• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データデン助劇場(でんすけ劇場…誤り、デンスケ劇場)(デン助劇場(1))

デン助劇団による公開収録型の下町人情コメディ。1959/09/12~1972/03/25まで放送。当データベースでは放送枠が変更される単位で分割して『デン助劇場(1)』から『デン助劇場(14)』までデータ収録している。劇団を率いる座長は、デン助こと大宮敏光。脚本、演出、主演とひとり三役をこなしていた。そんなデン助が演じるのは、絵に描いたような下町のとっつぁん。フランス座を辞めた長門勇が出演した番組。「この『デン助劇場』は1972年3月25日まで、13年間放送された。その翌年に「デン助劇団」は解散、3年後の1976年12月23日、デン助は63年の生涯に寂しく幕を閉じた。人情あふれた庶民の姿が、多くの茶の間のファンに受け入れられ、支持された「よき時代」は、デン助とともに去ってしまったようだ。【この項、週刊TVガイド編集部編「昭和30年代のTVガイド」(1983年、ごま書房刊)より引用】」松竹演芸場にて収録。『デン助のお巡りさん』終了後に同じ枠でスタートした大宮敏光主演のシリーズで放送枠を変えながら1972/03/25まで放送されることになる。なお、後年、本作の前に放送されていた『デン助のお巡りさん』が土曜20時に移行して以降を含めて『デン助劇場』とする記述が増えている。第1回「おんぼろ神様」…親同士は犬猿の仲、息子と娘は恋人同士という日本版ロミオとジュリエット。各回のサブタイトルは以下のとおり。第1回「デン助のおんぼろ神様」(1959/09/12放送)、第2回「デン助の危険信号」(1959/09/19放送)、第3回「デン助の泣きべそ大将」(1959/09/26放送)、第4回「デン助の就職案内」(1959/10/03放送)、第5回「デン助のはだかの鼻」(1959/10/10放送)、第6回「くしゃみの季節」(1959/10/17放送)、第7回「デン助のあしたは晴れ」(1959/10/24放送)、第8回「デン助のカミナリ親子」(1959/10/31放送)、第9回「デン助のびっくりアルバイト」(1959/11/07放送)、第10回「デン助の怖るべき木枯し」(1959/11/14放送)、第11回「デン助のいとし子ならば」(1959/11/21放送)、第12回「デン助の親馬鹿ちゃんりん」(1959/11/28放送)、第13回「デン助の台風息子」(1959/12/05放送)、第14回「人情大売出し」(1959/12/12放送)、第15回「デン助のやりくりダイヤモンド」(1959/12/19放送)、第16回「ゆうびん配達」(1959/12/26放送)。本作は金曜18:15~18:45に放送枠を移行して継続した。提供:殖産住宅(シリーズ後半部分ではゼリアKK)。
キー局 NET 放送曜日 放送期間 1959/09/12~1959/12/26
放送時間 18:15-18:45 放送回数 16 回 連続/単発 連続
番組名 ドラマ劇
主な出演 大宮 敏充大宮 敏光)、宮田 圭子(1)(2)(4)-(6)(13)-(16)、坂野比呂志(1)(14)-(16)、千川 輝美(1)(14)(15)、星  清子(3)、井上 晃一(15)、新草 恵子(16)、平 凡太郎(16)、(以下、シリーズのいずれかの箇所で出演)八代 英太月向志津歌
主な脚本 (以下、シリーズ全般での担当)大宮 敏光金田 達夫西条 道彦岩城未知男
主な演出 浅見 文吉シリーズのいずれの箇所か不明)、(演出:大宮 敏光
原作 言間 三平(1)
局系列 ANN
制作会社 NET

Tag Cloud

デン助 デン 放送 言間三平 大宮敏充 おんぼろ神様 劇場 劇団 宮田圭子 お巡りさん 金田達夫 坂野比呂志 大宮敏光 放送枠 とっつぁん カミナリ親子 移行 殖産住宅 晴れ 浅見文吉 千川輝美 犬猿 星清子 1回 閉じる 支持 茶の間 恋人同士 季節 西条道彦

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供