• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ犯罪実録シリーズ ザ・スキャンダル 女子大生と老教授、謎の四日間

暴行されたと女子大生に訴えられた大学教授。食い違う主張、法廷での全面対決!70年代に起こった、いまだ謎の多い<春木教授事件>を題材にした実録ドラマ。城南学院大学の教授・牧山征一は教え子・海野雪子から暴行されたと訴えられた。自分を暴行した責任をとり、大学を辞任して慰謝料1000万円を支払えというのだ。だが牧山は関係はもったが、合意のうえだと主張。法廷での全面対決が始まる。【以上、AXNミステリーチャンネル広報資料より引用】暴行された女子大生に訴えられた老教授。現実に起きた事件をヒントにドラマ化。城南学院大学の教授・牧山征一(三国連太郎)は教え子・海野雪子(三浦リカ)から訴えられた。自分を暴行した責任をとり、大学を辞任して慰謝料1000万円を支払えというのだ。だが、牧山は関係はもったが、合意のうえだと主張。法廷での全面対決が始まる。「今から、10年前。燃え盛る大学紛争の炎が、下火になりかかったころ。青山学院大の老教授が、教え子の女子大生を暴行したとして告訴され、実刑判決を受けた。いわゆる「春木教授事件」を題材にした石川達三の小説「七人の敵が居た」を素材にドラマ化したもの。事件に対して、作家・石川達三は、検察庁、裁判所をも巻き込んだ学内の「陰謀説」を主張。一方、ドラマはといえば、男女間の機微-とりわけ、人気教授との火遊びを楽しみながらも、現実の打算のために男を裏切る若い女性の残酷さ-と結論づけた。裁判所や警察の描き方に疑問は残るが、スキャンダルと謀略のワナ、謎を追う新聞記者、乙女心の怖さと不可解さ、それにヌードのサービスも加えて、実録犯罪ドラマとして楽しめる二時間ではある。【この項、「試写室」(「週刊TVガイド」(東京ニュース通信社刊)1983/03/25号掲載、署名・猪)より引用】」
キー局 ANB 放送曜日 放送期間 1983/03/21~1983/03/21
放送時間 21:02-22:48 放送回数 1 回 連続/単発 単発
番組名 月曜ワイド劇場
主な出演 三国連太郎三國連太郎)、三浦 リカ橋本  功河内 桃子稲葉 義男滝田 裕介文野 朋子浜田 寅彦
主な脚本 長谷川公之
主な演出 (監督・田中 利一
原作 石川 達三「七人の敵が居た」
局系列 ANN
HP

Tag Cloud

暴行 全面対決 三国連太郎 訴える 主張 教授・牧山征 城南学院大学 春木教授事件 牧山 教え子・海野雪子 法廷 三浦リカ 合意 辞任 女子大生 裁判所 慰謝料 支払う 教授 長谷川公之 責任 橋本功 もる 題材 大学 現実 関係 始まる ドラマ化 素材

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

FaceBook

クチコミ

ユーザレビュー

このドラマの YouTube 検索結果

関連ブログ

ドラマデータ提供