• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ桃太郎侍(第108回)流転の女に情の傘

高橋英樹主演の『桃太郎侍』(放送期間:1976/10/03~1981/09/27、全258回)の一編。「将軍家斉の御落胤でありながら、気ままな浪人暮らしの桃太郎。 育ちが良すぎて世情に疎いのが玉に傷。 弱きを助け悪しき鬼を華麗に退治する、高橋英樹主演の痛快時代劇の一編。ある晩、桃太郎(高橋英樹)が通りを歩いていると良い女がいると声をかけられる。最初は断るも、武家の妻女と聞いて気になった桃太郎は会いに行き、現れた女・津和にこんなことはやめてほしいと頼む。翌日、つばめが桃太郎の帳簿をつけていると2分足りない。本人に確かめるも、口を濁らせるばかり。家に女物の傘があったこともあり、何かあるとつばめは勘繰り始める。後日、桃太郎が剣術の鍛錬をしていると、偶然にも津和がやって来て…。【この項、BS日テレ広報資料より引用】」【役名(演技者)】桃太郎(高橋英樹)、彦助(谷村昌彦)、玉川つばめ(野川由美子)、大八親方(鈴木瑞穂)、仁兵ヱ(深江章喜)、お光(西川ひかる)、おえい(関悦子)、とん太(北野清治)。
キー局 NTV 放送曜日 放送期間 1978/11/05~1978/11/05
放送時間 21:00-21:54 放送回数 1 回 連続/単発 連続
主な出演 高橋 英樹谷村 昌彦野川由美子鈴木 瑞穂深江 章喜西川ひかる関  悦子北野 清治、(以下、非レギュラー加賀まりこ片桐 竜次北原 義郎近藤  宏大木 晤郎松本 泰郎遠山金次郎黛  康三星野美恵子紅 かおる大城  泰有島 淳平内藤 康夫藤山  良西山 清孝細川 純一、(擬斗:土井淳之祐
主な脚本 和久田正明
主なプロデューサ 加賀 義二小沢啓一郎橋本 慶一
主な演出 (監督:田中 徳三)(助監督:久郷 久雄)(記録:石田 芳子
原作 山手樹一郎
局系列 NNN
制作会社 (制作:東映(東映京都テレビプロダクション)、NTV)
制作協力 (協力:アイウエオ企画)
制作 (進行主任:河野 荘一)(演技事務:上ノ山 敏)
企画 加藤 教夫渡辺 洋一
音楽 木下 忠司、(整音:浜口十四郎)(邦楽監修:中本 敏生
主題歌 三波 春夫「桃太郎侍の歌」(作詞:三波 春夫、作曲:平尾 昌晃、編曲:小谷  充)(テイチクレコード
撮影技術 平山 善樹、(照明:林  春海)(録音:矢部 吉三)(編集:岩本 光司)(計測:山口 鉄雄)(現像:東洋現像所
美術 角井  博、(衣裳:米田  稔)(美粧:河田 福司)(結髪:河野 節子)(装置:曽根美装)(装飾:門明  淳)(小道具:高津商会

Tag Cloud

桃太郎 高橋英樹 谷村昌彦 山手樹一郎 つばめ 野川由美子 和久田正明 勘繰る 濁らせる 鈴木瑞穂 高橋英樹主演 女物 剣術 おえる 北野清治 武家 仁兵ヱ とぶ 加賀義二 彦助 将軍家斉 疎い 退治 世情 育ち 断る 落胤 歩く やって来る 小沢啓一郎

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供