• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ天まであがれ

山内久司氏は本作を回顧して語る。「1965年、僕がテレビに移ったらいきなり「君、連続物やってくれや。もう誰もおれへんのや」って。当時はVTRが主流になる頃で、世は連続ドラマの時代に突入してましたけど、朝日放送は連続物の経験がほとんどない。で、僕が初めてやったのが「近鉄金曜劇場」の『天まであがれ』。実を言うと僕の苦闘はここから始まったんですね(笑)。主人公の桑野みゆきが突如として引退。それで松竹に行って制作本部長とごっつい揉めたんです。結局彼が、「もう何の言うことも聞くから堪忍してくれ」って。その時から僕と松竹の繋がりはできるんですよ。ただ『天まで』はボロボロ。それで僕は、これはあかんと連続物の研究を丹念に始めるわけですよ。【この項、語り手・山内久司、聞き手・荻野慶人・久野浩平、構成・金子ときよ(「TBS新・調査情報」2006年7-8月号より引用)】」
キー局 ABC 放送曜日 放送期間 1967/07/07~1967/09/29
放送時間 20:00-20:56 放送回数 13 回 連続/単発 連続
番組名 近鉄金曜劇場
主な出演 藤田 尚子長門 裕之宍戸  錠米倉斉加年、(声・柳川  清
主な脚本 土井 行夫
主なプロデューサ 山内 久司
局系列 JNN
制作会社 ABC

Tag Cloud

藤田尚子 連続物 長門裕之 土井行夫 山内久司 松竹 宍戸錠 制作本部長 おれる 堪忍 近鉄 揉める 朝日放送 ボロボロ とぐ 繋がり 突入 桑野みゆき あく VTR 苦闘 回顧 移る 引退 研究 あがる 経験 米倉斉加年 劇場 語る

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

FaceBook

クチコミ

ユーザレビュー

関連ブログ

ドラマデータ提供