• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ桃太郎侍(第219回)悪ガキ塾の桃太郎

高橋英樹主演の『桃太郎侍』(放送期間:1976/10/03~1981/09/27、全258回)の第219回。「将軍家斉の御落胤でありながら、気ままな浪人暮らしの桃太郎。育ちが良すぎて世情に疎いのが玉に傷。弱きを助け、悪しき鬼を華麗に退治する、高橋英樹主演の痛快時代劇の一編。桃太郎の友人黒岩が開くゆうあい塾では子供たちの悪さに打つ手が無く閉塾を考えていた。悩む黒岩に、心を歪めた責任は大人にあるとして桃太郎が指導を買って出る。当初はつばめや田之助にひどいいたずらを仕掛けて困らせるが、自分たちを信じる桃太郎に子供たちは次第に心を開く。塾のある土地に問屋場が建設されることになり、以前から代替地への移転を求められていたが、塾の立て直しを期する黒岩は土地の譲渡書への押印を断る。【この項、BS日テレ広報資料より引用】」協力:一廼穂。【役名(演技者)】桃太郎(高橋英樹)、玉川つばめ(野川由美子)、蛙の田之助(山城新伍)、彦助(谷村昌彦)、玉川ちどり(坂上味和)、とん太(北野清治)、お玉(舟倉たまき)、かもめ(遠藤薫)、黒岩昌一郎(長谷川明男)、忠治(佐瀬陽一)、千恵(石井ひとみ)、百姓(小南文孝)。【出典:ドラマ本体のクレジット表示より採録(採録:古崎康成)】
キー局 NTV 放送曜日 放送期間 1980/12/28~1980/12/28
放送時間 21:00-21:54 放送回数 1 回 連続/単発 連続
主な出演 高橋 英樹野川由美子山城 新伍谷村 昌彦坂上 味和北野 清治舟倉たまき遠藤  薫、(以下、非レギュラー久富 惟晴久冨 惟晴)、森  幹太長谷川明男佐瀬 陽一石井ひとみ小南 文孝吉松 宏記森下 鉄朗家野 繁次日高  久有島 淳平峰 蘭太郎小船 秋夫高谷 舜二、(擬斗:土井淳之祐
主な脚本 宮田  雪
主なプロデューサ 長富 忠裕小沢啓一郎橋本 慶一
主な演出 (監督:井沢 雅彦)(助監督:西垣 吉春)(記録:藤原 凪子
原作 山手樹一郎
局系列 NNN
制作会社 (制作:東映(東映京都テレビプロダクション)、NTV)
制作協力 (協力:アイウエオ企画)
制作 (製作担当:丸本  晃)(演技事務:上ノ山 敏)
企画 加藤 教夫渡辺 洋一
音楽 木下 忠司、(整音:浜口十四郎)(和楽監修:中本 敏生
主題歌 三波 春夫「桃太郎侍の歌」(作詞・作曲:三波 春夫、編曲:小谷  充)(テイチクレコード
撮影技術 森  常次、(照明:椹木 儀一)(録音:林 土太郎)(編集:島村 智之)(計測:山元  豊)(現像:東洋現像所
美術 塚本 隆治、(装置:中西 和之曽根美装))(装飾:西川由紀夫)(衣裳:米田  稔)(美粧:河田 福司)(結髪:水巻 春江)(小道具:高津商会

Tag Cloud

桃太郎 高橋英樹 山手樹一郎 野川由美子 黒岩 小南文孝 宮田雪 佐瀬陽一 田之助 土地 子供たち 友人黒岩 山城新伍 谷村昌彦 押印 高橋英樹主演 開く 移転 打つ手 かもめ 一廼穂 建設 指導 坂上味和 責任 彦助 世情 困る 落胤 断る

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供