• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ冠婚葬祭屋

財力も後ろ楯もない大学講師の息子がサラリーマンを辞め、冠婚葬祭のプロデュースを成功させる。【以上、東京ニュース通信社刊「向田邦子全仕事」より引用】。「生きているヒーロー 東映TVの30年」(1989年、講談社刊)では、放送期間1972/10/08~1973/04/01と記載されているが誤り。【役名(演技者)】万太郎(進藤英太郎)、亜紀(大信田礼子)、康子(賀原夏子)、太郎(長沢純)、友子(正司敏江)、勇介(正司玲児)、新郎(左とん平)、侑子(賀川雪絵)、源治(武藤英司)、節子(小野千春)、達夫(佐藤蛾次郎)、町田(村上不二夫)、とみ江(平野レミ)、奈美(津川透子)、主任(片山滉)、市川(木村修)、おばあさん(飯田てる子)、記者(榛名潤一、藤沢幸雄)、けい子(杉林陽子)、新婦(貝塚みさ子)、学生(野本博)、フーテン(落合和代、遠藤孝子、伊藤瑠美子)。【参考文献:武井崇氏「岸田森全仕事ホームページ」(http://shinkishida.web.fc2.com/)】【出典:ドラマ本体のクレジット表示より採録(採録:古崎康成)】
キー局 NET 放送曜日 放送期間 1972/01/08~1972/04/01
放送時間 20:00-20:56 放送回数 13 回 連続/単発 連続
主な出演 進藤英太郎(1)(4)、大信田礼子(1)(4)、賀原 夏子(1)(4)、長沢  純(1)(4)、正司 敏江(1)、正司 玲児(1)、左 とん平(1)、賀川 雪絵西  尋子賀川ゆき絵)(1)、武藤 英司武藤 英治)(1)(4)、小野 千春(1)(4)、佐藤蛾次郎(1)、村上不二夫(1)、平野 レミ(1)、津川 透子(1)、片山  滉(1)、木村  修(1)、飯田てる子飯田テル子)(1)、榛名 潤一(1)、藤沢 幸雄(1)、杉林 陽子(1)、貝塚みさ子(1)、野本  博(1)、落合 和代(1)、遠藤 孝子(1)、伊藤瑠美子(1)、潮  健児笠置シヅ子笠置シズ子)、中原 早苗(4)、工藤 明子(4)、岸田  森(4)、野村 明司尾棹 一浩野村 浩三)(6)、
主な脚本 津田 幸夫津田 幸於)(1)、瀬川 昌治(1)、永井 素夫(1)、林  強生(4)、向田 邦子(5)、西条 道彦
主なプロデューサ 佐伯  明吉川  進服部 尚雄(NET)
主な演出 (監督:瀬川 昌治(1)、畠山 豊彦(4))(助監督:広田 茂穂)(記録:照井 玲子
局系列 ANN
制作会社 (制作:東映、NET)
制作協力 (企画協力:東芸企画)
制作 (進行主任:藤田 政男)
音楽 小林 亜星
主題歌 大信田礼子「かんこんロック」(作詞:阿久 悠、作曲:小林 亜星)(CBSソニーレコード
撮影技術 相原 義晴、(照明:吉岡 伝吉)(録音:大家 忠男)(編集:成島 一城)(現像:東映化学東映化学工業))
HP
美術 川島 泰三、(タイトルイラスト:山藤 章二

Tag Cloud

進藤英太郎 大信田礼子 津川透子 小野千春 瀬川昌治 津田幸夫 賀川雪絵 賀原夏子 藤沢幸雄 杉林陽子 冠婚葬祭 後ろ楯 侑子 源治 正司敏江 フーテン けい子 野本博 勇介 永井素夫 武藤英司 達夫 左とん平 康子 亜紀 主任 長沢純 新郎 吉川進 友子

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供