• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ笑えば天国(第1回)僕は鼠小僧(笑えば天国(フジテレビ版))

芸術座で公開収録された『笑えば天国』(フジテレビ版、放送期間:1961/05/18~1966/07/28)の第1回。「日本初のテレビのための公開中継(※)を芸術座で上演する。カブキの「鼠小僧次郎吉」「お軽勘平」「三人吉三」「八百屋お七」歌劇の「カルメン」「椿姫」「蝶々夫人」漱石の「坊っちゃん」紅葉の「金色夜叉」など舞台、映画、文学などポピュラーな作品に現代にも通ずる奇想天外なアイデアと、演技者のもちあじをもりこんだアチャラカ仕立て。その第1回のきょうは、三木のり平、八波むと志のコンビによる『僕は鼠小僧』。【この項、読売新聞1961/05/18付より引用】」(※)「日本初のテレビのための公開中継」とあるが実際には日本初ではない。関西では早くから公開収録番組が手がけられており、また関東地区でも本作の前年に『僕はスタンド・イン』(フジ)などの公開収録番組が手がけられている。ロート製薬提供。【役名(演技者)】自称鼠小僧(三木のり平)、小説家(八波むと志)、書生(由利徹)、若い夫(南利明)、その妻(リー・スミス)。【参考文献:読売新聞1961/05/18付】
キー局 CX 放送曜日 放送期間 1961/05/18~1961/05/18
放送時間 21:15-21:45 放送回数 1 回 連続/単発 単発
主な出演 三木のり平八波むと志由利  徹南  利明リー・スミス
主な脚本 (作:大倉 左兎
主な演出 丸林 久信、(監修:菊田 一夫
局系列 FNN
制作会社 (制作:東宝(テレビ部)、CX)

Tag Cloud

三木のり平 日本初 八波むと志 公開中継 むと志 芸術座 南利明 手がける 自称鼠小僧 アチャラカ仕立て カブキ スタンド・イン リー・スミス 由利徹 公開収録番組 テレビ 八百屋お七 吉三 カルメン もりこむ 鼠小僧 丸林久信 漱石 演技者 紅葉 スミス フジ アイデア 天国 上演

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供