• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ月を呼ぶ少女

伊東宝石店で宣伝のために店頭に飾ったブロンズ像〝月を呼ぶ少女〟が新聞に取り上げられ、話題になる。そうした宣伝効果とは別に宝石店のむすこ徳夫はその像に純粋の美、理想の女性といいたいあこがれを感じ、像を恋した。そしてある夜、徳夫が像を見つめていると、像は少しずつ動き、一人の少女が抜け出て徳夫に声をかけた。いわば現代版〝かぐや姫〟で、全編を通じて青年の夢の世界と現実とが交差して進展する。幻想的な美しさの中に愛の純粋さを追究する。宝塚の夏亜矢子が出演する。【以上、読売新聞1963/05/17付テレビ欄より引用】
キー局 TBS 放送曜日 放送期間 1963/05/17~1963/05/17
放送時間 20:00-20:56 放送回数 1 回 連続/単発 単発
番組名 近鉄金曜劇場
主な出演 夏 亜矢子斎藤 達雄江原 達怡北 あけみ西条 康男
主な脚本 林  秀彦
主な演出 川俣 公明
局系列 JNN
制作会社 TBS

Tag Cloud

夏亜矢子 徳夫 斎藤達雄 江原達怡 林秀彦 宣伝効果 店頭 むすこ徳夫 西条康男 純粋 ブロンズ像 抜け出る 少女 かぐや姫 現代版 宝石店 宝塚 宣伝 全編 交差 進展 あこがれ 北あけみ 川俣公明 理想 動く 見つめる 取り上げる 現実 話題

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供