• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ赤い陣羽織

本作のプロンプターを務めたことを当時、ぶどうの会のメンバーだった坂本長利が後年語っている。「木下さんの『赤い陣羽織』を、テレビの初期に山本さん、香川京子さん、中村勘三郎(十七世)先生で放送したことがありました。その時に、勘三郎先生がプロンプターがほしいとのことで、初めてテレビのプロンプターをやりましてね。横で台詞を付けていたら、先生が横へ椅子を持って来られて、「ここへ座ってやってください」っておっしゃるんで、「はい」って座ってプロンプターをやったんです。そうしたら、後で木下さんと山本さんに物凄く怒られました。「あの人がどういう人だかわかってるの? 『暑いっ!』って言えば仰ぐ係がいて、『煙草』、って言えば火をつける係がいる方なのよ」って。それからしばらくして、歌舞伎座へ勘三郎先生が出ている時に楽屋をお訪ねして、柝が入ったので立とうとしたら、「俺が出るのはまだ先だよ」っておっしゃってね(笑)。愛嬌のある温かな先生で、そんな勉強もさせてもらいました。【この項、幹の会のインタビュー記事(http://www.mikinokai.net/sakamoto.html)より2017/12/23引用】」本作に香川京子が出演したことにもこの記事で言及されている。【参考文献:飯島正・内村直也編「季刊 テレビ・ドラマ代表作選集 1958年版」(1958/03/27第一刷発行、清和書院刊)】
キー局 KR 放送曜日 放送期間 1957/07/28~1957/07/28
放送時間 21:15-22:15 放送回数 1 回 連続/単発 単発
番組名 東芝日曜劇場(第35回)
主な出演 中村勘三郎17代目)、山本 安英小沢 重雄桑山 正一野田 秀男香川 京子未確認)、ぶどうの会、(プロンプター:坂本 長利(クレジット表示なし))
主な脚本 (作:木下 順二
主な演出 岡倉 士朗岡本 愛彦
局系列 JNN
制作会社 KR

Tag Cloud

プロンプター 山本安英 中村勘三郎 勘三郎先生 先生 香川京子 小沢重雄 山本 座る 木下 野田秀男 岡倉士朗 物凄い テレビ 陣羽織 歌舞伎座 仰ぐ 煙草 愛嬌 楽屋 出る 暑い 岡本愛彦 台詞 わかつ 記事 付ける 怒る 勉強 赤い

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供