• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

アニメ 詳細データ平成天才バカボン

「コニャニャチワー、ワシがバカボンのパパなのだ。」と、誰に言うともなく大声を出しながら、パパが走っています。道端からはレレレのオジさんが「お出かけですか、レレレのレー」と、いつものごあいさつ。交番の前では、目ン玉つながりのお巡りさんが「なんだキサマ! タイホするー!」と、拳銃の乱射。こんな時には慌てず騒がず黙ってバカボンワールドにドップリつかりましょう!天才バカボンの効能は肩コリ、頭のコリ、心のコリの解消!その暁にはタリラリラーンでウスラトンカチヒラヒラな毎日が待っている!!ご存知、赤塚ワールドの「天才バカボン」の超個性炸裂のキャラクターたちが、本音と本音をぶつけ合い、奥深~い哲学に満ちたギャグの渦を巻き起こします。【以上、ファミリー劇場広報資料より引用】
キー局 CX 放送曜日 放送期間 1990/01/06~1990/12/29
放送時間 18:30-19:00 放送回数 46 回 連続/単発 連続
主な出演 (声:富田 耕生林原めぐみ増山江威子坂本 千夏千葉  繁田原アルノ荒川 太郎荒川 保男荒川 太朗)、矢野 陽子矢野 洋子)、)
主な脚本 星山 博之照井 啓司浦沢 義雄大橋 志吉橋本 裕志西紀寺史雄
主なプロデューサ 清水 賢治(CX)、立川 善久(CX)、木村京太郎(読売広告社)、(アシスタントプロデューサー・萩野  賢阪口 和久ぴえろ))
主な演出 (総監督・笹川ひろし)(演出・阿部 紀之小柴 純弥池野 文雄水野 和則うえだひでひと横山 広行
原作 赤塚不二夫(講談社・「コミックボンボン」「テレビマガジン」「たのしい幼稚園」ほかで連載)
局系列 FNN
制作会社 (制作・ぴえろ)
制作 (製作・布川ゆうじ)(制作担当・小野 達矢)
企画 嶋村 一夫(読売広告社)
音楽 本間 勇輔、(音響監督・水本  完)(音響効果・加藤 昭二アニメサウンド))(調整・成清  量)(録音スタジオ・整音スタジオ)(録音制作・ザック・プロモーション
撮影技術 (撮影監督・高橋 宏固(高橋プロダクション))(編集・谷口  肇ファルコン))(アニメ撮影・高橋プロダクション)(現像所・東京現像所
美術 (キャラクターデザイン・岸  義之)(作画監督・川端  宏岸  義之アベ 正巳高橋 資祐増谷 三郎)(美術監督・美術設定・石津 節子)(背景・セツ・アート、石垣プロダクション)

Tag Cloud

赤塚不二夫 天才バカボン コリ レレレ 照井啓司 星山博之 本音 パパ バカボンワールド キサマ 奥深 個性炸裂 肩コリ ウスラトンカチヒ... 赤塚ワールド レー つかる お出かけ お巡りさん ワシ バカボン 道端 哲学 大声 嶋村一夫 あいさつ キャラクターたち タイ 交番 浦沢義雄

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供