• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ芸術祭参加作品 平和屋さん

第14回芸術祭奨励賞受賞作品。一部VTRを使用。生とVTRとのつなぎ目を同じ絵でつなぐ「マッチ・ディゾルブ」という手法をはじめて使った。復員した男の会社に大将の娘が入社試験を受けに来ることに。日本人の主体性のなさを風刺する。「かつて学徒動員でフィリピンの戦場で死線をさまよった後、復員した男の会社に、入社試験を受けに来た大学卒の女性がいた。東京裁判で戦犯になった西崎大将の娘だった。能力的には申し分ないのに、父の経歴のせいで就職できずにいたのだ。男の会社もまた、女性を不採用にしてしまう。彼女はさらに借家からも出なければならなくなっていたが、誰も部屋を貸そうとしない…。日本人の主体性のなさを風刺した作品。やや生硬なきらいはあるが、遠藤周作の持ち味である飄々としたユーモアが全編ほのかにただよっている。1955年に芥川賞を受賞、当時気鋭の作家であった遠藤が、初めて手がけたテレビドラマのシナリオ。本作のために書き下ろされたのだという。【2002/12/8/24:15-25:35「NHKアーカイブス」再放送時の加々美幸子アナの解説より。採録:練馬大根役者】」【データ協力:練馬大根役者】
キー局 NHK 放送曜日 放送期間 1959/11/20~1959/11/20
放送時間 20:30-21:45 放送回数 1 回 連続/単発 単発
主な出演 金子 信雄冨田 恵子富田 恵子)、大塚 道子飯田 桂子神山  寛毛利 菊枝福山 博寿福山 象三)、関本  勝西山 嘉孝北村 英三西山 辰夫桜田千枝子酒井  哲弘世 東作御園セブン香島セブン矢代セブンヤシロセブン)、津島 道子山田 桂子松村 武文端田 宏三寺下 貞信梶本  潔入川 保則大阪放送劇団関西芸術座O・R・T
主な脚本 (作:遠藤 周作
主な演出 前田 達郎、(スイッチング:神崎定夫)(演出助手:土居原作郎(クレジット表示なし))
局系列 NHK
制作会社 NHK(大阪中央放送局)
制作 (製作進行:井上 準三)
音楽 (作曲:林   光)(効果:吉川保次郎
撮影技術 (技術:入山 忠良)(カメラ:風間 高明)(音声:西村 光治)(照明:山倉 季充)(映像:伊東 裕文
美術 (装置:岩野 音吉

Tag Cloud

冨田恵子 金子信雄 主体性 入社試験 復員 風刺 VTR 会社 日本人 大塚道子 つなぎ目 西崎大将 マッチ・ディゾル... 死線 飄々 借家 東京裁判 来る ただよう フィリピン 気鋭 芸術祭奨励賞受賞... 遠藤周作 受ける 女性 飯田桂子 戦場 つなぐ 大将 採用

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供