• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

アニメ 詳細データ幽☆遊☆白書(幽遊白書、ゆうゆうはくしょ)

皿屋敷中学最強の不良・浦飯幽助はある日交通事故で死んでしまう。しかしその死は間違っていた!幽助は生き返るために様々な試練に立ち向かっていく。「週刊少年ジャンプ」にて大好評連載されたマンガのTVシリーズ。【以上、アニマックス広報資料より引用】「フジテレビのアニメ『幽遊白書』が7日に終わりました。一部には「暴力アニメ」という批判もあったが、人間とよう怪の触れ合いを描いていた。ヒロインの主人公に対する気持ちなど、原作にはない要素を加えていたことも感動につながった。ぜひ続編を。【読売新聞1995/01/17付「放送塔」より引用】」
キー局 CX 放送曜日 放送期間 1992/10/10~1995/01/07
放送時間 18:30-19:00 放送回数 112 回 連続/単発 連続
主な出演 声・佐々木 望千葉  繁折笠  愛檜山 修之高山みなみ緒方 恵美深雪さなえ田中 真弓天野 由梨京田 尚子白鳥 由里林原めぐみ荒川 太郎近藤 玲子、(以下、非レギュラー沢海 陽子稲葉  実西川 幾雄大谷 育江真殿 光昭森川 智之宇垣 秀成森川 智之岩永 哲哉品川  徹金尾 哲夫、(ナレーション・西村 知道
主な脚本 大橋 志吉富田 祐弘隅沢 克之橋本 裕志、(シリーズ構成・大橋 志吉
主なプロデューサ 萩野  賢清水 賢治金田 耕司木村京太郎
主な演出 (監督・阿部 紀之)(演出・阿部 紀之うえだしげる水野 和則新房 昭之)(絵コンテ・阿部 紀之榎本 広明水野 和則高橋 資祐)(オープニングアニメーション・大西 雅也(1)-(66))(エンディングアニメーション・岸  義之(1)-(66))(オープニング・エンディングアニメーション・下田 正美(67)-(95)、榎本 明広(67)-(95)、西尾 鉄也(67)-(95)、井上 敦子(67)-(95))(エンディングCGアニメーション・水谷 貴哉スタジオレアトリック)(103)-(112))
原作 冨樫 義博
局系列 FNN
制作会社 STUDIOぴえろ、CX、読売広告社
制作協力 童夢、豊田  孝(22)(29)(36)(60)(67)(75)(83)(90)(96)(103)
制作 (製作・布川ゆうじ)(制作デスク・矢尾板克之)(文芸・池田日出子)
企画 大野  実
音楽 本間 勇輔、(音響監督・水本  完)(音響制作・ザックプロモーション)(効果・加藤 昭二アニメサウンド))
主題歌 馬渡 松子「微笑みの爆弾」(作詞・リーシャウロン、作曲・編曲・馬渡 松子)、(エンディング主題歌・馬渡 松子「ホームワークが終わらない」(作詞・リーシャウロン、作曲・編曲・馬渡 松子)(1)-(29)、馬渡 松子「さよならbye bye」(作詞・リーシャウロン、作曲・編曲・馬渡 松子)(30)-(59)、高橋 ひろ「アンバランスなKissをして」(作詞・山田ひろし、作曲・編曲・高橋 ひろ)(60)-(83)、高橋 ひろ「太陽がまた輝くとき」(作詞・作曲・編曲・高橋 ひろ)(84)-(102)、馬渡 松子「デイドリーム ジェネレーション」(作詞・リーシャウロン、作曲・編曲・馬渡 松子)(103)-(112))
撮影技術 (撮影監督・福島 敏行)(撮影・高橋プロダクション)(編集・ファルコン厨川 治彦植松 淳一)(調整・成清  量(整音スタジオ))(録音・整音スタジオ)(現像・東京現像所
ビデオ DVD:デジタルサイト/ビームエンタテインメント
HP
美術 (アニメーションキャラクターデザイン・山沢  実(1)-(19)、北山 真理(20)-(112)、大西 雅也(20)-(112))(美術デザイン・池田 祐二(67)-(112))(美術監督・池田 祐二(1)-(66)、高田 茂祝(67)-(112))(タイトル・マキ・プロ)(作画監督・増谷 三郎高橋 資祐)(美術・池田 祐二高橋  忍工藤 英昭)(原画:奥野 浩行

Tag Cloud

冨樫義博 佐々木望 幽い 千葉繁 大橋志吉 折笠愛 富田祐弘 浦飯 遊白書 暴力アニメ 好評連載 皿屋敷中学最強 週刊少年ジャンプ 隅沢克之 TVシリーズ 生き返る 萩野賢 大野実 檜山修之 試練 触れ合い 批判 要素 間違う マンガ 本間勇輔 高山みなみ 加える フジテレビ 続編

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

FaceBook

クチコミ

ユーザレビュー

関連ブログ

ドラマデータ提供