• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データさよなら・今日は(さよなら今日は、さよなら、今日は、さよならこんにちは、さようなら・今日は!)

日本テレビ開局20周年記念番組。「東京の新宿に住むサラリーマンの一家を中心に、家族たちのもつれや、彼らが仕事や街角で知り合った人たちとの心のふれあいを毎回完結で描くホームドラマ。しばらく仕事を遠ざかっていた原田芳雄をはじめ浅丘ルリ子、栗田ひろみ、山田五十鈴、森繁久弥、山村聡らが出演する。【この項、毎日新聞1973/10/06付より引用】」心臓病に苦しむ女の子役で栗田ひろみが出演。映画「夏の妹」でデビューした栗田の本格的テレビドラマ第一弾。とくに柱となるストーリーを作らずに散文的にドラマを描いた点が斬新といわれる。なお、主題歌にビリーバンバン「さようならをするために」と記載しているドラマ資料があるが誤り。この曲は「三丁目四番地」の主題歌だったという。「ドラマの最初は、みどり(中野良子)の詩的モノローグでしたね。「さようならと言って 別れを予感するのは あなたの愛・・・」で始まる一節は、けっこう憶えてます。【この項、文・nagisarei】」「男性ですが、46才の今でも心に深く残っています。最終回の再放送をテープに残しました。取り壊される家にみんなが集まり、それぞれ家の思い出を語り合います。愛する東京23区をひとつひとつ上げてゆきます。日本海に旅立った緒方健からの手紙を浅丘ルリ子が読んでいます。場面は日本海の海岸……(関西弁で)「夏子さん、…ありがとう…「花に嵐の例えもあるぞ。さよならだけが人生さ」僕のすきな言葉です。さようなら、本当にさようなら。そして又会えるときにこんにちは。」そして家を取り壊わすブルドーザーの音でドラマは閉じます。【この項、文・tee(2003/03執筆)】」「織田あきらのテレビドラマ初出演作。【この項、文・のよりん】」
キー局 NTV 放送曜日 放送期間 1973/10/06~1974/03/30
放送時間 21:00-21:55 放送回数 連続/単発 連続
番組名 グランド劇場
主な出演 浅丘ルリ子(1)、山村  聡山村  聰)(1)、原田大二郎小鹿 みき小鹿 ミキ)、栗田ひろみ(1)、中野 良子(1)、緒形  拳緒方  拳…誤り)、山口  崇林  隆三水野 久美原田 芳雄大原 麗子加東 大介山田五十鈴藤村 俊二団  次郎団  時朗)、名和真由美、(以下ゲスト)緑  魔子朝倉 理恵浅倉 理恵桜井 妙子)、森繁 久彌森繁 久弥)、森  光子中村 是好織田あきら近藤  準土井かつえ加東 大介
主な脚本 林  秀彦(1)、清水 邦夫(1)
主な演出 石橋  冠(1)(4)(15)(17)(18)(23)、吉野  洋(3)(10)(74/01/12)(16)
局系列 NNN
音楽 坂田 晃一
主題歌 まがじん「愛の伝説」(作詞・万里村ゆき子(一部資料では、岩谷 時子)、作曲・編曲・坂田 晃一)、(挿入歌・朝倉 理恵浅倉 理恵)「さよなら今日は」(作詞・安井かずみ、作曲・編曲・坂田 晃一)、まがじん「すみれいろの黄昏」(作詞・岩谷 時子、作曲・編曲・坂田 晃一))
HP

Tag Cloud

浅丘ルリ子 栗田ひろみ 山村聡 日本海 林秀彦 清水邦夫 主題歌 原田大二郎 緒方健 女の子役 原田芳雄 ドラマ ひとつひとつ 出演 街角 仕事 家族たち 心臓病 東京 会える 出演作 吉野洋 石橋冠 新宿 記念番組 森繁久弥 織田あき 小鹿みき ふれあう 苦しむ

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

FaceBook

クチコミ

ユーザレビュー

関連ブログ

ドラマデータ提供