• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ隠密剣士突っ走れ!

「隠密剣士」を改題して継続させた作品。撮影所を京都から東京に移したのを機会に、題名も改題したという。「伊上勝評伝」(2011年、井上敏樹・竹中清著、徳間書店刊)では、放送期間1974/01/13~1974/03/31と記載されているが、この期間だと12週しかなく、放送回数全14回という記述と矛盾する。
キー局 TBS 放送曜日 放送期間 1973/12/30~1974/03/31
放送時間 19:00-19:30 放送回数 14 回 連続/単発 連続
番組名 タケダアワー
主な出演 荻島 真一荻島 眞一)(1)-(14)、牧  冬吉(1)-(14)、山瀬  洋(1)-(14)、久保田鉄男(1)(4)(9)(14)、永野 明彦(1)(2)(4)(6)、荻原  紀(1)(2)(6)-(12)(14)、車  邦秀(5)(7)(8)(14)、(以下、非レギュラー千波丈太郎(1)、湊  俊一(1)、新井 一夫(1)、桜木 健一櫻木 健一)(1)、大宮 幸悦(2)(11)(12)、星野富士夫(2)、佐藤 勝貫(2)、城所 英夫(2)、藤木  卓(2)、有馬 昌彦(2)、水沢 アキ(2)、手塚 茂夫(3)、外山 高士(3)、青沼 三朗(3)、酒井 清春(3)(5)、西山 健司(3)、浅田美代子(3)、宮口 二郎宮口 二朗)(4)、上原ゆかり(4)、神田 正夫(4)、安田  孝(4)、野村 真樹(4)、中田 博久(5)、中津川みなみ(5)、吉本由里子(5)、東  龍明東  隆明)(5)、篠田 三郎(5)、美川陽一郎(6)、大月ウルフ(6)、石川  敏(6)、高峰 圭二(6)、上野山功一(7)、菅沼  赫(7)、大多和幸伸(7)、三善 英史(7)、佐藤 京一(8)、三草由里子(8)、西尾  徳(8)、浅井 鉄夫(8)、筒井 勝治(8)(14)、岡崎 友紀(8)、梅津  栄(9)、星  光子(9)、阿蘇 里見(9)、土屋  勉(9)、藤間 文彦(9)、潮  哲也(10)、梶  健司(10)、秋元 羊介(10)、戸塚  孝(10)、奈良富士子(10)、三角 八郎(11)(12)、大下 哲夫(11)(12)、石井 聖孝(11)(12)、寺田富士雄(11)(12)(14)、ゆうきみほ(11)(12)、山田 雅英山田 雅秀)(13)、広瀬登美子(13)、丘路  千(13)、鈴木 康弘(13)、蓑和田良太簑和田良太)(13)、藤長 照夫(13)、和田 昌也(13)、久富 惟晴(13)、天津  敏(13)(14)、池田 駿介(14)、牧  れい(14)、(特技:宍戸 大全)(ナレーター:田口  計藤崎 照彦
主な脚本 伊上  勝(1)-(5)(7)(10)(14)、佐々木 守阿井 文瓶葉村 彰子
主なプロデューサ 小林 隆吉田村 正蔵池田 利次(東映)、橋本 洋二(TBS)
主な演出 (監督:外山  徹ゆあさのりあき湯浅 憲明)、鎌田 房夫)(助監督:倉橋 昭彦下村 善二山下  稔福田 正博矢田 清己)(殺陣:高倉 英二若駒プロ菅原 俊夫東映剣会))(記録:堀 ヨシ子吉下 清子高橋たつ子
局系列 JNN
制作会社 (製作:宣弘社プロダクション、TBS)
制作協力 国際放映、東映京都制作所
制作 (制作担当:水谷  務)(制作主任:大橋 和男、鈴木 道朗)(進行主任:上田耕太郎)
企画 小林 利雄西村 俊一
音楽 小川 寛興、(録音:アオイスタジオ)(効果:イシダサウンドプロリーダース)(邦楽監修:松岡  茂
撮影技術 小川大次郎並河 孝治、(照明:山田 和夫吉野 典明井上 義一)(録音:星  一郎(アオイスタジオ)、加藤 正行)(編集:小出 良助西村 政治)(現像:東洋現像所
ビデオ DVD:ビクターエンタテインメント
美術 池谷 仙克前田  清、(装飾:松本 義治斉藤 英世関西美工)(結髪:川口かつら店東和美粧)(衣裳:大和衣裳東京衣裳)(装置:青木 茂雄)(タイトル:日映美術)(操演:沼里企画)(小道具:高津映画装飾

Tag Cloud

荻島真一 牧冬吉 山瀬洋 改題 伊上勝 伊上勝評伝 田村正蔵 井上敏樹・竹中清 小林隆吉 徳間書店刊 佐々木守 永野明彦 久保田鉄男 隠密剣士 撮影所 矛盾 題名 期間 移す 小林利雄 記述 阿井文瓶 機会 西村俊一 継続 藤木卓 星野富士夫 池田利次 放送回数 佐藤勝貫

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供