• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ三男三女婿一匹(1)

東京・上野の不忍池近くにある病院の大家族が、繰り広げる人間くさいふれあいを描く。「「婿一匹」という言葉は、夜、いい気分でお酒を飲んでいたどこかの婿さんから、「一匹とは何だアッ、馬鹿にするなッ」とお叱りの電話をいただいたが、当時昇ってくる太陽のようなパワーを内蔵した西田敏行さんの婿さんはやるせなく、森繁さんが面白くて仕様がない表情でいびるので、一番のみどころとなり、いつの間にか文句の電話も葉書も皆無になってしまった。【この項、武敬子・著「たけさんのプロデューサー物語」(朝日新聞社刊、1988年)より引用】」【演技者:役名】森繁久彌:桂大五郎、井上 順:桂健太郎、新 克利:桂啓介、西田敏行:野中和之、泉ピン子:野中すみれ、古谷一行:上原得三郎、あべ静江:塩谷弓子、山岡久乃:桂政江、本庄和子:母親、杉村春子:村山冬子、池上季実子:塩谷君子、加藤健一:桂英世、初井言榮:石川絹代、井上聡子:花島トク子、石井富子:母親、堀内正美:川村進、前沢保美:看護婦、里木左甫良:患者、福地悟郎:患者、加川三起:女、松本ちえこ:村山愛、財津一郎:宝井隆史、和久井節緒:患者A、奥村公延:患者B、藤田ゆみ:看護婦、高畑淳子:看護婦、佳島由季:芸者、宝井隆史:財津和夫。【参考文献:書籍「日本タレント名鑑'81」(1980/12/30、VIPタイムズ社発行)[秋山裕美・大森暁美の項]】
キー局 TBS 放送曜日 放送期間 1976/10/05~1977/04/19
放送時間 21:00-21:55 放送回数 29 回 連続/単発 連続
主な出演 森繁 久彌森繁 久弥)(1)(5)(7)、山岡 久乃(1)(7)、あべ 静江(1)(5)(7)、杉村 春子(5)(7)、松本ちえこ(5)(7)、西田 敏行(1)(5)(7)、古谷 一行(1)(5)(7)、岩井 友見坂口 良子泉 ピン子(1)(5)(7)、研 ナオコ新  克利(1)(5)(7)、井上  順(1)(5)(7)、財津 一郎(7)、堀内 正美(1)、池上季実子(1)(5)(7)、加藤 健一(1)(5)、初井 言栄初井 言榮)(1)(5)(7)、井上 聡子(1)(5)(7)、石井 富子石井トミコ)(1)、前沢 保美(1)(5)(7)、里木左甫良(1)、福地 悟郎(1)、加川 三起加川 友里鳳  芳野)(1)、藤田 ゆみ(1)(5)(7)、高畑 淳子(1)、里木佐甫良里木 三郎)(1)、本庄 和子(5)、和久井節緒(7)、奥村 公延(7)、佳島 由季(7)、財津 和夫秋山 裕美未確認)、大森 暁美未確認)、劇団いろは(1)(5)(7)、エンゼルプロ(1)(5)(7)
主な脚本 高橋 玄洋(1)(14)、市川 森一(13)(21)
主なプロデューサ 武  敬子
主な演出 脇田 時三(1)(7)(13)(14)(21)、本多 勝也橋本 信也(5)
局系列 JNN
制作会社 テレパック、TBS
音楽 杉田 二郎柳田 ヒロ
主題歌 杉田 二郎「僕たちの箱舟」

Tag Cloud

森繁久彌 宝井隆史 看護婦 山岡久乃 松本ちえこ 西田敏行 あべ静江 高橋玄洋 患者 患者B 塩谷君子 上原得三郎 村山愛 患者A 石川絹代 桂健太郎 桂政江 花島トク子 柳田ヒロ 市川森一 内蔵 杉田二郎 電話 井上聡子 母親 財津和夫 財津一郎 池上季実子 古谷一行 本多勝也

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供