• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ少年画報連載 まぼろし探偵 作品 折込広告社

赤い帽子に黒マスクのまぼろし探偵。彼の正体は富士進(加藤 弘)という日の丸新聞社の少年記者だった。まぼろし号を設計した吉野博士の孫・吉野さくら(吉永小百合)とはクラスメイトだった。【「テレビごくらく事典」より】。エスビー食品提供。ラジオドラマ「赤銅鈴之助」の子役募集に応募してデビューした吉永小百合がはじめて本格的に出演したドラマ。放送枠は第27回(1959/09/30放送)まで水曜18:15~18:45、第28回(1959/10/04放送)から日曜09:00~09:30に移行。1960/01/03のみ、日曜09:30~10:30放送。関西地区ではMBSで放送(水曜18:15~18:45、途中の放送枠変更なし)。一部資料では全53回と記載。また現存の放送可能話数は49本といわれる。1959/07/29(水)はプロ野球オールスター中継のため特別編成で水曜18:00~18:30に放送された。提供:ヱスビー食品(一部資料では、日本水産)。協賛:少年画報社。【サブタイトル】第38回「謎の仮面博士」。【役名(演技者)】まぼろし探偵・富士進(加藤弘)、富士警部(大平透)、黒星十郎(花咲一平)、吉野博士(カワベキミオ)、ジョンソン(マイク・ダニー)、その秘書(森まり代)、リー(明石竜二)、その手下(斉藤邦唯、高橋繁夫、百瀬専太郎)、山火編集長(大宮敏)、給仕みち子(藤田弓子)、大塚刑事(鈴木四郎)、吉野さくら[クレジット表示では「吉」の「士」は「土」](吉永小百合)。【データ協力:まぼろし水産】
キー局 KR 放送曜日 放送期間 1959/04/01~1960/03/27
放送時間 18:15-18:45 放送回数 56 回 連続/単発 連続
主な出演 加藤  弘(38)、天草 四郎(1)-(10)、大平  透(11)-(56)、花咲 一平(38)、カワベキミオ(38)、マイク・ダニー(38)、森 まり代(38)、明石 竜二(38)、斉藤 邦唯(38)、高橋 繁夫(38)、百瀬専太郎(38)、大宮  敏(38)、藤田 弓子(38)、鈴木 四郎鈴木 志郎)(38)、吉永小百合(クレジット表示では「吉」の「士」は「土」)(38)、利根はる恵ウィリアム・ロス、(解説:三戸部義輝(38)、)
主な脚本 柳川 創造梅田 慶公(38)、(潤色:穂積  驚(クレジット表示未確認))
主な演出 (監督:近藤竜太郎近藤龍太郎))(助監督:星合 達郎
原作 桑田 次郎(少年画報連載)
局系列 JNN
制作会社 折込広告社
制作 (製作:近藤  裁(近藤  栽)、松村 暠勇(勇松村あきお))(製作担当:高賀  登)
企画 神山 雄二
音楽 大塚 一男渡辺 浦人渡辺 岳夫(9)
主題歌 上高田少年合唱団(38)、岩瀬  寛(クレジット表示未確認)「まぼろし探偵の歌」(作詩:照井 範夫、補作:山本 流行、作曲:渡辺 浦人
撮影技術 伊藤 昌宏塩田繁太郎(38)、(照明:松原省志郎)(編集:高円寺一郎)(録音:東亞発声映画
ビデオ VT:パステルビデオ、DVD:IMAGICA/パイオニアLDC
美術 堀谷 亘男

Tag Cloud

桑田次郎 加藤弘 ぼろい 吉永小百合 上高田少年合唱団 吉野博士 花咲一平 天草四郎 カワベキミオ 梅田慶公 森まり代 高橋繁夫 柳川創造 斉藤邦唯 大平透 大宮敏 放送 山火編集長 日の丸新聞社 少年記者 黒星十郎 放送可能話数 富士警部 給仕みち子 大塚一男 赤銅鈴 神山雄二 吉野さくら 大塚刑事 エスビー食品提供

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供