• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ恋人

梅田晴夫作のラジオ・ドラマを、久里子亭の脚色、映画監督市川崑のテレビ初演出で1時間にわたっておくる。これは結婚前夜の微妙な娘心と、これをめぐる人人の心理の紛争を描いたもの。なお、かつて市川崑の監督で映画化されている。【以上、朝日新聞1959/01/07付より引用】生ドラマ。監督の市川崑は後年、本作制作時のことを振り返っている。「映画なら実日数少くとも前後四か月かかることが、約十日間で全部片づきました。私が〝劇〟の演出について映画もテレビも変りないと言いながら、始めて演出したテレビ・ドラマにおいては、それは映画の場合とは全く違ったものでした。そしてその相違とは、テレビの未完成度を考慮に入れなければならないというところに原因しているていのものでありました。映画が百パーセント完成されていて、これ以上改革される余地のないものというわけでは決してありませんが、映画製作においては既に全く組織上、技術上で簡単に処理がなされているようなことでも、テレビでは実行されていないことがしばしばありました。配役を始めた時には既に演出が始まっている、というのは私の自論ですが、これは作品の意図をその肉体で具体的に表現するのが俳優だからです。それが事務的に決められてはいけない。セットにしても、如何に巧緻にデザインが出来ていたとしても、夜の十時に放送が終った他の番組のセットをバラして四、五時間で建てて明日の本番に間に合わすようでは、美術担当者のイメージを具現してくれるものが出来るわけはない。テレビ・ドラマも光と影によって構成されている限り、それにも演出者の意志が当然入るわけです。私は放送が終了して遂にカメラの責任者を知ることが出来なかった。4台使用するカメラマンに紹介されたのは放送当日であり、その4人の技術者はつい先刻まで他の番組を担当していたそうで、脚本は読んでくれてはいたが、その人たちの顔も名も憶える暇もないうちに作業開始。カット割にしたがってカメラマンは各々の配置につく。ところが全景のショットにしても、人物の大写しにしても、演出の意図でそれぞれ違うものなのです。しかし私の意図を伝えるルートはそこになかった。ポジションがあっても光線がなければ意味がない。意図された光線は登場人物の心理なり感情の起伏を表現する大切なものであるし、背景のセットに陰影を与えて自然な雰囲気を醸成する。映画では演出者の意図にたいしてカメラマンが中心になり、それを具体化してゆくのだけど、テレビではそういうルートもなさそうでした。だから私は、ただ怒鳴っていました。演出者がここにいるということを怒鳴って知らせるより手がなかったのです。無いルートを飛び越えて誰かの耳に私の意図が達してくれるように大声を張り上げていたのです。以上、ごたごた言いましたのは勿論むかしのテレビ機構におけるドラマ製作のことです。前に述べたテレビの未完成度云々も、当時の、と言わねばならないでしょうし、映画製作において組織上、技術上簡単に処理がなされているようなことでもテレビでは実行云々も、当時は、とつけ加える必要があるわけですが、ただ、今のテレビ・ドラマを時々見ていて、ふっとむかしのことを感ずることがあるのです。制作にあたって、機能を統一し、総合する演出者に、その主体性がいま一息確立されていないのじゃないかということです。まだテレビ・ドラマそのものに、ドラマ制作にあたっての体系的な機構が具わっていないというカオスのようなものが残存しているのかもしれませんが、もしそうだとしたら、一日も早くそれを退治する必要があります。いったい演出者とは何をする奴か。カメラは操作しない。または出来ない。セットは作れない。ライトは重くて持てない。演技をするわけじゃない。第一、カメラに写っちゃいけない。だからこそ存在するのです。あらゆるものを一つの意図を基本にした眼でまとめる表現を可能ならしめる役目を背負っているのです。テレビよ、私が演出者だから言うのではないけれど、どうぞ演出者に場を与えてほしいものです。【この項、文:市川崑(「放送文化」(日本放送出版協会刊)1973年2月号より引用)】」提供:ヤシカカメラ。
キー局 NTV 放送曜日 放送期間 1959/01/07~1959/01/07
放送時間 20:00-21:00 放送回数 1 回 連続/単発 単発
番組名 ヤシカ ゴールデン劇場
主な出演 青山 京子中村 伸郎忍  節子杉浦 直樹沢村 貞子澤村 貞子)、平 凡太郎若宮忠三郎若宮 大祐)、石井 好子(特別出演)
主な脚本 久里子 亭市川  崑和田 夏十
主な演出 市川  崑田中 知己
原作 梅田 晴夫:作「結婚の前夜」より
局系列 NNN
音楽 渡辺 宙明

Tag Cloud

演出者 意図 テレビ 青山京子 セット 演出 映画 ルート 市川崑 テレビ・ドラマ 出来る 光線 中村伸郎 映画製作 カメラ 表現 カメラマン 久里子亭 怒鳴る 忍節子 処理 技術 なす 心理 組織 与える 監督 カット割 違う 片づく

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供