• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ特別企画 映画三国志 映画に夢を賭ける男たち(撮影時タイトル…映画だけが人生だ)

学徒出陣の生き残りである男が、終戦直後から映画制作に人生の夢を賭け「活動屋」に変身する。東映の岡田茂会長をモデルにしたドラマ。「戦後日本の復興期に、映画作りに人生の夢を託した男たちがいた。名作の数々を送り出した当時の映画界の「舞台裏」がよく分かる上、懐かしい映画人や大物俳優たちが続々登場する。主人公・倉田に中村雅俊、妻・明子は黒木瞳。中村のぼくとつな雰囲気と、黒木のもの静かな魅力が戦後間もないころの映画人の日常生活を感じさせて面白い。映画好きの東大生・倉田(中村雅俊)は、学徒出陣したが、終戦で大学に戻って許婚(いいなずけ)の明子(黒木瞳)とも再会を果たした。卒業を控え、倉田は友人の中山(三浦浩一)と一緒に郷里の先輩の東横映画社長・及川(高松英郎)に会ったことから入社するはめになった。最初は雑用係。マキノ光博撮影所長(長門裕之)、マキノ正博(山城新伍)らにしごかれ、「活動屋」に変身して行く。学徒出陣を経験した一人として倉田は、戦没学生の手記「聞け、わだつみの声」の映画化に奔走。不朽の名作が生まれるまでの当時の映画人の苦労がしのばれるシーンだ。【この項、朝日新聞1990/06/01付「試写室」より引用。署名・鹿】」

Tag Cloud

大下英冶 中村雅俊 映画人 黒木瞳 学徒出陣 活動屋 倉田 笠原和夫 終戦 名作 変身 高松英郎 大物俳優たち 東横映画社長・及... マキノ光博撮影所... 三浦浩一 復興期 人生 いいなずけ 聞ける しのぶ はめ 入社 日常生活 託す 経験 シーン 卒業 面白い 名引直寿

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

FaceBook

クチコミ

ユーザレビュー

このドラマの YouTube 検索結果

関連ブログ

ドラマデータ提供