• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ赤い絆

山口百恵、国広富之主演で、恋人たちが障害を乗り越え愛を育てていく姿を血縁という「赤い絆」を軸に描く『赤』シリーズ第6作。生みの母が娼婦であったことを知り悩んだあげく養父母の家を出た恵子。荒んだ生活を送るようになった彼女は、ある日、外務省で働くエリート・信夫に出会い愛しあうようになる。しかし、信夫には婚約者があり、しかも、その婚約者は恵子の母親が後妻として嫁いだ男の娘・真砂子だった…。【以上、ホームドラマチャンネル広報資料より引用】。「最終回(第28話)の翌週に、総集篇「聖家族」が放送されている。【この項、文・K】」各話のサブタイトル:第1話「雨の朝のめぐり逢い」、第2話「秘められた過去」、第3話「鉄格子の彼方へ」、第4話「あなたの愛をありがとう」、第5話「判決下る!愛と憎しみの中で」、第6話「禁じられた愛に燃えた」、第7話「雪の日の衝撃」、第8話「砂の上のしあわせ」、第9話「私は母の愛の証し」、第10話「開かれる謎の扉」、第11話「その人の名は言えない」、第12話「ふたりだけの結婚」、第13話「引き裂かれた二人の夜」、第14話「あなたのために耐えぬきます」、第15話「二人で進もう茨の道を」、第16話「偽りの華燭」、第17話「父と母のいまわしい過去」、第18話「母よ!ただ一人の母よ」、第19話「憎むべき男、その人は父!」、第20話「春の朝、海に消えた」、第21話「巡りあった老婆の秘密」、第22話「消えた家系が今よみがえる」、第23話「運命の祖母・母・娘」、第24話「闇からの声が私を呼んだ」、第25話「暗い海に叫ぶ老船員」、第26話「二人を引き裂く新たな復讐!」、第27話「復讐の矢は弦を放れた」、最終回「若き絆の旅立ち」。提供・サントリー、花王石鹸、日立。一部資料では全29回と記載されている。一部資料では1978/06/16放送終了と記載されている。
キー局 TBS 放送曜日 放送期間 1977/12/02~1978/06/09
放送時間 21:00-21:55 放送回数 28 回 連続/単発 連続
主な出演 山口 百恵(1)-(28)、国広 富之(1)-(28)、左  幸子(1)-(12)(14)(16)-(26)(28)、井川比佐志(2)-(8)(10)(12)-(28)、石橋 正次(2)-(5)(8)(10)-(13)(15)(17)(19)(20)(24)(25)(27)(28)、鈴木 瑞穂(1)(2)(4)-(6)(9)-(11)(14)-(22)(24)-(28)、高橋 昌也(1)-(11)(13)-(28)、真屋 順子(1)-(11)(13)-(28)、夏  純子(4)-(7)(10)-(13)(15)(17)(19)(24)-(26)(28)、岡 まゆみ五十嵐まゆみ)(1)-(18)(21)-(26)(28)、石立 鉄男(1)-(16)(18)-(28)、小夜 福子(21)-(27)、宮口 精二(24)-(28)、安部  徹(13)-(17)(19)(22)、夏  夕介(1)-(11)(13)-(23)(25)-(28)、大石 悟郎第23話より大石 吾朗)(2)-(20)(22)(23)(25)-(27)、長谷川 諭(1)-(19)(21)-(23)(25)-(28)、千歩 憲生(8)(14)(16)、島村 卓志(8)(14)(16)、久米 冬太(5)(16)、草薙 良一(16)、泉 よし子(16)(17)(19)、園 佳也子(1)-(4)(12)、小林 昭二(1)-(4)(12)、斎藤 友子斉藤 友子斉藤とも子斎藤とも子)(1)-(4)(12)(14)、山本百合子(1)(3)(4)(6)(8)(10)-(12)(14)(27)、舛田 紀子(1)-(4)(6)(8)(11)(12)(14)(15)(27)、佐久間宏則(1)-(4)(6)-(9)(15)(19)(20)、曽根 孝志(1)-(4)(7)(8)、伊藤  健(2)(26)、藤木 敬士(3)(8)(13)-(15)(17)(20)-(22)(26)-(28)、多田 幸雄(3)(4)、森下 京子(3)(6)(7)(10)(11)(18)、中島  元(4)(5)、入江 正徳(4)(5)、岩城 和男(4)(5)、福崎 和宏(5)(8)、竹口安芸子(5)(6)(9)(13)(14)(17)、岡田 和子(6)(7)、金子 勝美(6)(7)、北島 京子(6)(7)、門間 勝美(6)(7)、諸角 憲一(17)(18)、たくみさよ(18)(21)、蒲原 敏明(18)(19)(21)(22)(23)(28)、酒井  努(18)(21)(22)(23)(25)(28)、井上 清和(18)(19)(21)(22)(23)(28)、渡辺  厳(26)(27)、大木 正司(27)(28)、(以下ゲスト)桜庭美和子(1)、日笠 潤一(1)、久遠 利三(2)、井上三千男(2)、飯田テル子(2)、水橋 和夫(2)、町田 幸夫(2)、松田 茂樹(2)、松浪 志保(3)、西  朱実(3)、真山 碩文(3)、川合 伸旺(4)、大木 史朗(4)、星   一(4)、岡田 道郎(4)、桑原 一人(4)、安井真樹子(4)、原   泉(5)、吉岡ひとみ(5)、鶴間 エリ(5)、○沢 憲治(5)、風間 文野(6)、川畑 恵子(6)、西本良治郎(6)、外山 高士(8)、半田 晶子(8)、松島 真一(8)、磯村千花子(9)、ひろ 新子(9)、松尾 文人(9)、大野富久代(9)、謝  秀容(9)、丹羽たかね(11)、西国 成男(11)、小沢 忠臣(11)、丸山 詠二(11)、広田 正光(11)、刀原 章光(11)、中村美代子(12)、石光  豊(12)、永井 玄哉(12)、西本 裕行(13)、未吉 満子(13)、勝田  久(13)、佐々木梨里(14)、関  悦子(14)、檜 よしえ(15)、宮田  光(15)、西原 ゆう(15)(17)、吉田 昌雄(15)、遊佐ナオ子(16)、岸野 一彦(16)、大阪  憲(16)、伊東あつ子(16)、井上 正彦(16)、由利 恵子(16)、鈴木 弘一(16)、佐瀬 陽一(16)、沢柳 迪子沢柳 廸子)(17)、飯田 悦子(17)、宇乃 壬麻(17)、近松 敏夫(17)、市川  勉(17)、堀  之紀(17)、三崎  仁(17)、高野 真二(18)、三上  剛(18)、永井 政春(18)、栗原  敏(19)、高山  彰(20)、本田博太郎(20)、吾桐 芳雄(20)、後藤 哲夫(20)、三沢ともこ(22)、相沢 治夫(24)、進藤  幸(24)、神戸 泰子(24)、高橋 園美(24)、沙川由惟子(24)、茂木ひろみ(24)、相沢 治夫(25) 、春田三三男春田 純一)(25) 、益田 哲夫益田 てつ)(25)、兼松  隆(26)、三浦  伸(26)、村上 幹夫(28)、浅沼 晋平(28)、川谷 和也(28)、志水 良雄(28)、JACジャパン・アクション・クラブ)(6)(9)(15)(27)、劇団ひまわり(15)、(ナレーター・城  達也
主な脚本 佐々木 守(1)-(3)(6)-(8)(11)-(13)(16)-(19)(24)(25)(27)(28)、長野  洋(4)(5)(9)(10)(15)(21)(22)(26)、今井 詔二(6)(8)(10)-(14)(16)(20)-(23)(25)(26)
主なプロデューサ 春日 千春野添 和子山本 典助(TBS)、(プロデューサー補・小林 重隆
主な演出 (監督・富本 壮吉(1)(3)(5)(6)(8)(10)(12)(15)(17)(19)(21)(25)(28)、野村  孝(2)(11)(14)(16)(18)(20)(22)(24)(27)、降旗 康男(4)(7)(9)(13)、岡本  弘(23)(26))(助監督・岡本  弘)(記録・小林 日出
局系列 JNN
制作会社 大映テレビ、TBS
制作協力 (協力・ホリプロダクション)
制作 (進行・原田 良彦)(製作主任・南條 記良)(デスク・荒川  洋)
音楽 菊池 俊輔菊地 俊輔…誤り)、(選曲・太田 正一)(効果・東洋音響
主題歌 山口 百恵「赤い絆レッド・センセーション)」(作詞・松本  隆、作曲・平尾 昌晃
撮影技術 浅井 宏彦、(照明・北爪  勇)(録音・新川 昌史辻井 一郎)(編集・本間 元治)(現像・東洋現像所
美術 仲 美喜雄、(衣裳・東京衣裳)(タイトル・デン・フィルム・エフェクト)

Tag Cloud

山口百恵 国広富之 引き裂く 恵子 左幸子 婚約者 佐々木守 復讐 総集 消える 証す 鉄格子 放れる いまわしい 長野洋 養父母 家系 最終 血縁 娼婦 憎しみ 憎む 判決 資料 花王石鹸 記載 石橋正次 後妻 春日千春 今井詔二

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供