• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ桃太郎侍(第102回)さらば上方屋

将軍家斉の御落胤でありながら、気ままな浪人暮らしの桃太郎。 育ちが良すぎて世情に疎いのが玉に傷。 弱きを助け悪しき鬼を華麗に退治する、高橋英樹主演の痛快時代劇の一編。ある晩、つばめ(野川由美子)とすずめ(西川峰子)が銭湯帰りに追い剥ぎに遭うが、全くの素人で逆につばめに捕まえられてしまう。事情を聞くと名は長吉(頭師佳孝)と言い、浪花屋の主人(天王寺虎之助)と娘と上方から来たものの1ヵ月が過ぎ、宿賃が無くなりやってしまったと言う。同情した桃太郎(高橋英樹)たちがお金を出し合うと、感動した長吉は主人に一部始終を話し、主人は3年前に家を出た息子を捜しに来たのだと桃太郎たちに相談。そこで似顔絵を書いてもらうと…。【以上、BS日テレ広報資料より引用】協力:高津商会。【役名(演技者)】桃太郎・松平備前守(高橋英樹)、玉川つばめ(野川由美子)、蛙の田之助(山城新伍)、玉川すずめ(西川峰子)、文七(青木義朗)、熊造(茶川一郎)、おはる(玉川スミ)、仁兵ヱ(深江章喜)、おふう(杉村留美子)、おみよ(吉本真由美)、お兼(南条みづ江)、とん太(北野清治)、おまあ(奈三恭子)、長吉(頭師佳孝)、塚本三太夫(高木淳一)、堀井玄蕃(木村元)、浪花屋(天王寺虎之助)、坂上伊予守(高桐真)。
キー局 NTV 放送曜日 放送期間 1978/09/24~1978/09/24
放送時間 21:00-21:54 放送回数 1 回 連続/単発 連続
主な出演 高橋 英樹野川由美子山城 新伍西川 峰子仁支川峰子)、青木 義朗茶川 一郎玉川 スミ深江 章喜杉村留美子吉本真由美吉本真由み)(クレジット表示では「吉」の「士」は「土」)、南条みづ江北野 清治、(以下、非レギュラー奈三 恭子頭師 佳孝高木 淳一高城 淳一)、木村  元天王寺虎之助高桐  真(クレジット表示では「高」は「はしご高」)、芝本  正毛利 清二疋田 泰盛丸平 峯子藤川  弘、(擬斗:土井淳之祐
主な脚本 野波 静雄
主なプロデューサ 加賀 義二小沢啓一郎田村  嘉
主な演出 (監督:山下 耕作)(助監督:尾田耕太郎)(記録:牛田二三子
原作 山手樹一郎
局系列 NNN
制作会社 (制作:東映(東映京都テレビプロダクション)、NTV)
制作協力 (協力:アイウエオ企画)
制作 (進行主任:丸本  晃)(演技事務:上ノ山 敏)
企画 加藤 教夫渡辺 洋一
音楽 木下 忠司、(整音:浜口十四郎)(邦楽監修:中本 敏生
主題歌 三波 春夫「桃太郎侍の歌」(作詞:三波 春夫、作曲:平尾 昌晃、編曲:小谷  充)(テイチクレコード
撮影技術 羽田 辰治、(照明:岡田 耕二)(録音:矢部 吉三)(編集:岩本 光司)(計測:佐賀  彰)(現像:東洋現像所
美術 塚本 隆治、(衣裳:米田  稔)(美粧:河田 福司)(結髪:河野 節子)(装置:曽根美装)(装飾:後藤 博敏

Tag Cloud

高橋英樹 野川由美子 長吉 山手樹一郎 西川峰子 浪花屋 天王寺虎之助 主人 頭師佳孝 高木淳一 つばめ 野波静雄 杉村留美子 まあ 銭湯帰り 桃太郎 山城新伍 すずめる 出し合う 来る 木村元 桃太郎・松平備前... 高津商会 加賀義二 遭う お金 将軍家斉 疎い 世情 育ち

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供