• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データボクは女学生

地方都市の青年・清水二郎(北公次)は両親が飛行機事故で亡くなったが、祖父が創立した清水病院の院長の家に引き取られて明るく活発に生きている。そんなとき、二郎が通う高校が、経営不振で院長の娘・アカネの通う女子校に吸収された。学園は女と男の対決の場と化した。ウーマンリブ運動盛んな時代背景の元で制作された。フォーリーブスの北公次の単独初主演作品。また北公次の相手役募集が行われ、5300人の応募の中から大竹しのぶ、木村理恵をはじめ11人の共演者が選ばれた。【参考文献:大山のぶ代著「ぼく、ドラえもんでした。」(2006/06/20、小学館刊)】
キー局 CX 放送曜日 放送期間 1973/10/05~1974/03/29
放送時間 19:00-19:30 放送回数 25 回 連続/単発 連続
主な出演 北  公次木村由貴子吉田 次昭進士 晴久大竹しのぶ郷 ひろみ(1)、フォーリーブス青山 孝史江木 俊夫おりも政夫)(ゲスト)、小野ひずる小野ひづる)、木村 理恵大山のぶ代
主な演出 (監督・児玉  進
局系列 FNN

Tag Cloud

北公次 木村由貴子 院長 フォーリーブス 吉田次昭 大竹しのぶ 青年・清水二郎 娘・アカネ 清水病院 相手役募集 通う 吸収 共演者 飛行機事故 進士晴久 創立 単独 木村理恵 女子校 主演作品 時代背景 化す 地方都市 応募 二郎 学園 対決 引き取る 祖父 亡くなる

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

FaceBook

クチコミ

ユーザレビュー

関連ブログ

ドラマデータ提供