• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データおだいじに

ホームドラマの舞台は時代を反映する。かつて経済の高度成長期、会社重役、あるいはレストランなど商店経営主の家庭が好んでとりあげられた。低成長時代を迎えて、主役は医師になったのだろうか。秋の新番組、ホームドラマの舞台に続々と医者が登場する。女医さんが目立つのも特徴だ。このドラマもまた、東京下町の開業医、浅倉医院が舞台であり、池内淳子が内科・小児科医にふんして登場する。秋の新番組の典型的ホームドラマ、と思えばよい。浅倉医院は当主が亡くなって、あとをどうするか、の問題が持ち上がっている。母、ちか子(杉村春子)は長男、和夫(中条静夫)=大学の助教授=にあとを継げ、という。研究生活を続けたい和夫にその意志はない。ちか子は、妻を失って以来、独身を続けている和夫を再婚さすことが先決と考え、矢継ぎ早に見合いを持ち込む。だが、和夫は十数年来、女医の節子(池内)としゃれた関係にあった。彼女も二十年前に夫を失い、いま浪人中の息子(太川陽介)と二人暮らしである。和夫は一計を案じる――。中条と池内が中年男女のしゃれた関係をサラリと演じて印象に残る。このあたり役者の年輪か。脚本は楠田芳子。【以上、毎日新聞1979/11/05付「視聴室」より引用(署名:R)】第3回、第4回で晩秋のアムステルダムなどオランダロケを敢行。松田聖子が歌手デビュー前に出演したドラマ。このときの役名が松田聖子で第3回から出演し相澤秀禎氏の著書をはじめ複数の情報では当初は本名・蒲池法子での出演で途中改名されたとされているが、新聞ラテ欄の表記から第3回の出演当初から本名ではなく松田聖子の芸名で出演していることがわかる。劇中ではキスシーンもこなしたという。池内淳子は本作をもって6年間にわたるNTVとの専属契約を終了した。【放送日時補足】放送期間のうち、1979/12/31は別番組放送のため番組休止。【役名(演技者)】浅倉節子(池内淳子)、浅倉和夫(中条静夫)、浅倉ちか子(杉村春子)、関口とく子(泉ピン子)、小林綾子(由紀さおり)、浅倉康夫(出門英)、浅倉百合子(相原友子)、井上一郎(太川陽介)、井上 保(佐藤英夫)、三沢末吉(川辺久造)、三浦弘子(高田敏江)、河野高子(斎藤美和)、井上真由美(音無真喜子)、松田聖子(松田聖子)、小林正彦(柴田裕)、母親(安保絵美)、広瀬孝之(山本寛)、河野さやか(東啓子)、文子(吉野佳子)、文子の子・純(玉木潤)、耕三(志村喬)、耕三の息子の嫁・みつ(白木万理)、ゆき子の子・登(小林健一)、ゆき子(白川和子)、一郎のガールフレンド・洋子(新谷由美子)、僧侶・光信(大和田獏)、英二(菅生隆之)、亜矢子(上間菜都)、チエ(磯野洋子)。【参考文献:webサイト「YouTube」】
キー局 NTV 放送曜日 放送期間 1979/11/05~1980/05/05
放送時間 21:00-21:54 放送回数 26 回 連続/単発 連続
番組名 月曜スター劇場
主な出演 池内 淳子(1)-(26)、中条 静夫(1)-(26)、杉村 春子(1)-(21)(24)-(26)、泉 ピン子(1)(2)(4)-(26)、由紀さおり(1)-(6)(8)-(26)、出門  英水木 英二出門 ヒデ)(1)-(4)(6)-(11)(13)(15)-(20)(22)-(26)、相原 友子原田 真弓あいはら友子)(2)(4)-(6)(8)(9)(12)(14)-(22)、太川 陽介(1)-(26)、佐藤 英夫(2)(3)(6)(8)(10)-(15)(17)(18)(20)-(26)、川辺 久造(15)(26)、高田 敏江(15)、斎藤 美和(15)、音無真喜子(2)(5)(7)(10)(15)(24)(25)、松田 聖子(3)(7)(15)(18)、柴田  裕(15)、安保 絵美(15)、山本  寛(15)、東  啓子(15)、神保 美喜(3)(4)、丘 さとみ(4)、志村  喬(5)(7)(22)(23)、村井 国夫村井 國夫)(5)(12)(19)(21)(24)、吉野 佳子(6)、玉木  潤(6)、白木 万理(7)(17)(23)、白川 和子(8)、小林 健一(8)、花沢 徳衛(9)(16)、桜 むつ子(9)(16)、犬塚  弘(10)、新谷由美子桐山 ゆみ)(10)、山本 伸吾(11)(12)、沢田亜矢子(13)、茅島 成美(13)、水野 久美(14)、川辺 久造(14)(24)、大和田 漠(18)(26)、水原 英子(19)(20)、永井 秀和(21)-(23)、磯野 洋子(25)、菅生 隆之(25)、上間 菜都(25)、村瀬 幸子ヤマプロ(15)、
主な脚本 (作:楠田 芳子(1)(15)(26))
主なプロデューサ 藤原 千晶三熊 将照
主な演出 細野 英延(15)(26)、篠木為八男、(医事監修:久保田三郎
局系列 NNN
制作会社 (製作:日本テレビ(NTV))
制作協力 五月の会、生田スタジオ
制作 早川 恒夫、(制作助手:赤羽根敏男)
音楽 伊部 晴美東京音楽事務所、(音効:月岡  弘
主題歌 出門  英水木 英二出門 ヒデ)「愛という出逢い」、出門  英水木 英二出門 ヒデ)「きみこそ旅人」(詞:門谷 憲二、曲:出門  英)(15)
撮影技術 伊藤 邦雄、(カメラ:片野 憲司)(音声:加藤 栄二)(照明:勝田 文雄)(VTR:桜井美紀夫
美術 豊島 紘武、(メーク:河野 明子)(大道具:藤浪  満)(小道具:川村 忠夫)(衣裳:飯島 敏秀)(衣裳協力:きものの三松デサント、ほか)

Tag Cloud

松田聖子 和夫 池内淳子 中条静夫 浅倉医院 杉村春子 出演 ちか子 ゆき子 太川陽介 池内 しゃれる 文子 女医 ホームドラマ 舞台 東京音楽事務所 研究生活 上間菜 子・登 失う 続ける あと 関係 藤原千晶 三熊将照 芸名 亜矢子 反映 登場

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供