• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ桃太郎侍(第158回)父子で彫った愛の面(「父子」にルビ「おやこ」が付く)

高橋英樹主演の『桃太郎侍』(放送期間:1976/10/03~1981/09/27、全258回)の第158話。「将軍家斉の御落胤でありながら、気ままな浪人暮らしの桃太郎。育ちが良すぎて世情に疎いのが玉に傷。弱きを助け、悪しき鬼を華麗に退治する、高橋英樹主演の痛快時代劇の一編。将軍家に能面を献上することになった松平備前守。名人と評判の観阿弥に面打ちを打診するが、酒井長門守の仕事に掛かりきりだと断られる。次に白羽の矢を立てた清次郎は、観阿弥の兄弟子でかつては師匠の後継者と目されていた人物。しかし清次郎は三沢屋の娘おふじとの仲を裂かれて自暴自棄となり、息子との暮らしは飯代にもこと欠く有様。清次郎の腕の良さを知る桃太郎は、自分が買った仏像を持って備前守を訪ねるよう勧める。【この項、BS日テレ広報資料より引用】」協力:京都 大覚寺。【役名(演技者)】桃太郎・松平備前守(高橋英樹)、玉川つばめ(野川由美子)、蛙の田之助(山城新伍)、玉川すずめ(西川峰子)、彦助(谷村昌彦)、仁兵ヱ(深江章喜)、お勝(絵沢萠子)、とん太(北野清治)、おさよ(川本美和)、お藤(早瀬久美子)。
キー局 NTV 放送曜日 放送期間 1979/10/28~1979/10/28
放送時間 21:00-21:54 放送回数 1 回 連続/単発 連続
主な出演 高橋 英樹野川由美子山城 新伍西川 峰子仁支川峰子)、谷村 昌彦深江 章喜絵沢 萠子(誤り…絵沢 萌子)、北野 清治川本 美和、(以下、非レギュラー柴田 侊彦早瀬久美子早瀬 久美)、上田 孝則中村 孝雄冨田浩太郎富田浩太郎)、外山 高士(クレジット表示では「高」は「はしご高」)、永野 達雄柳原久仁夫小峰 隆司蓑和田良太、(特技:宍戸 大全)(擬斗:土井淳之祐
主な脚本 野波 静雄
主なプロデューサ 長富 忠裕小沢啓一郎橋本 慶一
主な演出 (監督:山下 耕作)(助監督:上杉 尚祺)(記録:満尾 敦子
原作 山手樹一郎
局系列 NNN
制作会社 (制作:東映(東映京都テレビプロダクション)、NTV)
制作協力 (協力:アイウエオ企画)
制作 (製作担当:丸本  晃)(演技事務:上ノ山 敏)
企画 加藤 教夫渡辺 洋一
音楽 木下 忠司、(整音:浜口十四郎)(邦楽監修:中本 敏生
主題歌 三波 春夫「桃太郎侍の歌」(作詞:三波 春夫、作曲:平尾 昌晃、編曲:小谷  充)(テイチクレコード
撮影技術 佐賀  彰、(照明:岡田 耕二)(録音:中沢 光喜)(編集:島村 智之)(計測:水島 淳一水嶋 淳一))(現像:東洋現像所
美術 角井  博、(装置:曽根美装曾根美装))(装飾:平野元王機)(衣裳:米田  稔)(美粧:河田 福司)(結髪:水巻 春江)(小道具:高津商会(クレジット表示では「高」は「はしご高」))

Tag Cloud

清次郎 高橋英樹 観阿弥 山手樹一郎 野川由美子 早瀬久美子 野波静雄 桃太郎 高橋英樹主演 山城新伍 谷村昌彦 自暴自棄 欠く 桃太郎・松平備前... 将軍家 後継者 師匠 勧める 田之助 西川峰子 彦助 立てる 疎い 育ち 世情 退治 断る 落胤 小沢啓一郎 加藤教夫

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

FaceBook

クチコミ

ユーザレビュー

関連ブログ

ドラマデータ提供