白雲楼ホテル、ホテルサンリバー金沢、アークホテル京都、大津市民会館、疏水記念館、玉泉院 セレマ、桂花園。資料協力:福井県立美術館、至文堂「日本の美術」。
キー局 NTV 放送曜日 放送期間 1993/02/09~1993/02/09
放送時間 21:03-22:52 放送回数 1 回 連続/単発 単発
番組名 火曜サスペンス劇場
主な出演 坂口 良子南條 玲子南条 玲子)、若林  豪岡田 英次千原しのぶ早川  純高峰 圭二片岡 弘貴呉原由希子楠  年明三浦 徳子桂川 京子朝日 完記谷口 孝史元谷 公美瀬戸口真由北見 唯一森下 鉄朗宮田 圭子多賀 勝一寺下 貞信松田  明日高  久吉田 信幸(正しくは「吉」の「士」は「土」)、鈴川 法子山本  弘浜田 雄史多々納 斉芝本  正萩原 郁三小松 健悦柳川 昌和エクラン演技集団
主な脚本 安本 莞二
主なプロデューサ 嶋村 正敏武田  功、(スチール:牧野  譲)(広報担当:保坂 朱美
主な演出 (監督:田中  登)(助監督:加島 幹也)(記録:桝形 知子
局系列 NNN
制作会社 (製作・著作:松竹)(制作:NTV)
制作協力 (製作協力:京都映画)
制作 (製作主任:渡辺 寿男)(進行:木辻 竜三、砥川 元宏)
企画 長富 忠裕、(企画取材:石村 嘉子
音楽 大谷 和夫、(調音:林  基継)(音楽協力:日本テレビ音楽)
主題歌 (テーマ曲:益田 宏美岩崎 宏美)「愛という名の勇気」(作詞:大津あきら、作曲:安部 恭弘、編曲:萩田 光男)(ビクターレコード))
撮影技術 秋田 秀継、(照明:中島 利男)(録音:中路 豊隆)(編集:園井 弘一)(現像:イマジカ
美術 倉橋 利韶、(装飾:木下  保)(小道具:高津商会)(美粧:八木かつら)(衣裳:松竹衣裳)(装置:新映美術工芸

Tag Cloud

屏風 南條玲子 坂口良子 編集長・映子 美術誌 京春堂 湯涌温泉 陽一 金沢 安本莞二 ホテルサンリバー... 製作レベル 男性顔負け 棚橋教授 女性特有 白雲楼ホテル 鋭さ セレマ 若林豪 アークホテル京都 落札 玉泉院 味わえる 取り壊す 千原しのぶ 照明 数多い 作放送 車椅子 サスペンスドラマ

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

FaceBook

クチコミ

ユーザレビュー

このドラマの YouTube 検索結果

関連ブログ

ドラマデータ提供