• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ長七郎江戸日記(1)(第7回)風流あずま歌

『長七郎江戸日記』(第1シリーズ:放送期間1983/10/18~1986/12/23、全118回(スペシャル全7回を除く))の第7回。「長七郎(里見浩太朗)は宅兵衛(下川辰平)に誘われて、公儀歌学者・雨宮祐徳(久米明)の家に歌の手習いに出掛けた。ところが雨宮家では、祐徳とその娘・桜江(井原千寿子)が自害を計ろうとしていた。実は、将軍に対する万葉集あずま歌の講釈の数日前に、あずま歌一巻を何者かに盗まれてしまったのだ。長七郎は、自分たちがあずま歌を取り戻すから、早まったことをするなと雨宮父子を説得。だが、将軍御前の歌講釈まではあと5日しかなかった。【この項、BS日テレ広報資料より引用】」【役名(演技者)】松平長七郎(里見浩太朗)、辰三郎(火野正平)、おれん(野川由美子)、沢木兵庫(三田明)、牛吉(高品格)、三宅宅兵衛(下川辰平)、田村右平次(加藤純平)、おきみ(伏見尚子)、雨宮祐徳(久米明)、原島源三郎(和崎俊哉)、雨宮桜江(井原千寿子)、倉持主馬(菅貫太郎)、木沢左内(中田博久)、志津(志乃原良子)、太一郎(滝竜太)、近藤(柳原久仁夫)。
キー局 NTV 放送曜日 放送期間 1983/11/29~1983/11/29
放送時間 20:00-20:54 放送回数 1 回 連続/単発 単発
主な出演 里見浩太朗火野 正平野川由美子三田  明高品  格(正しくは「高」は「はしご高」)、下川 辰平加藤 純平伏見 尚子、(以下、非レギュラー久米  明和崎 俊哉井原千寿子菅 貫太郎中田 博久志乃原良子滝  竜太柳原久仁夫前川恵美子竹本 貴志森山 紹秀川勝  誠長沢 義典、(騎馬:岸本乗馬センター)(擬斗:上野 隆三東映剣会))(ナレーター:内藤 武敏
主な脚本 横田 与志
主なプロデューサ 松岡  明伊原詢太郎今井 正夫、(広報担当・難波佐保子
主な演出 (監督:斎藤 光正齋藤 光正斉藤 光正))(助監督:矢田 清巳)(記録:原  淳子
原作 村上 元三
局系列 NNN
制作会社 (制作・ユニオン映画、六本木オフィス)
制作協力 東映太秦映像
制作 (進行主任・山田  勝)(演技事務・山下 義明)
企画 増井 正武須永  元(NTV)
音楽 菊池 俊輔菊地 俊輔…誤り)、(邦楽監修・中本 敏生)(整音・加藤 正行
主題歌 里見浩太朗「微笑みかけて」(作詞・荒木とよひさ、作曲・平尾 昌晃、編曲・小六禮次郎)(TDKレコード)
撮影技術 片山  顕、(照明・伊勢 晴夫)(録音・面屋 竜憲)(編集・河合 勝巳)(計測・原田 国一)(現像・東洋現像所
HP
美術 鈴木 孝俊、(衣裳・東京衣裳)(装置・前川宗太郎)(装飾・山中 忠知)(小道具・高津商会)(美粧結髪・東和美粧)(かつら・山崎かつら)(衣裳提供・全国呉服青年連合会

Tag Cloud

里見浩太朗 村上元三 あずま歌 井原千寿子 火野正平 野川由美子 久米明 長七郎 横田与志 伏見尚子 木沢左 原島源三郎 将軍御前 雨宮父子 雨宮祐徳 雨宮桜江 歌講釈 下川辰平 講釈 志乃原良子 宅兵衛 太一郎 菅貫太郎 和崎俊哉 計る 出掛ける 近藤 三宅宅兵衛 牛吉 伊原詢太郎

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供