• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データこのミステリーがすごい!~ベストセラー作家からの挑戦状~(「カシオペアのエンドロール」「残されたセンリツ」「黒いパンテル」「ダイヤモンドダスト」)(新聞ラテ欄表記…このミステリーがすごい!ベストセラー作家からの挑戦状~今年最後の豪華オムニバスドラマ…本格トリックを25分で満喫!!(1)バチスタ原作者が挑む…セレブ寝台特急の美しき殺人犯(2)ピアニスト毒殺…母娘の愛憎(3)街を覆う巨大寒波のワナ(4)誘拐犯は悪の怪人!?)

●『カシオペアのエンドロール』…札幌から上野に向かう豪華特急列車のスウィートルームで起きた密室殺人事件。殺されたのは乗車していた人気シリーズ映画の撮影隊で、撮影隊の中で唯一の男性である映画監督の道明寺(田中要次)だった。撮影隊で貸し切りになっていたスウィートルームに出入り出来るのは道明寺と共に乗車していた撮影隊の4人の女たち……。女盛りをちょっと過ぎたプロデューサーの吉川かなえ(いしのようこ)、無駄に色気満々のアシスタントプロデューサー・賀茂泉(矢吹春奈)、今回の映画で大抜擢された新進気鋭の若手女優・樫村愛菜(川島海荷)、そして国民的人気を誇る人気シリーズ映画の主演女優・望月ゆかり(藤原紀香)だった。それぞれ一癖も二癖もある容疑者の女たちを相手に、偶然、出張で同乗していた二人の刑事、スウィーツ好きの変わり者警視・加納(吉田栄作)と部下の玉村(浜野謙太)が捜査に乗り出すが……。●『残されたセンリツ』…天才女流ピアニストとして名を馳せる多岐川玲(とよた真帆)が3年ぶりにリサイタルを開いた。生涯で最高の演奏と言わしめる玲の超絶技巧な演奏は聴衆を魅了し、リサイタルは賞賛の嵐で幕を閉じる。ところが、絶賛の拍手が鳴り止まない会場を後にした直後、玲は控え室で謎の死を遂げる。玲の傍らに転がっていたのは青酸カリが混入されたコーヒーの入ったボトルが一つ……。現場に出入り出来たのは、長年連れ添ったマネージャーで元恋人の安住鷹久(佐藤二朗)とリサイタルの主催者で現在の恋人である美能忠邦(長谷川初範)、そして玲と同じくピアニストで玲とは不仲だった娘の多岐川真由(川口春奈)の3人だった。捜査を担当する刑事の河原崎雄二(イッセー尾形)は彼独特の含蓄ある人間観察によって玲と3人の間に隠された意外な愛憎劇にたどり着く……。ラストに残されたのは、“戦慄”の真実と、悲しく響き渡る“旋律”だった――。●『黒いパンテル』…中年半ばの須藤(勝村政信)は今でこそ建設会社に勤めるしがない現場監督だが、30年前の20代、実は戦隊モノのヒーローとしてテレビで人気を博した駆け出しの役者だった。須藤は当時共演者でヒロイン女優だった栄子(高橋ひとみ)と結婚し、現在は二十歳になる一人娘・千明(小池里菜)がいる。ある日、須藤は栄子から須藤が役者当事身に着け、仕舞い込んでいたヒーロー・ブラックパンテルの衣装とマスクを見せられ、30年前の出来事を思い出す。それは須藤が出演する戦隊モノの撮影現場で起きた悲惨な事故だった。当事、須藤が主人公の戦隊モノは佳境を迎え、最終回の撮影を行っていた。ところがそのロケ現場で火災事故が起こり、須藤は先輩俳優で共演の敵役・ドラクル男爵を演じていた二ノ宮(城田優)を見殺しにしてしまったという苦い経験を味わったのだ。久しぶりに衣装を見て自責の念が再燃する須藤。そんな中、須藤の元に娘の千明を誘拐したとのメールが届き、誘拐犯は須藤になんとブラック・パンテルの姿で救出に来るよう指示してくる!須藤は千明の恋人・戸倉(山本裕典)と救出に向かうが……。悲哀に満ちた中年サラリーマンは、果たして娘を無事救出することができるのか!?●大寒波が襲来し大雪に見舞われた首都・東京。その夜、スポーツ用品店で働く二人の男、奥脇巧(AKIRA)と明神和也(山本耕史)は翌日に迫った新店舗の開店準備に追われ、二人だけで残業を余儀なくされていた。夜が更けるにつれ暴風雪は増強。都市インフラが機能停止に陥るパニックの中、準備中の新店舗内で停電に遭い、作業を中断せざるおえなくなった二人は奥脇の決断で新店舗から歩いて本社に戻ることにする。大都会の真ん中にいるにも関わらず強烈な暴風雪が吹き荒れ、まるで雪山の中を歩くような感覚に襲われる奥脇と明神。容赦なく襲い掛かる暴風雪の猛威の恐怖に、二人はやがて互いの秘密や欲望がむき出しになっていく。二人は果たして無事に本社に戻れるのか? 最後に衝撃のラストが待ち受ける。【以上、TBS広報資料より引用】
キー局 TBS 放送曜日 放送期間 2014/12/29~2014/12/29
放送時間 21:00-23:09 放送回数 1 回 連続/単発 単発
主な出演 (「カシオペアのエンドロール」:藤原 紀香吉田 栄作川島 海荷いしのようこ石野 陽子)、浜野 謙太矢吹 春奈落合  萌田中 要次水澤 伶香、)(「残されたセンリツ」:川口 春奈イッセー尾形とよた真帆長谷川初範佐藤 二朗高崎 翔太兒玉 宣勝)(「黒いパンテル」:勝村 政信城田  優高橋ひとみ山本 裕典小池 里奈柳 ゆり菜小野  了陳内  将小島 祐輔兼原良太郎)(「ダイヤモンドダスト」:AKIRA山本 耕史神保 悟志高橋 ユウ原田 新平濱田 万葉須田 理央)(案内人:樹木 希林悠木 千帆初代))、又吉 直樹ピース))
主な脚本 永田 優子カシオペアのエンドロール)、渡邉 真子残されたセンリツ)、高橋 麻紀(クレジット表示では「高」は「はしご高」)(残されたセンリツ)、星   護(共同テレビ)(監督も)(黒いパンテル)、高橋 麻紀(クレジット表示では「高」は「はしご高」)(ダイヤモンドダスト
主なプロデューサ (総合プロデュース:高橋 正尚(TBSテレビ))(プロデュース:都築  歩(大映テレビ)(カシオペアのエンドロール)、臼井 正明シネムーブ)(残されたセンリツ)、柳川由起子(共同テレビ)(黒いパンテル)、神戸  明東宝映画)(ダイヤモンドダスト))
主な演出 (監督:大谷健太郎カシオペアのエンドロール)、金子 修介残されたセンリツ)、星   護(共同テレビ)(脚本も)(黒いパンテル)、古澤  健ダイヤモンドダスト))
原作 海堂  尊「カシオペアのエンドロール」(宝島社)(カシオペアのエンドロール)、中山 七里「残されたセンリツ」(宝島社)(残されたセンリツ)、乾  緑郎「黒いパンテル」(宝島社)(黒いパンテル)、安生  正「ダイヤモンドダスト」(ダイヤモンドダスト
局系列 JNN
制作会社 (製作著作:TBS)
制作協力 ラフ・アット(カシオペアのエンドロール)、シネムーブ(残されたセンリツ)、共同テレビジョン(黒いパンテル)、東宝映画(ダイヤモンドダスト)
HP

Tag Cloud

須藤 撮影隊 暴風雪 戦隊モノ リサイタル 店舗 パンテル 奥脇 人気シリーズ映画 スウィートルーム 道明寺 千明 乗車 衣装 渡邉真子 栄子 永田優子 演奏 救出 出入り 女たち 高橋麻紀 ラスト 歩く 出来る 襲う 密室殺人事件 残す 向かう

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供