• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ鉄平と順子(鉄兵と順子)

青い鳥を探し求めて放浪の旅を続ける若い男が美しい女性とめぐり会い、結婚する。1973/01/02は放送なし。「主人公の夫婦の成長の姿をより鮮明に描くため、原作にはない三組の新しい夫婦を設定した。鉄平(大和田伸也)にはイッピーのオデン屋夫婦、かつて恋人だった女の夫婦。順子には初恋の相手であった教授夫婦。また原作のラスト近くで、鉄平の親戚の祖母が死ぬ。テレビでは、主人公の父親が死ぬことになっている。夫婦には、常に無常感があり、それを描きたいという制作意図から、その無常感を主人公のより身近なところに置きたいための変更だそうだ。また、原作では鉄平と順子が結婚するまでの3年間の回想を挿入しながら物語がすすむが、テレビドラマでは視聴者に混乱させるので、回想シーンを第一話から第三話まで最初に持ってきている。その際、原作では三年間の交際で結婚し新婚旅行に旅立つが、ドラマでは図書館で知りあって二回目にプロポーズし、お互いに愛しあう努力をしようと決意し婚前旅行に出かける。そして数日後に結婚。【この項、「週刊TVガイド」(東京ニュース通信社刊)1972/11/03号より引用】」【参考資料:WEBサイト「国際放映」(2020/04/17閲覧、https://www.kokusaihoei.co.jp/database/tv/index.html)、書籍「劇団ひまわり30周年史」(1981/09/22発行、発行所:株式会社劇団ひまわり)】
キー局 NTV 放送曜日 放送期間 1972/10/03~1973/01/16
放送時間 21:00-21:30 放送回数 15 回 連続/単発 連続
番組名 火曜スペシャル
主な出演 大和田伸也松坂 慶子森本 レオ奈美 悦子寺田  農悠木 千帆初代)(樹木 希林)、荒牧 啓子有島 一郎小島 裕雅
主な脚本 市川 森一(1)-(15)
主な演出 (監督・番匠 義彰(1)(2)(5)(6)(9)(10)(13)(14)、窪川 健造(3)(4)(7)(8)(11)(12)(15))
原作 三浦 朱門「青い鳥を告発せよ」
局系列 NNN
制作会社 国際放映、NTV
音楽 牧野由多可
主題歌 コスモス「ふたりの青い鳥」

Tag Cloud

大和田伸也 鉄平 無常感 松坂慶子 原作 夫婦 結婚 順子 主人公 市川森一 教授夫婦 オデン屋夫婦 森本レオ 婚前旅行 死ぬ 放浪 奈美悦子 努力 祖母 混乱 初恋 プロポーズ 視聴者 牧野由多可 ラスト 設定 小島裕雅 出かける 寺田農 愛す

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供