• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ君は海を見たか

平幹二朗がはじめて現代劇で父親役を演じた作品。男やもめの船舶技師(平幹二朗)が息子の不治の病を知り、仕事を捨てて、子どもと残された月日を静かに過ごす、というストーリー。入院中の少年を励ます役でプロ野球・読売巨人軍の長嶋茂雄、王貞治、高橋一三の3選手が出演するというエピソードもあった。大ヒットし、のちに劇場映画化され、さらに1982年には本作の脚本を倉本聰自ら改稿し再びドラマ化された。【小学館「テレパル」85/05/18より一部引用】。カラー放送。「一つの問いかけが、そのまま題名にもテーマにもなっている。驚異的な経済成長をとげ、エコノミック・アニマルといわれる日本の社会に住んで、あなたは子どもを海に連れていくほどの気分的なゆとりがあるか――このドラマは仕事に埋没して、家庭を忘れた男の悲劇を描くもの。増子一郎(平幹二朗)は、海洋開発に寝食を忘れて打ちこんでいる造船技師。家庭は妹・弓子(姿美千子)に任せっきり。そんな男やもめの一郎に、縁談が持ちこまれ、一郎は佳子(野際陽子)を知る。しかし、一郎の長男・正一(山本善朗)には、そんな家庭が無性にさびしい。その正一がある日、不治の病であるジン臓ガンと診断される。第一話から歯ごたえのある、均整のとれたドラマに仕上がっている。この成功をささえた一因は、子役・山本善朗の好演である。表現力が豊かで、孤独な少年の心を見事に表現している。平幹二朗は初めての父親役だが適役。井上芳夫監督の演出も、心理描写に重点をおいており、そのため出演者の演技にも深味が出ている。こういう異色のテーマを、じっくりと追いかけるスタッフの努力には勇気がいる。しかし、その勇気が新しい流れをテレビドラマに導入していることも見のがせない。【この項、読売新聞1970/08/31付「試写室」より引用。(署名:横)】」提供:カルピス、ハウス食品。
キー局 NTV 放送曜日 放送期間 1970/08/31~1970/10/19
放送時間 21:00-21:56 放送回数 8 回 連続/単発 連続
番組名 ファミリー劇場
主な出演 平 幹二朗(1)-(8)、山本 善朗山本 義朗…誤り)(1)-(8)、姿 美千子(1)-(8)、野際 陽子(1)(4)-(8)、本郷功次郎(1)(3)-(6)(8)、小栗 一也(1)-(3)(8)、内藤 武敏(2)(4)(7)、寺田  農(2)(5)(6)、井川比佐志(3)、早川 雄三(7)、福田 豊士福田 豊土)、長嶋 茂雄王  貞治高橋 一三高林由紀子
主な脚本 倉本  聰倉本  聡
主なプロデューサ 加賀 義二
主な演出 (監督:井上 芳夫
局系列 NNN
制作会社 大映テレビ室、NTV

Tag Cloud

平幹二朗 山本善朗 一郎 父親役 男やもめ 姿美千子 不治の病 家庭 勇気 倉本聰 忘れる 増子一郎 ジン臓ガン 少年 子ども ゆとり 改稿 テーマ 仕事 月日 知る 流れ 問いかける 加賀義二 ヒット 努力 表現 好演 ドラマ スタッフ

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

FaceBook

クチコミ

ユーザレビュー

このドラマの YouTube 検索結果

関連ブログ

ドラマデータ提供