• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データぬかるみの女(ぬかるみの女(1))

離婚を決意した一人の女が、3人の子どもを抱えて、戦後の混乱期の30年を生きていく。主演の星由里子は脚本・花登筐と結婚。「博多の海産物問屋に嫁いだ文子(星由里子)は、夫・正博(小林勝彦)との間に一女二男をもうける。しかし、戦争から復員し闇市でもうけた正博は、以前にも増して道楽ざんまい。離婚を決意した文子は、3人の子供を連れて恩人・桐山(三橋達也)を訪ねるが、彼から勧められたのは、キャバレーのダンサーになることだった。【この項、学研刊「1980年代全ドラマクロニクル」(TVライフ編)より引用】」銀座のクラブ 「ジュン」 のオーナーママ、塚本純子さんの半生をモデルにした物語。出演の高橋牧子は本作出演が縁で東海テレビ社員と結婚。衣裳協力・サレーヌ佐橋よしこ(5)、京都 高三(5)。【参考文献:ブログ「三波豊和の『こんな話あんな話』(三波豊和氏執筆、2018/09/14参照、http://toyokazu.cocolog-nifty.com/blog/2006/10/__1266_1.html、http://toyokazu.cocolog-nifty.com/blog/2006/10/__211e_1.html)】
キー局 THK 放送曜日 月~金 放送期間 1980/01/07~1980/09/26
放送時間 13:30-14:00 放送回数 190 回 連続/単発 連続
主な出演 星 由里子(5)、安芸 秀子森  明子石井  均正司 照江正司 照枝)、野川由美子本郷功次郎石川さゆり嶺川 貴子真木 洋子矢口  純水野 久美臼間 香世信  欣三信  欽三)(5)、一の宮あつ子(5)、小林 勝彦(5)、三波 豊和(5)、明石  良(5)、稲吉 靖司(5)、池田 武司(5)、丹羽 忠太(5)、桂  玲子(5)、清水さゆり(5)、矢野 泰子(5)、吉沢 美幸(5)、佐川 二郎(5)、蝦名由紀子浅沼友紀子)、丹呉 年克斉藤 雅晴倉沢 満夫本郷功次郎高橋 牧子藤村  薫京 まいこ大石 吾朗仲  雅美森  明子高田 次郎田中 直行三橋 達也野川由美子大友柳太朗種谷アツ子夏海 陽子橘  倫子Ako Dachs)、平泉  成平泉  征)、片桐 夕子鳳プロ(5)、(方言指導:山田 孝子(5))(協力:劇団喜劇
主な脚本 花登  筐花登  筺)(5)
主なプロデューサ 青木 信也東宝)、渡辺 光矩東宝)、東  一寿東宝)、平松 敏男(THK)、(プロデューサー補・粟村 勝久
主な演出 平松 敏男(5)、井村 次雄、(演出補・津崎 敏喜
原作 花登  筐花登  筺)(週刊明星連載、集英社刊)
局系列 FNN
制作会社 (制作・東宝、THK)
音楽 加納 光記、(効果・大槻 邦久
主題歌 石川さゆり「ぬかるみの女」(作詞・花登  筺花登  筐)、作曲・猪俣 公章、編曲・小杉 仁三)(日本コロムビア)
撮影技術 (技術・川田 万里)(カメラ・佐々木 厚)(照明・田渕  博)(音声・河合 由行)(VTR・竹本 圭司)(カラー調整・菅野  愛)(スタジオ・目黒スタジオ)(協力・東通
HP
美術 (美術デザイナー・西 亥一郎)(美術進行・生田 哲司)(大道具・東宝ビルト)(小道具・高津映画装飾)(衣裳・京都衣裳)(メイク・ユミビユアクス)(かつら・細野かつら)(造園・和泉園

Tag Cloud

星由里子 花登筐 安芸秀子 森明子 文子 もうける 塚本純子 夫・正博 脚本・花登筐 衣裳協力・サレー... 高橋牧子 決意 正博 一女 渡辺光矩 離婚 闇市 平松敏男 海産物問屋 ダンサー 青木信也 復員 井村次雄 キャバレー 作出演 ジュン 混乱期 加納光記 結婚 石井均

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

FaceBook

クチコミ

ユーザレビュー

関連ブログ

ドラマデータ提供