• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ想い出づくり。

第14回テレビ大賞優秀番組賞受賞作品。「人生を振り返った時、確かな想い出が欲しい。」適齢期を迎えたOL3人が「青春の証明」を探していく…。脚本家・山田太一のオリジナル書き下ろしドラマ。出演は、森昌子、古手川祐子、田中裕子という美女3人の意表をついた組み合わせ。このトリオに柴田恭兵が絡み、さらに児玉清、前田武彦、坂本スミ子、佐藤慶とベテランが親の世代を演じる。また、当時ではテレビ界初の試みとして注目を浴びた緑山私塾から18名が出演するのも大きな話題をよんだ。盛り場で、根本典夫(柴田恭兵)が道ゆく人を無差別に勧誘している。「アンケートに応じてくれない?お礼にカメラあげるから。この引き換え券もって新宿西口の会社へあとで来てください。」「駄目だ」と答えたのは吉川久美子(古手川祐子)。「困る」と答えたのは佐伯のぶ子(森昌子)。「カメラ?」と疑ったのは池谷香織(田中裕子)。このアンケートは海外旅行のアンケートだった。3人は新宿の一室に集められた。このことで3人は知り合いになり、次第に仲良くなっていく。彼女たちの想いは心から誇りにできる青春を見つけることだった。【以上、TBSチャンネル広報資料より引用】山田太一がもっとも脂の乗り切っていた時期の作品だけに、ドラマ設定・ストーリー展開とも卓越しており最後まで見逃せない面白さがある。放映当時は、倉本聰の「北の国から」と時間帯が激突し、その点でも話題を呼んだ。TBSとしてはじめて緑山スタジオシティを利用した作品であり、新人養成の緑山塾の生徒も大挙出演。中でも後年「田中美佐子」として主役をはる田中美佐の度胸ある演技が注目される。田中美佐子の公式デビュー作。また矢島健一のデビュー作でもある。各回のサブタイトルは以下のとおり。第10回「はじめての夜。」、第11回「まわりは急ぎ足。」、第13回「宴のあと。(「宴」にルビ「うたげ」が付く)」、最終回「晴れた日が来る。」。協力:小田急電鉄(1)-(7)、福島テレビ(3)、岩手放送(10)(11)、八芳園(13)、本田航空(14)。【役名(演技者)】佐伯のぶ代(森昌子)、吉川久美子[クレジット表示では「吉」の「士」は「土」](古手川祐子)、池谷香織(田中裕子)、根本典夫(柴田恭兵)、吉川武志(児玉清)、妻・優子(谷口香)、佐伯賢作(前田武彦)、妻・静子(坂本スミ子)、池谷信吾(佐藤慶)、妻・由起子(佐々木すみ江)、松永課長(菅野忠彦)、中野二郎(加藤健一)、岡崎勇(矢島健一)、佐伯 茂(安藤一人)、中野正子(三崎千恵子)、中野国夫(高桐真)、国枝妙子(田中美佐)。
キー局 TBS 放送曜日 放送期間 1981/09/18~1981/12/25
放送時間 22:00-22:54 放送回数 14 回 連続/単発 連続
番組名 金曜ドラマ
主な出演 森  昌子(1)-(11)(13)(14)、古手川祐子(1)-(11)(13)(14)、田中 裕子(1)-(11)(13)(14)、柴田 恭兵(1)-(11)(13)(14)、前田 武彦(1)-(11)(13)(14)、佐藤  慶(10)(13)(14)、坂本スミ子(1)-(11)(13)(14)、児玉  清(1)(2)(4)(7)-(11)(13)(14)、佐々木すみ江(1)(3)(7)-(9)(11)(13)(14)、加藤 健一(2)-(6)(8)-(11)(13)(14)、田中 美佐田中美佐子)(5)(6)(8)-(10)(14)、深江 章喜(9)-(11)(13)(14)、菅野 忠彦(1)-(8)(10)(11)(13)、浜村  淳(1)、高桐  真(2)(9)-(11)、岡本 直樹(1)(3)(8)(13)(14)、岡本ひろみ(1)(3)(8)(13)(14)、矢島 健一(4)-(6)(8)(10)(11)(13)、平田  満(1)-(4)(7)、安藤 一人(1)(2)(4)-(11)(13)(14)、名倉  良(1)(3)(4)-(7)、日恵野 晃(2)、桂  文珍(特別出演)(2)、遠藤 アコ(1)、黒川 明子(1)(3)(4)、磯田俊比古(1)、平野 克己(1)、坂本 良春(2)、速水 勝也(2)、小池 光広(2)、中村 武巳(8)、高橋 美紀(9)、須藤ゆうこ(9)、野村 昌代(9)、南沢 一郎(9)、福士 秀樹(1)、吉田 未来(3)(5)、赤木 葉子(4)-(7)、恩田恵美子(2)-(4)、菅原 園美(1)-(4)(6)、長沢けいこ長沢けい子…(4)のみ)(1)-(4)(6)、吉田 友子(1)-(4)(6)、岩川むつ子(1)(2)、江藤  潤(6)、上田 耕一(5)(6)、新 みのる(5)(6)、神田 正夫(7)、田中 紀子(7)、桐原 史雄(7)、堀  礼文(7)、ジョン・ステッカン(9)、桑名 良輔(9)、高田 尚子(9)、矢野 智美(1)(3)(4)、森脇  恵(1)(3)(4)、大久保龍子(1)(3)(4)、松尾 紀子(1)(3)(4)、浅井 直湖(1)(3)、広江佐奈枝(2)-(4)、森川 ゆき(2)-(4)、内藤 綾子(2)-(4)、石井ももこ(2)-(4)、守田さなえ(2)-(4)、ミルバ・マカボイ(3)、青木かずもり(5)、松田  章(5)、竹田 寿郎(5)、井上 聡子(6)(10)(11)、佐藤二三男(6)、木下 浩之(6)、青山伊津美(6)、山本 泰史(6)、中村まり子(7)、重松  収(7)、富沢美智江富沢美智恵)(7)、戸川  純(2)、北川真由美(1)(2)、池田 智子(1)(2)、大須賀裕子(1)(2)、松本 光代(2)、加藤  彰(4)、加納美恵子(5)、西尾  健(6)、斉藤真理子(6)、久茂田美雪(6)、三崎千恵子(10)(11)、高杉 哲平(10)(11)、島田 零子(10)、谷口  香(13)(14)、笠井  心(13)、水元 佳代(13)、中沢 優子(13)、根津 甚八(14)、西村 淳二(14)、行田 正子(14)、山根 久幸(14)、丸山由利亜(14)、勝田  武(14)、松山  薫(14)、戸川  純(クレジット表示なし)、円演劇研究所(1)、俳協養成所(1)(2)、エンゼルプロ(1)-(11)(13)(14)、劇団いろは(1)(4)、劇団ひまわり(14)、(擬斗:國井 正廣(5)(14))(方言指導:大方斐紗子(3)(7)-(11)(13)(14)、照井 湧子(3)-(6)(8)-(11)(13)(14))
主な脚本 山田 太一
主なプロデューサ 大山 勝美片島 謙二、(アシスタントプロデューサー:秋山 征夫
主な演出 鴨下 信一(1)(10)(11)、井下 靖央(2)(3)(5)(6)(9)(13)(14)、豊原隆太郎(4)(7)(8)、(演出補:松田 幸雄渡辺  香)(AD:福田 真治山津 俊一桐ヶ谷嘉久松本 早苗)(TK:奥平 治美福留 彰子
原作 (参考資料:下重 暁子[編著]「ゆれる24歳」(サイマル出版会))
局系列 JNN
制作会社 (製作著作:TBS(クレジット表示では「TBS。」と句点付き))
制作 (制作補:中川 善晴)
企画 (番組宣伝:簗瀬 潮音
音楽 ザンフィル小室  等フィリップス・レコード)、(音響:若林 宏夫(1)-(11)(13)(14)、杉田  毅)(選曲:山内 直樹
主題歌 (テーマ音楽・ジョルジュ・ザンフィル(ZAMFIR)「想い出づくり(Pour La Douce Souvenance)」)
撮影技術 (技術:相沢 征二(1)-(11)(13)(14))(技術プロデューサー:永田 俊明)(カメラ:名佐原昭雄(1)-(11)(13)(14)、山本 博俊今道  進佐藤 茂夫)(照明:和田 洋一(1)-(11)(13)(14)、高橋  寬板垣 賢三)(音声:高橋  進(1)(3)(5)(7)(9)(11)(13)、八木沢 正(2)(4)(6)(8)(10)(14)、田中 智富)(映像:高林 篤治(1)-(11)(13)(14))(編集:高松  博(1)(6)(10)(14)、山本 充宏(2)(4)(8)、桜井 正久(3)(7)(11)、籏智  理(5)(9)(13))
ビデオ TBSビデオ
美術 (デザイン:竹内 誠二(1)-(11)(13)(14))(美術制作:丸谷 時茂(1)(2)(5)-(8)(10)(14)、清水 専三(3)(4)(9)(11)(13))(美術プロデューサー:桜井 鉄夫)(メイク:佐藤 チエ(1)-(11)(13)(14))(衣裳:蛭間  勇松岡由美江)(小道具:若松 孝一湯沢 幸夫)(大道具:中尾 政治)(持道具:荒木 邦世)(タイトルデザイン:篠原 栄太小河原義一

Tag Cloud

森昌子 古手川祐子 田中裕子 田中美佐 柴田恭兵 アンケート 吉川久美子 根本典夫 池谷香織 前田武彦 山田太一 坂本スミ子 児玉清 答える 佐藤慶 カメラ 田中美佐子 矢島健一 注目 青春 佐伯のぶ代 ザンフィル 話題 あと 来る 出演 小室等 佐々木すみ江 安藤 作品

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供