• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ桃太郎侍(第74回)フグの毒より怖い罠(「罠」にルビ「わな」が付く)

高橋英樹主演の『桃太郎侍』(放送期間:1976/10/03~1981/09/27、全258回)の第74話。「将軍家斉の御落胤でありながら、気ままな浪人暮らしの桃太郎。育ちが良すぎて世情に疎いのが玉に傷。弱きを助け、悪しき鬼を華麗に退治する、高橋英樹主演の痛快時代劇の一編。上方屋がフグ料理を始めると、美味しいと店が大繁盛。ところが同心の志村がフグを食べて死んだとして熊造が奉行所に連れて行かれてしまう。桃太郎が志村の屋敷を訪ねてみると目の見えない志村の娘お妙が一人でいた。お妙の協力を得て調べ始めた桃太郎だが、お妙が父の葬儀を終えて帰宅すると家が荒らされていた。何かを捜した跡があり、お妙は父親から自分に何かあった際は目付に届けるようにと預かったものがあることを思い出す。【この項、BS日テレ広報資料より引用】」協力:京都 大覚寺。【役名(演技者)】桃太郎(高橋英樹)、玉川つばめ(野川由美子)、文七(青木義朗)、熊造(茶川一郎)、おはる(玉川スミ)、仁兵ヱ(深江章喜)、おみよ(吉本真由美)、お兼(南条みづ江)、かん平(桂小かん)、忠八(土田嘉男)、忠吉(横光克彦)、妙(岐邑美沙子)、大久保大膳(遠藤征慈)、志村源次郎(高城淳一)、阪東妥女(剣持伴紀)、村井(大木正司)。
キー局 NTV 放送曜日 放送期間 1978/03/12~1978/03/12
放送時間 21:00-21:54 放送回数 1 回 連続/単発 連続
主な出演 高橋 英樹野川由美子青木 義朗茶川 一郎玉川 スミ深江 章喜吉本真由美吉本真由み)(クレジット表示では「吉」の「士」は「土」)、南条みづ江桂 小かん、(以下、非レギュラー土田 嘉男横光 克彦岐邑美沙子遠藤 征慈高城 淳一(クレジット表示では「高」は「はしご高」)、剣持 伴紀大木 正司成瀬  正市川男女之助奈辺  悟、(特技:宍戸 大全)(擬斗:土井淳之祐
主な脚本 野波 静雄
主なプロデューサ 加賀 義二小沢啓一郎田村  嘉
主な演出 (監督:斎藤 武市)(助監督:西垣 吉春)(記録:長岡 君枝
原作 山手樹一郎
局系列 NNN
制作会社 (制作:東映(東映京都テレビプロダクション)、NTV)
制作協力 (協力:アイウエオ企画)
制作 (進行主任:丸本  晃)(演技事務:上ノ山 敏)
企画 加藤 教夫渡辺 洋一
音楽 木下 忠司、(整音:浜口十四郎)(邦楽監修:中本 敏生
主題歌 三波 春夫「桃太郎侍の歌」(作詞:三波 春夫、作曲:平尾 昌晃、編曲:小谷  充)(テイチクレコード
撮影技術 羽田 辰治、(照明:佐々木政一)(録音:高井 唯夫(正しくは「高」は「はしご高」))(編集:上野 五男)(計測:山口 鉄雄)(現像:東洋現像所
美術 塚本 隆治、(衣裳:米田  稔)(美粧:河田 福司)(結髪:河野 節子)(装置:曽根美装)(装飾:清原 和雄

Tag Cloud

志村 桃太郎 山手樹一郎 野川由美子 高橋英樹 土田嘉男 熊造 野波静雄 忠八 高橋英樹主演 青木義朗 フグ 目付 玉川つばめ 上方屋 村井 美味しい かん平 みよ 加賀義二 玉川スミ 協力 帰宅 終える 将軍家斉 思い出す 茶川一郎 疎い 世情 育ち

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供