• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ水戸黄門(第11部)

水戸で助さん夫婦が喧嘩。その仲裁は冷却期間を置くのが一番と、水戸から日光へ出る。「今回は前年「ミス黄門」に選ばれた清水久美子がお美代役で新加入し、レギュラー出演した。【この項、学研刊「1980年代全ドラマクロニクル」(TVライフ編)より引用】」第8回は現在、放送できない回となっている。判明している各回のサブタイトルは以下のとおり。第7回「うっかり八兵衛お殿様-本荘-」、第9回「隠密津軽凧-弘前-」、第10回「北の岬の仇討-八戸-」、第11回「父子つないだ頑固そば-盛岡-」、第12回「瞼の父は用心棒-宮古-」、第13回「陰謀あばいた俵牛-陸前高田-」、第20回「出世を願った嫁いびり-行田-」、第21回「初春 黄門さまの用心棒-秩父-」、第22回「黄門様の子守唄-伊勢原-」、第23回「鎌倉彫にかけた意地-鎌倉-」、第24回「弥七に似てた三度笠-館山-」、第25回「胸に悲願の裏切り者-佐倉-」、最終回(第26回)「一陽来復水戸の春-岩槻・水戸-」。【役名(演技者)】水戸光圀(東野英治郎)、佐々木助三郎(里見浩太朗)、渥美格之進(大和田伸也)、風車の弥七(中谷一郎)、うっかり八兵衛(高橋元太郎)、山野辺兵庫(大友柳太朗)、お志乃(山口いづみ)、お美代(清水久美子)。【参考文献:「日本映画俳優全集・女優編」(1980/12/31キネマ旬報社刊)】
キー局 TBS 放送曜日 放送期間 1980/08/18~1981/02/09
放送時間 20:00-20:55 放送回数 26 回 連続/単発 連続
番組名 ナショナル劇場
主な出演 東野英治郎(20)-(26)、里見浩太朗(20)-(26)、大和田伸也(20)-(26)、高橋元太郎(20)-(26)、中谷 一郎(20)-(26)、大友柳太朗(クレジット表示では「友」の右上に「`(点)」が付く)(大友柳太郎)(26)、山口いづみ(16)(26)、清水久美子ミス水戸黄門)(20)-(26)、宮園 純子、(以下、非レギュラーあおい輝彦(1)(6)、水島道太郎(1)、遙 くらら(2)、和田 浩治(2)(10)、小栗 一也(2)、五大 路子(3)、月丘 千秋(3)、西郷 輝彦(4)、新藤 恵美(4)、佐々山洋一(4)(12)(18)、森  昌子(5)、伊沢 一郎(5)(20)、吉沢 京子(6)(19)、あおい輝彦(6)、早瀬 久美(7)、森次 晃嗣(7)(20)、西村  晃(8)、磯村みどり(8)、土屋 嘉男(9)、三浦 リカ(9)、佳那 晃子大関 優子)(10)、岡田 英次(10)、秋本 圭子(11)、大門 正明(11)、花沢 徳衛(11)、佐藤  允(12)、金田龍之介(12)、和泉 雅子(13)、鈴木 政晴(13)(24)、浅茅 陽子(14)、柳谷  寛(14)(20)、榊原 るみ(15)、芦屋雁之助(15)、入川 保則(15)、山本 紀彦(16)、辰巳柳太郎辰己柳太郎)(17)、工藤堅太郎工藤賢太郎)(17)、大山 勝巳大山 克巳)(18)、上村 香子(18)、岡崎 二朗(18)、川合 伸旺(19)、三林 京子(20)、森次 晃嗣森次 浩司)(20)、楠田  薫(20)、横森  久(20)、小林 勝彦(20)、武藤 英司(20)、坂口 徹郎牧口  徹坂口祐三郎坂口  徹)(20)、森下 鉄朗(20)、枝川 有希(20)、川本美由紀(20)、西山 清孝(20)、ジュディ・オング(21)、山本 麟一(21)、山岡 徹也(21)、外山 高士(21)、堀田 真三(21)、小林 芳宏(21)、千葉 敏郎(21)、広瀬 義宣(21)、山本 一郎(21)、堀北 幸夫(21)、山田 良樹(21)(22)(24)、峰 蘭太郎(21)、森 源太郎(21)(24)、矢部 義章(21)、奔田  陵(21)、小谷 浩三(21)、高谷 舜二(21)、泉 好太郎(21)、霞  健二(21)、蔭山 幸次(21)、堀越 陽子(22)、長谷川哲夫(22)、本郷  淳(22)、梅津  栄(22)、早川 雄三(22)、南  道郎(22)、中田 博久(22)、大木 正司(22)、梶本  潔(22)、日高  久(22)、三木 美和(22)、末永 厚子(22)、平河 正雄(22)、有島 淳平(22)、藤長 照夫(22)、和田 昌也(22)、細川 純一(22)、酒井  努(22)、竹井 雅文(22)、伊東 和彦(22)、原田 勉夫(22)、星野美恵子(22)、春藤 真澄(22)、矢野もと子(22)、加藤  嘉(23)、柴田 美保ミス水戸黄門 RKB毎日代表)(23)、中野 誠也(23)、河原崎建三河原崎健三)(23)、滝田 裕介(23)、山本みどり(23)、神田  隆(23)、玉川伊佐男(23)、原  健策(23)(26)、山本  清(23)、芦田 鉄雄(23)、滝  譲二(23)、木下 通博(クレジット表示では、木下 道博、と表記)(23)、中島ゆたか(24)、菅 貫太郎(24)、浜田 寅彦(24)、川辺 久造(24)、阿部 希郎(24)、山崎 博之(24)、有光  豊(24)、北村 明男(24)、後藤 基治(24)、中村 竹弥(25)、伊吹 吾郎伊吹 吾朗)(25)、杉田 景子(25)、安部  徹(25)、細川 俊夫(25)、森  幹太(25)、中山 昭二(25)、原  良子(25)、黒部  進(25)、田中 弘史(25)、遠山 二郎(25)、玉生 司朗(25)、宮川 珠季(25)、丘路  千(25)、川浪公次郎(25)、三浦 徳子(25)、大崎 紀子(25)、尾崎 弥枝(25)、加藤 大樹(25)、福本 清三(25)、笹木 俊志(25)、岡嶋 艶子(25)、上村 明子(25)、山田 克二(25)、村井 国夫(26)、青木 義朗(26)、金沢  碧(26)、小浜ひろみミス水戸黄門 沖縄放送代表)(26)、松本 克平(26)、田中 明夫(26)、西岡 徳美西岡 徳馬西岡 德馬)(26)、中村 孝雄(26)、国 一太郎(26)、伝法三千雄(26)、小峰 隆司(26)、白井 滋郎(26)、竹内 健一(26)、小柳 圭子未確認)、(特技:宍戸 大全(20)-(26))(擬斗:土井淳之祐東映剣会)(20)(24)、上野 隆三東映剣会)(21)(23)(26)、菅原 俊夫東映剣会)(22)、三好 郁夫東映剣会)(25))(ナレーター:芥川 隆行(20)-(26))
主な脚本 津田 幸於津田 幸夫)(20)(23)、廣澤  榮広沢  栄)(21)、大西 信行(22)、芦沢 俊郎(24)(25)、葉村 彰子(原案も)(26)、加藤  泰
主なプロデューサ 西村 俊一
主な演出 (監督:山内 鉄也居川 靖彦(20)(22)-(24)、内出 好吉(21)(25)(26))(助監督:金  鐘守(20)(22)(24)、高倉 祐二(21)(26)、矢田 清巳(23)、渡辺  譲(25))(記録:川島 庸子(20)(24)、野崎八重子(21)(22)(26)、小川加津子(23)(25))
原作 (原案:葉村 彰子(脚本も))
局系列 JNN
制作会社 (製作:C・A・L(C.A.L.))
制作協力 東映、(協力:俳優座)
制作 (進行主任:山田  勝)(演技事務:山下 義明)
音楽 木下 忠司、(邦楽監修:中本 敏生
主題歌 里見浩太朗大和田伸也「ああ人生に涙あり」(作詞:山上 路夫、作曲:木下 忠司
撮影技術 山岸 長樹(20)(21)(24)、古谷  伸(22)、萩屋  信(23)(26)、原田 裕平(25)、(照明:大谷 康郎(20)(22)(24)、真城  喩(21)(25)(26)、増田 悦章(23))(録音:神戸 孝憲(20)(22)-(25)、面屋 竜憲(21)(26))(編集:河合 勝巳)(現像:東洋現像所
HP
美術 鈴木 孝俊(20)(21)(24)(25)、高見 哲也(22)(23)(26)、(衣裳:東京衣裳)(装置:野尻  裕(20)(23)-(25)、磯谷 幸一(21)(22)(26))(美粧・結髪:東和美粧)(装飾:関西美工)(小道具:高津商会)(題字:朝比奈宗源

Tag Cloud

里見浩太朗 東野英治郎 清水久美子 大和田伸也 八兵衛 水戸 弥七 用心棒 廣澤榮 津田幸於 ミス黄門 俵牛 行田 鎌倉彫 頑固そば 岩槻・水戸 本荘 大友柳太朗 三度笠 弘前 佐倉 佐々木助三郎 八戸 渥美格 裏切り者 子守唄 盛岡 父子 殿様 加入

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

FaceBook

クチコミ

ユーザレビュー

関連ブログ

ドラマデータ提供