• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ川(リバー)・スペイン編 アンダルシアの虹

プラハ国際テレビ祭最優秀作品賞受賞作品。ピアノ調律師栄子(中尾幸世)が、アンダルシア地方グアダルキビル川の人びとと出会い、一夏の生活を送る設定。女主人公の栄子は、どのシーンでも人びとの普遍的な魂に一直線に進む。鍛冶屋のペペ、洞穴掘りの名人マヌエル、数字嫌いの少年ホアン、フラメンコ・ダンサーのピーリー、ギター作りのアルファンソー…など。白と赤の色彩美。赤いトマトの赤は、文明への痛烈なシッペ返し。市場にはジプシーの人びとのものを売る声がとびかう。抑制に抑制を重ねた表現から生活のニュアンスがこぼれでてくる(鳥山拡著「日本テレビドラマ史」より引用)。「川の流れはバイオリンの音」に続く「川(リバー)」シリーズ第2弾。
キー局 NHK 放送曜日 放送期間 1983/03/19~1983/03/19
放送時間 21:25-22:45 放送回数 1 回 連続/単発 単発
主な出演 中尾 幸世スペイン・アンダルシア・ジプシーの人々
主な脚本 佐々木昭一郎
主な演出 佐々木昭一郎
局系列 NHK
制作会社 NHK

Tag Cloud

中尾幸世 ジプシーの人々 人びと 佐々木昭一郎 抑制 プラハ国際テレビ... ギター作り シッペ返し 少年ホアン ピアノ調律師栄子 名人マヌエル フラメンコ・ダン... 色彩美 ペペ リバー こぼれる 鳥山拡著 女主人公 鍛冶屋 ジプシー トマト バイオリン 市場 日本テレビドラマ... 生活 文明 栄子 重ねる 赤い シーン

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

FaceBook

クチコミ

ユーザレビュー

関連ブログ

ドラマデータ提供