• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ乳姉妹(ちきょうだい)

南部開発の会長・大丸剛造には千鶴子という18才の娘がおり、生まれた病院で誘拐事件にあっていた。千鶴子の母親は彼女を生むとすぐに亡くなってしまい静子が乳母となって一時育てた。静子にも同じ日に生まれたしのぶという娘がおり、千鶴子としのぶは乳姉妹だった。しのぶは、魚の行商をしている母親を妹の耐子と助けている心優しい娘だった。2人の誕生日が近づく頃、16年前に蒸発したしのぶの父が、大丸家やしのぶの家の回りをうろつき始め…。【以上、ファミリー劇場広報資料より引用】渡辺桂子が貧しい少女役でドラマデビュー。出生の入れ替え事件を知ったふたりの少女は、激しく憎しみ、運命に逆らいながら愛の尊さと血のつながりの強さに揺れ動いて行く。各回のサブタイトルは以下のとおり。第1回「誕生日の秘密」、第2回「母の告白は嘘?」、第3回「地獄の豪邸」、第4回「憎しみのトランペット」、第5回「針のむしろの学園」、第6回「亡き母の悲鳴」、第7回「愛が欲しい」、第8回「結婚しよう」、第9回「秘密の小箱」、第10回「血は嘘をつかない」、第11回「さよなら貴男」、第12回「私は不良少女!!」、第13回「愛からはぐれた」、第14回「これが今の私です」、第15回「不良少女ふたり」、第17回「はぐれ狼の初恋」、第18回「わたし達の明日」、第19回「哀愁の波止場」、第20回「少女が見た地獄」、第21回「牢獄で知った婚約」、第22回「憎しみの乱れ打ち」。一部資料では全30回と記載されているが誤り。また一部資料では1985/11/29放送終了と記載されている。
キー局 TBS 放送曜日 放送期間 1985/04/16~1985/10/29
放送時間 20:00-20:54 放送回数 28 回 連続/単発 連続
主な出演 鶴見 辰吾(1)-(15)(17)-(22)、伊藤かずえ(1)-(15)(17)-(22)、高橋 昌也(1)-(15)(17)-(22)、岡田 奈々(1)-(6)(8)-(15)(17)-(22)、渡辺 桂子(1)-(15)(17)-(22)、森   恵(1)-(15)(17)-(22)、松村 雄基(1)-(15)(17)-(22)、井川比佐志(1)-(8)(10)(11)(18)-(20)(22)、岩本 多代(1)-(5)(9)-(12)(14)(15)(17)-(20)(22)、小林 哲子(1)-(15)(17)-(22)、北林 早苗(1)(2)(4)(6)(9)、名古屋 章(1)-(5)(7)(9)(11)-(14)(17)-(22)、伊東 達広(1)(3)-(6)(8)-(15)(17)-(20)(22)、大石 吾朗(1)-(3)(5)-(8)(10)-(15)(17)-(21)、北村総一朗(1)(2)、星野 晶子(1)(2)、久遠 利三(1)、松井きみ江松井紀美江)(1)-(3)(10)(11)(17)(19)(20)(22)、杉崎 昭彦(1)、河合 絃司(1)、内田ひとみ(1)(2)、百瀬まなみ(1)-(9)(12)、青谷由起子(1)(2)(4)-(9)(12)(21)((1)(2)(4)-(6)は、青谷由紀子、と表記)、岩切 恵子(1)(2)(4)、野村 ちこ(1)-(14)(20)、村越 裕子(1)(2)(4)、平出 圭子(1)、小林 豊文(1)、野口  隆(1)、秋吉 信人(1)-(7)、那須 政志(1)-(7)、柄沢 英二(2)、本庄 和子(2)、石井めぐみ石井 葉子)(3)(5)(7)(11)(14)(17)-(22)、山口 嘉三(3)(10)(11)、古川 雅子(3)-(12)(14)、桑田 和美(3)-(12)(14)、宮崎 達也(4)(5)(8)、宮田  光(4)、坂井寿美江坂井すみ江坂井すみゑ)(4)、大津美智子(4)、立原ちえみ(5)、高梨かほり(5)-(9)(12)、徳武 有紀(5)-(9)(12)(21)、五十嵐幸孝(5)(17)、池谷  健(5)、入江 正徳(6)、松浪 志保(6)、小沢 仁志(6)-(15)(17)-(21)、大川 陽子(6)-(15)(17)-(20)、麻見 和也(6)-(9)、佐久間英之(6)(8)(9)、菅野 達也(6)、市村  優(6)、堀  隆博(6)、片山 理子(6)(11)-(13)、浅倉みなみ(6)、須永  慶(7)、下坂 泰雄(7)、阿部 六郎(7)、宮内 順子(8)、田村 元治(9)、庄司 永建(10)、山崎  満(10)、木村  翠(10)、渡辺  航(10)-(15)(17)-(20)、高山 成夫(10)-(15)(17)-(22)、久保  晶(11)、早川 雄三(12)-(14)(21)、並木 信三(12)、菊地かおり(12)、小比類巻かほる(12)(13)(19)、藤田 啓而(14)、成田 光子(14)、池田 武志(14)、大川 銀二(14)、靍  義明(15)、杉山  孝(15)(17)、西山奈々枝(15)、山口正一朗(15)、立川 良一(15)、川上ひさえ(15)、竹田えり子(15)、小林 大介(17)-(20)、伊藤 正博(17)、山口 賀陽(17)-(20)、根岸 春樹(17)、南  道朗(19)(20)、岡田 正典(19)(20)(22)、真木  仁(19)(20)(22)、三島新太郎(19)(20)、山田 博行(20)、篠原 大作(20)、千葉  繁(20)、村上 幹夫(20)、平野 玲子(20)、加藤  治(20)(21)、日高 幹弘(20)、田辺 宏章田辺 進三)(20)(21)、塚本 信夫(21)(22)、松田真知子(21)、秋田ひで子(21)、村上はるみ(21)、本田 清澄(21)、小金井宣夫(21)、三川 雄三(21)、佐藤  誠(21)、加賀谷純一(21)、佐藤  勉(21)、山口 純平(21)、新井 量大(22)、戸沢 佑介(22)、桑名 良輔(22)、坂本 由英(22)、番  哲也(22)、山下 一夫(22)、谷本 重美小川 範子)(25)、原田佳和グループ(19)、(協力:若駒(3)-(15)(17)-(22)、黒木プロダクション(3)-(15)(17)-(22)、東京宝映(3)-(15)(17)-(22)、タカハシ・レーシング(3)-(15)(17)-(22))(擬斗:車  邦秀(9)-(15)(17)-(22))(ナレーター:芥川 隆行(1)-(15)(17)-(22))
主な脚本 江連  卓(1)-(3)(6)(7)(10)-(12)(15)(16)(19)(20)(23)-(28)、大原 清秀(4)(5)(8)(9)(13)(14)(17)(18)(21)(22)
主なプロデューサ 春日 千春荒川  洋野村  清(TBS)、(スチール:岩宮 秀憲(6)-(15)(17)-(22))
主な演出 (監督:山口 和彦(1)(2)(5)(9)(12)(16)(20)、合月  勇(3)(7)(10)(14)(18)(22)(24)、江崎 実生(4)(8)(11)(15)(19)(23)(25)(26)(28)、青木 弘司(6)(13)(17)(21)(27))(助監督:小島  穹)(記録:中井 妙子(1)(2)、広川貴美子(3)(5)(7)(9)(11)(13)(15)(17)(19)(21)、竹下 京子(4)(6)(8)(10)(12)(14)(18)(20)(22))
原作 吉屋 信子「あの道この道」(国書刊行会刊)より
局系列 JNN
制作会社 (製作:大映テレビ、TBS)
制作 (制作主任:藤田 光男(1)(2)、杉山 隆夫(3)-(7)、加治屋常幸(8)-(15)(17)-(22))(制作進行:磯村 達也)
音楽 菊池 俊輔菊地 俊輔…誤り)、(整音:星  正輝)(選曲:佐藤  啓)(効果:帆苅 幸雄((1)-(5)は「東洋音響」の注記付き))(録音:アオイスタジオ)
主題歌 麻倉 未稀「Runawayランナウェイ)」(訳詩:松井 五郎、作曲:J.Bon Jovi,George Karak、編曲:戸塚  修)(キング・レコード
撮影技術 横手 丘二、(照明:佐藤 勝彦)(編集:椙本 英雄)(録音:宮入  勝)(仕上:保坂 博信)(色彩計測:小口  章)(照明助手:岡本 秋夫(1)-(5)、佐野 政美(6)-(15)(17)-(22))(録音助手:堀江 二郎)(編集助手:青木 高伸)(ネガ編集:広田 政美)(現像:東京現像所
美術 本田  衛、(結髪:佐々木亮子)(美術助手:池田  護(1)、近藤 成之(2)-(6)、永田 勝明(7)-(15)(17)-(22))(衣裳:東京衣裳)(タイトル:デン・フィルム-エフェクト(デン・フィルム・エフェクト))(家具協力:ドレクセルハウス

Tag Cloud

しのぶ 千鶴子 鶴見辰吾 憎しみ 伊藤かずえ はぐれる 静子 江連卓 地獄 おりる 誕生日 大原清秀 会長・大丸剛造 乱れ打ち 高橋昌也 渡辺桂子 ドラマデビュー 秘密 生まれる 少女 母親 回り 荒川洋 揺れ動く 知る 誘拐事件 資料 記載 岡田奈々 春日千春

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供