• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ男どき女どき(「男」にルビ「お」が、「女」にルビ「め」が、それぞれ付く)

大戦前の平和な時代から戦争突入直前までの、ある家庭が舞台。「1940年秋、東京池上の大島家。職業軍人だった父を満州事変でなくして以来、母子4人と女中で慎ましく暮らしていた。そんな家庭にも珍しく華やいだ話題が。姉の菊子が嫁ぐことになったのだ。【この項、TBSチャンネル広報資料より引用】」原作・向田邦子と記載されている資料があるがこれは誤りで、原案が正しい。国防保安法施行とともに活動を表面化させる秘密機関のそれまでの暗闘が描かれるなど向田邦子の新春シリーズの一つだがまだそれほど恒例化していない時点の作品のためやや異質な出来栄えとなっている。国家スパイとそれを追う秘密機関の暗闘というテーマが盛り込まれ、このシリーズの他作品とはやや印象が異なる。協力:東京ますいわ屋、織田学園、SUTSESO、池上本門寺、ダテ企画、綜芸企画、緑山スタジオ・シティ。資料提供:毎日新聞社。
キー局 TBS 放送曜日 放送期間 1988/01/06~1988/01/06
放送時間 20:00-21:48 放送回数 1 回 連続/単発 単発
番組名 向田邦子新春スペシャル
主な出演 田中 裕子小林  薫三木のり平加藤 治子久我 螢子久我 蛍子)(新人)、三浦 賢二波乃久里子渡辺えり子渡辺 えり)、木内みどりすま けい石橋 雅史有福 正志五野上 力杉山  孝中西 和久高野  守和久井志保鈴樹 志保)、藤田 龍美横山 光佐ロジャー・E・アレン清水万紀夫小川 俊彦中川 喜弘辻村 昭一(クレジット表示では「しんにょう」の「てん」はひとつ)、中沢 忠孝青島 信幸江夏 ルミ裕  幸二、(ナレーション:黒柳 徹子
主な脚本 寺内 小春
主なプロデューサ 三浦 寛二太田  登
主な演出 久世 光彦、(演出補:三輪 源一)(記録:斉藤  文
原作 (原案:向田 邦子「男どき女どき」「父の詫び状」などより
局系列 JNN
制作会社 (製作・著作:KANOX(カノックス)、TBS)
制作協力 東通
制作 (制作補:小川 定孝)
企画 (企画協力:逸見  稔
音楽 小林 亜星、(効果:藤崎 昭彦
撮影技術 (技術:島崎 孝雄(クレジット表示では「崎」は「たつさき立崎)」))(映像:笹村  彰)(照明:海老原靖人)(音声:中島  実)(調整:大和田謙一)(編集:大石 康弘
美術 (デザイン:椎葉 禎介)(美術制作:平野 裟一アックス))(大道具:内山 逸巳)(小道具:草刈  茂)(持道具:鵜沼 祐作)(衣装(衣裳):桧谷 芳男)(化粧:富山  伸ユミ・ビュアクス))(結髪:中村 さき)(題字:中川 一政)(タイトルデザイン:高橋 雅枝

Tag Cloud

田中裕子 秘密機関 小林薫 暗闘 寺内小春 三木のり平 職業軍人 SUTSESO 戦争突入直前 原作・向田邦子 久我螢子 恒例化 国家スパイ 池上本門寺 家庭 華やぐ 慎ましい 東京ますい 時点 太田登 戦前 母子 作品 三浦寛二 盛り込む なくす 珍しい 緑山スタジオ・シ... 向田邦子 久世光彦

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供