• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ森繁久彌文化勲章受賞記念作品 おやじのヒゲ11

元校長だった辰造(森繁久彌)が、母校の創立記念日に表彰されることになった。これを聞いた卒業生有志は、祝賀会を開くが、近所の富太郎(藤岡琢也)や宗五郎(芦屋雁之助)は何とも言ってこない。実は、宗五郎は痔を患って入院し、富太郎の寿司屋では従業員のヒロシ(山田良隆)に辞められて大忙しだったのだ。教え子たちの宴に出かけた辰造はぺーちゃん(平幹二朗)、きんちゃん(北大路欣也)、てる(あおい輝彦)、たかぼう(井上孝雄)ら幹事に囲まれ上機嫌。だが、辰造が持ち帰った折り詰めを食べた冴子(根本りつ子)が夜中に腹痛を起こし、辰造と昭伍(竹脇無我)は大慌て。往診に来た高村(ケーシー高峰)は食当たりだというが、つわりと勘違いした辰造は逆に大喜びする。そんな中で、組合からの紹介だと、富太郎の寿司屋に常吉(左とん平)がやって来た。常吉は以前、辰造の家に空き巣に入った男だった…。辰造の表彰を祝う宴の席に、教え子たちという設定で関口宏、里見浩太朗、北大路欣也、平幹二朗、あおい輝彦、井上孝雄、目黒祐樹といった豪華メンバーが顔を揃えた。これだけのメンバーは「森繁さんだから皆さん出演してくださるわけで、普通のドラマではとても集まりません。」とスタッフ。関口以下は日ごろから森繁に私淑し敬愛する仲間が、自然発生的に集まった「遊び会」のメンバー。こうした気心の知れた「息子たち」に囲まれた森繁は収録中終始ご機嫌だったとか。俳優の文化勲章は歌舞伎役者には例はあるが、それ以外の分野では初めてのことである。改めて森繁久彌の偉大さに関係者も感嘆。【この項、「週刊テレビ番組」より一部引用。引用・秋の夕映え】『おやじのヒゲ』は前作の第10作目が1週前の1991/10/28に放送されたが、1991/11/03に森繁久彌が文化勲章を授賞、これを記念して「緊急放送」され、結果的に2週連続放送という形になった。【データ協力:秋の夕映え、やす】
キー局 TBS 放送曜日 放送期間 1991/11/04~1991/11/04
放送時間 21:00-22:54 放送回数 1 回 連続/単発 単発
番組名 月曜ドラマスペシャル
主な出演 森繁 久彌森繁 久弥)、竹脇 無我根本りつ子根本 律子)、ケーシー高峰左 とん平芦屋雁之助中村メイコ加藤 治子藤岡 琢也多々良 純天地 総子本阿彌谷周子本阿弥谷津子)、永井 秀明吉井 丈絵駒塚 由衣平  映子山田 良隆美里 まり米山しおり伊藤 淳史シャンディー圭橋口 和生佐藤  輝早川プロ、(特別出演:遊の会関口  宏井上 孝雄平 幹二朗里見浩太朗あおい輝彦目黒 祐樹北大路欣也))
主な脚本 田口 耕三
主なプロデューサ 中村 和則岡田 裕克(TBS)、(スチール:工藤 勝彦
主な演出 (監督:桜井 秀雄櫻井 秀雄))(演出補:唐木 昭浩)(演出助手:井上 博己楠美 雅志)(記録:渡辺 澄乃
局系列 JNN
制作会社 (製作:オフィス・ヘンミ、TBS)
制作 (制作補:北中 美行、田中 亮太)(制作デスク:岡崎 道徳)(F・C:佐々木修平(オフィス國井&悪童児))
企画 逸見  稔樋口 祐三(TBS)
音楽 坂田 晃一、(音響効果:大槻 邦久
撮影技術 (TD:細野 克雄)(TP:中村 岩男)(カメラ:西館 博光)(照明:南方  博)(音声:伊丹 一夫)(VE:石田  敦)(編集:青沼 邦治)(技術協力:東通)(スタジオ:緑山スタジオ・シティ
美術 (デザイン:金子 幸雄)(美術制作:丸山 俊史アックス))(装飾:青木 賢輔)(持道具:工藤 祐子)(装置:堀口 敬三)(植木:アサヒ植木装飾)(建具:マエヤマ)(衣裳:富樫  昇)(メイク:石田  伸)(協力:長谷川正夫

Tag Cloud

辰造 森繁久彌 富太郎 森繁 竹脇無我 文化勲章 宗五郎 表彰 教え子たち 寿司屋 常吉 根本りつ子 囲む 田口耕三 あおい輝彦 井上孝雄 山田良隆 メンバー 集まる 北大路欣也 遊び会 緊急放送 平幹二朗 つわり 幹事 関口 機嫌 中村和則 ヒロシ 岡田裕克

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

FaceBook

クチコミ

ユーザレビュー

このドラマの YouTube 検索結果

関連ブログ

ドラマデータ提供