• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ桃太郎侍(第59回)岸うつ波に母の声

高橋英樹主演の『桃太郎侍』(放送期間:1976/10/03~1981/09/27、全258回)の第59話。「将軍家斉の御落胤でありながら、気ままな浪人暮らしの桃太郎。育ちが良すぎて世情に疎いのが玉に傷。弱きを助け、悪しき鬼を華麗に退治する、高橋英樹主演の痛快時代劇の一編。長屋に越してきたおさい婆さん(菅井きん)は島送りにされた一人息子の帰りを10年間待ち続けていた。おさい婆さんの夫である大和屋は抜け荷の罪で獄門(晒し首)になり、娘は島屋に身売りされた挙句自殺していたのだ。与之助(藤岡琢也)が聞いた噂によると、大和屋が潰れるとすぐに島屋(伊沢一郎)が公儀御用達になり島屋にはめられたらしい。文七(青木義朗)が調べると、大和屋は抜け荷の品は島屋から預かったものだと奉行所に申し立てていた。【この項、BS日テレ広報資料より引用】」【役名(演技者)】桃太郎(高橋英樹)、玉川つばめ(野川由美子)、雉の与之助(藤岡琢也)、達磨の忠次(金子信雄)、文七(青木義朗)、仁兵ヱ(深江章喜)、おはる(玉川スミ)、お兼(南条みづ江)、おみよ(吉本真由美)、かん平(桂小かん)、大和屋おさい(菅井きん)、青山下野守(早川雄三)、島屋幸兵ヱ(伊沢一郎)、彦次郎(鈴木誠一)、三次(井上茂)、田川(北野清治)、番頭(森源太郎)、お俊(上田ひとみ)。【出典:ドラマ本体のクレジット表示より採録(採録:古崎康成)】
キー局 NTV 放送曜日 放送期間 1977/11/20~1977/11/20
放送時間 21:00-21:54 放送回数 1 回 連続/単発 連続
主な出演 高橋 英樹野川由美子藤岡 琢也金子 信雄青木 義朗深江 章喜玉川 スミ南条みづ江吉本真由美吉本真由み)、桂 小かん、(以下、非レギュラー菅井 きん早川 雄三伊沢 一郎鈴木 誠一井上  茂北野 清治森 源太郎上田ひとみ、(特技:宍戸 大全)(擬斗:土井淳之祐
主な脚本 野波 静雄
主なプロデューサ 加藤 教夫小沢啓一郎田村  嘉
主な演出 (監督:田中 徳三)(助監督:西垣 吉春)(記録:篠  敦子
原作 山手樹一郎
局系列 NNN
制作会社 (制作:東映(東映京都テレビプロダクション)、NTV)
制作協力 (協力:アイウエオ企画)
制作 (進行主任:河野 荘一)(演技事務:上ノ山 敏)
企画 梅谷  茂渡辺 洋一
音楽 木下 忠司、(整音:浜口十四郎)(邦楽監修:中本 敏生
主題歌 三波 春夫「桃太郎侍の歌」(作詞:三波 春夫、作曲:平尾 昌晃、編曲:小谷  充)(テイチクレコード
撮影技術 羽田 辰治、(照明:林  春海)(録音:田中 峯生)(編集:上野 五男)(計測:山口 鉄雄)(現像:東洋現像所
美術 塚本 隆治、(衣裳:米田  稔)(美粧:河田 福司)(結髪:河野 節子)(装置:曽根美装)(装飾:窪田  治

Tag Cloud

島屋 大和屋 高橋英樹 山手樹一郎 藤岡琢也 野川由美子 与之助 青木義朗 伊沢一郎 抜ける 菅井きん 野波静雄 さい婆さん 桃太郎 金子信雄 森源太郎 高橋英樹主演 申し立てる 獄門 公儀御用達 田川 井上茂 かん平 越す 一人息子 預かる 梅谷茂 長屋 将軍家斉 退治

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供