• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ田園交響楽(ジイドの田園交響楽)

アンドレ・ジイドの名作を、舞台を北海道の有珠に移してドラマ化。倉本聰が脚本を手がけ、盲目の少女と周辺の人々の心のひだを丁寧に描いた異色作。身寄りのない盲目の少女・桐子は、牧師の家族に育てられ、手術を受けて目が見えるようになる。しかし彼女は初めて見た世界に戸惑い…。身寄りのない盲目の少女・桐子(仁科明子)は、牧師の木原(木村功)とその妻・律子(久我美子)に育てられ、汚れを知らずに成長した。彼女の想像する光の世界は、ただただ美しいものだった。目の手術を受けた桐子が開眼する日、木原は札幌の病院に出迎えに行った。だが、東京の大学に学ぶ息子の英介(山本亘)が一足早く桐子を迎えに来ていた。それは木原にとって気に入らないことだった。木原はいつの間にか、桐子を異性として愛するようになっていて…。仁科明子が本格的ドラマの主演に初挑戦。純粋な桐子の細やかな心の動きを見事に表現した。【以上、TBSチャンネル広報資料より引用】協力(クレジット表示では項目名の表記なし):三新工業、コールツ・プロダクション、東芝アンペックス。
キー局 HBC 放送曜日 放送期間 1972/10/29~1972/10/29
放送時間 21:30-22:26 放送回数 1 回 連続/単発 単発
番組名 東芝日曜劇場(第829回)
主な出演 木村  功久我 美子仁科 明子仁科亜季子)、山本  亘下条 正己下条 正巳下條 正巳)、村井  洋扇谷 治男扇谷  敏)、松井 信子(クレジット表示なし)、
主な脚本 倉本  聰倉本  聡
主なプロデューサ 甫喜本 宏
主な演出 守分 寿男
原作 アンドレ・ジイド
局系列 JNN
制作会社 (制作著作:HBC)
制作 (制作補:三村 道子)
音楽 冨田  勲富田  勲)、(音響:島  秀夫
撮影技術 (技術:佐々木俊幸)(映像調整:神代 雄彦)(カメラ:川島 国男)(照明:長野 州男)(音声:稲辺 由男)(VTR:岡田 幸雄
HP
美術 赤羽 真純、(美術進行:石戸谷芳広)(大道具:千場 和夫)(小道具:大石 正宣)(衣裳:田中 暁男)(化粧:湯原 涌子)(大道具製作:北海道美術センター

Tag Cloud

ジイド 木原 桐子 仁科明子 木村功 久我美子 少女・桐子 盲目 牧師 身寄り 山本亘 倉本聰 手術 コールツ・プロダ... 育てる 本格的ドラマ 一足 出迎え 汚れ 下条正己 世界 受ける 異色作 甫喜本宏 守分寿男 冨田勲 表記 学ぶ 表現 HBC

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供