• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ佐々木小次郎

村上元三の原作で、東映の佐々木康監督が、はじめてテレビ映画のメガホンをとった。佐々木小次郎には、映画やテレビ『それからの武蔵』に続いて、四度目という東千代之介がふんし、小次郎の恋人・兎禰には新人・桃山みつるが起用されている。越前福井城下で捨て子としてきびしい生活を味わって育った小次郎は、生まれながらの身分で将来が決まる武士の世界に反抗し、自分で世に出ようと心に決める。そして、自分の実力をためそうと、剣の名人・山崎左近将監に試合をいどんだ。父の名門・市波民部の娘・兎禰は、親が決めたいいなずけ東馬よりも小次郎に心をひかれていたが、小次郎は兎?の心もよそに、試合の前日遊女・花畑を相手に祭りの踊りにうつつをぬかしていた。試合は小次郎が勝った。しかし、左近将監の門弟に追われ、その中には、妹をまどわす小次郎を切ろうとする兎禰の兄・兵介もまじっていた。【以上、読売新聞1965/05/16付より引用】放送枠は第1回(1965/05/16放送)から第6回(1965/06/20放送)まで日曜22:30~23:00放送。第7回(1965/06/29放送)から第20回(1965/09/28放送)まで火曜21:00~21:30放送。第20回(1965/10/07放送)から最終回・第25回(1965/11/11放送)まで木曜21:30~22:00放送。【異説】書籍「東映の軌跡」(2016/03発行、東映株式会社発行、東映株式会社 総務部 社史編纂担当編集)では放送期間1966/05/16~1966/11/07と記載されているが誤り。書籍「生きているヒーローたち 東映TVの30年」(1989年、講談社刊)では、放送終了1966/01/02と記載されているが誤り。【参考資料:書籍「日本タレント名鑑'81」(1980/12/30、VIPタイムズ社発行)[霧島八千代の項]】
キー局 MBS 放送曜日 放送期間 1965/05/16~1965/11/11
放送時間 22:30-23:00 放送回数 26 回 連続/単発 連続
番組名 テレビ映画
主な出演 東千代之介(1)-(26)、桃山みつる(1)-(26)、鈴村 由美(3)-(6)(13)(14)、小柴 幹治三条 雅也三條 雅也美浦平八郎)(1)-(4)(6)-(8)、尾上鯉之助(9)-(13)(15)-(18)(21)(23)(24)、北村 英三(1)(2)、片岡栄二郎(1)-(4)(6)(7)、雪代 敬子(1)、原  健策(1)、近江雄二郎(2)、香月 涼二(2)、加賀 邦男(2)(14)(22)(25)、徳大寺 伸(3)(4)(14)、水野  浩(3)(5)、藤木錦之助(3)、千原しのぶ(6)(8)(9)、楠本 健二(7)(8)、阿部九州男(13)、近衛十四郎(19)(26)、松風はる美(20)、霧島八千代未確認)、
主な脚本 鳥居 元宏飛鳥ひろし)(1)
主な演出 (監督:佐々木 康(1)-(3)(5)(6)(9)-(12)(15)-(20)(26))
原作 村上 元三
局系列 ANN
制作会社 東映(東映京都テレビプロダクション)、MBS

Tag Cloud

小次郎 東千代之介 村上元三 桃山みつる 試合 鳥居元宏 放送 鈴村由美 東映 書籍 娘・兎禰 いいなずけ東馬 遊女・花畑 兎禰 名人・山崎左近将... 決める まどわす 小柴幹治 誤り 東映株式会社発行 門弟 社史編纂担当編集 尾上鯉之助 ヒーローたち きびしい 踊り 祭り 実力 身分 勝つ

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供