• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データダウンタウン物語

傷害事件で服役中の母を持つ港町酒場の歌手と貧乏牧師の前途多難な2人の恋物語。川谷拓三が貧乏牧師役をリアルに演じたが、演出がその「リアルさ」を理解しない場面もあったという。「こんなエピソードがある。川谷拓三がどこかのテレビ番組で牧師役を演じたことがあって、そのとき、長々と説教をたれるシーンがあった。川谷拓三はその説教を、訥々とした感じでしゃべり、ときには言葉につかえるようにして演じたらしい。ディレクターはストップをかけ、「もっとしっかりセリフを覚えて、流暢にしゃべるように」と指示した。川谷拓三のしゃべりは、かれなりに計算されたものだったのだが、アホなディレクターは理解できなかった。むろん川谷拓三はつぎの本番で、ディレクターの要求どおりに演じた。これはひとから聴いた話で、ぼくは番組も見ていない。ただ、そのときのシラケたようすは手にとるように分かる。川谷拓三がテストで見せたしゃべりは、多分味があっただろうと思うが、ディレクターにはそれがトチリに感じた。もしその言い方が演出意図に合わないのなら話し合えばいいのだが、ディレクターは一方的に誹謗するような言い方をした。そうなると川谷拓三は表面イエスマンになり、とことん手を抜く役者でもあった。【この項、文:根本順善氏(根本順善著「人と契らば濃く契れ 川谷拓三と僕」(2000年、葦書房刊)より引用)】」
キー局 NTV 放送曜日 放送期間 1981/01/13~1981/04/21
放送時間 22:00-22:54 放送回数 15 回 連続/単発 連続
番組名 火曜劇場
主な出演 桃井かおり川谷 拓三岡田茉莉子西田 敏行市原 悦子夏目 雅子(ゲスト)、田村  亮にしきのあきら錦野  旦)、赤塚 真人佐藤 浩市篠田 三郎南風 洋子
主な脚本 市川 森一(1)-(15)
主なプロデューサ 清水 欣也
主な演出 吉野  洋(1)(2)(5)(6)(9)(10)(12)-(15)、祖父江信太郎(3)(4)(7)(8)、雨宮  望(11)
局系列 NNN
制作会社 NTV
音楽 荒木 一郎
主題歌 桃井かおり荒木 一郎「バイバイ子守唄―ララバイ―」(作詞・作曲:荒木 一郎)、(挿入歌:桃井かおり「ポーカーゲーム・ブルース」(作詞・作曲:荒木 一郎))

Tag Cloud

川谷拓三 桃井かおり ディレクター しゃべる 言い方 説教 演じる リアル 理解 岡田茉莉子 市川森一 演出意図 港町酒場 訥々 表面イエスマン 貧乏牧師役 トチリ 誹謗 アホ ストップ 計算 傷害事件 祖父江信太郎 抜く 荒木一郎 恋物語 かれる 歌手 吉野洋 セリフ

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供