• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ怪談宇津谷峠(「宇津谷峠」にルビ「うつのやとうげ」が付く)(怪談・宇津谷峠、怪談・宇都谷峠)

恩義のある武家・尾花六郎左衛門(明石潮)が会計に穴を空けたことから、上方へ百両の金策に向かった酒味噌處「伊丹屋」の主人・十兵衛(御木本伸介)だったが、思うように金は集まらなかった。途中まで迎えに来ていた六郎左衛門は、それを聞いてがっかりして江戸へ戻る。鞠子の宿で十兵衛と相部屋になった按摩の文弥(沢村精四郎)は、座頭の官位を得るために百両の金を持って京へ向かうと言う。宇津谷峠の頂上まで文弥を送った十兵衛だったが、そこで魔がさして文弥を殺し、百両の金を奪ってしまう。ところが、江戸へ戻ろうとした時、失望した六郎左衛門が自害したことを知る。品川の宿で助けた女郎・菊(藤田佳子)に惚れた十兵衛は、必要のなくなった百両で彼女を身請けすることに。…伊丹屋の内儀に納まった菊の元に、六郎左衛門が行方不明になったことを疑問に思っている妻のしづ(市川春代)が現われる。その件を尾花邸に説明に向かった十兵衛だったが、しづが文弥に見えて、思わず絞殺してしまう。菊は十兵衛の不在中に弟に渡した金入れを発見する。菊は文弥の姉で、廓に身を沈めることで百両の金を作ったのだった。文弥の霊が取り憑いたのか、菊は目を患ってしまう。その療治に呼び入れた按摩のこぶ市(二瓶秀雄)が文弥に見える十兵衛。そこへ凶行を目撃したという街道の護摩の灰・提婆の仁三(北上弥太郎)が仲間である与力の長男・山辺新之助(伊吹吾郎)と一緒に現われ、十兵衛を脅す。追い詰められた十兵衛は、菊も文弥に見え、そこへしづや六郎左衛門の霊も現われるので、半狂乱となり、ついには振り回した刀で自らの命を落としてしまうのだった。【以上、文:市村】【演技者…役名】「沢村精四郎…文弥〔ぶんや〕(旅の按摩)、藤田佳子…菊(文弥の姉。品川の宿の廓にいたが伊丹屋十兵衛に身請けしてもらう)、北上弥太郎…提婆の仁三(文弥を狙っていた護摩の灰)、明石潮…尾花六郎左衛門(大店の主人。金策に困り旅先で自殺する)、市川春代…尾花しづ(尾花六郎左衛門の妻)、小瀬朗…三太(伊丹屋の奉公人)、二瓶秀雄…こぶ市(額に大きなこぶのある按摩)、徳大寺君枝…お兼(菊のいた廓の内儀)、金子勝美…おいね(鞠子の宿の仲居)、沢井三郎…四郎兵衛(鞠子の宿の泊まり客)、御木本伸介…伊丹屋十兵衛(酒味噌處「伊丹屋」の主人)、伊吹吾郎…山辺新之助(菊の知人である与力の長男)。【この項、文:市村】」【データ協力:市村】
キー局 12CH 放送曜日 放送期間 1970/07/25~1970/07/25
放送時間 21:00-21:56 放送回数 1 回 連続/単発 単発
番組名 日本怪談劇場(第4回)
主な出演 沢村精四郎御木本伸介藤田 佳子伊吹 吾朗伊吹 吾郎)、北上弥太郎明石  潮市川 春代小瀬  朗二瓶 秀雄徳大寺君枝金子 勝美沢井 三郎
主な脚本 西沢 裕子西澤 裕子
主なプロデューサ 神山 安平東   陽
主な演出 (監督:島津 昇一)(監督補:唐  順棋唐沢 二郎早坂  紘早坂 絋清))(助監督:岡野  敬)(監督助手:鹿島 章弘)(殺陣:菊地 竜志)(記録:沢田智恵子
原作 河竹黙阿彌
局系列 TXN
制作会社 (制作:東京12チャンネル)
制作協力 (協力:松竹演劇部、ぷろだくしょん森)
制作 (制作担当:矢島  進)(制作主任:藤倉  博)
音楽 牧野由多可、(録音所:日本録音センター)(効果:協立音響
撮影技術 秋山 海蔵、(照明:仲村 文悟)(録音:大野 久男)(編集:神島 帰美)(撮影助手:宇賀  節)(照明助手:藤本 慶二)(現像所:横浜シネマ
美術 鳥居塚誠一、(装飾:沖村 国男)(装飾:高津美術)(かつら:山田かつら)(衣裳:東京衣裳)(大道具:美建興業)

Tag Cloud

文弥 十兵衛 沢村精四郎 六郎左衛門 河竹黙阿彌 伊丹屋 按摩 御木本伸介 鞠子 藤田佳子 しづ 北上弥太郎 酒味噌處 尾花六郎左衛門 伊丹屋十兵衛 ぶる 身請け 明石潮 現われる 二瓶秀雄 金策 品川 市川春代 与力 見える 内儀 西沢裕子 向かう 伊吹吾郎 主人

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

FaceBook

クチコミ

ユーザレビュー

このドラマの YouTube 検索結果

関連ブログ

ドラマデータ提供