• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ警視庁心理捜査官・明日香2~幸福な家庭を突然襲った誘拐事件…苦悩する父と母の憔悴…犯人からの不可解な要求の裏に隠された意外な真実とは…

『警視庁心理捜査官 明日香』の第2弾。思いもかけないもう一つの事件が絡んだ真相に、ベテラン心理捜査官の明日香(泉ピン子)と、がむしゃらな若手捜査官、吉村爽子(菊川怜)が挑む。自分の家族を強く守ろうとする心が、ある事件をきっかけで歪み、他人をも傷つけてしまったり、また時として人を悪魔に変え、大きな犯罪を引き起こしてしまうことにも繋がってしまう。事件発覚から、警察は不可思議な事態に翻弄され続ける。事件の裏に潜んだ、ある男が抱えた長い葛藤と苦しみの日々とは?蔵前西署刑事課の警部補・柳原明日香(泉ピン子)は、警視庁鑑識課警部・田辺博道(ベンガル)から相談を受けた。自宅の近所に、乱れた容姿で外の様子を心配気に窺う女性がいるというのだ。しかも彼女は田辺が警察関係者と知ると、忽ち口を閉ざしてしまったという。そんな折、たまたま田辺を訪ねて来た、警視庁捜査一課の心理捜査官・吉村爽子(菊川怜)に白羽の矢が立った。爽子が、渋るその女性・梶原紀子(藤吉久美子)から、詳しく話を聞きだしたところ、長男の中学生・信彦(山下一成)が誘拐されたと知る。犯人から身代金要求の電話があり、父親でアパレルメーカー社長の梶原庸介(今井雅之)が、直ぐに指定口座に1千万を振り込んだのだが、信彦は帰って来ないという。しかも犯人は電話で「警察に知らせたければ、知らせろ」と、意外な台詞を吐いていた。息子を案じるが故か、警察を信用していないのか、父親・庸介は「息子さえ無事に帰ってくればいい」と、通報せず身代金を支払ったというのだ。さらに庸介は、誘拐の一件を紀子が警察に洩らしたことを知り、烈火の如く怒った。梶原宅に警視庁特殊犯捜査係が入り、犯人との接触を待つ事になった。一方、爽子は脅迫電話の様子などから犯人のプロファイリングを始めるが、捜査管理官・野々山慎吾(藤堂新二)は、プロファイルなどまるで当てにしておらず、その後も爽子と捜査を巡り対立することになる。犯人から再び身代金の要求があり、受け渡し場所に捜査員が徹底配備されたが、犯人は現れず庸介の苛立ちは募る。捜査本部では犯人だけでなく、被害者・庸介の身辺調査、恨みを持つ者等の洗い出しに爽子や刑事課巡査の藤島直人(佐野泰臣)、そして明日香もかり出されることになる。そこから浮かび上がった事実は捜査を意外な方向へと誘うことに。犯人から三度目の身代金要求の電話があり、野々山は前回以上の厳戒体制を組むのだが、身代金の受け渡し役を志願した庸介を見失ってしまう。爽子は、手にナイフを持ち犯人と争う庸介を見つけ止めに入るが、その間に誘拐犯を取り逃がしてしまう。「憎悪の余り犯人に襲いかかってしまった」という庸介だが、息子の安否を気遣う父親の行動とは思えない。今回の失敗は身代金を持った庸介を見失った事が発端だ。明日香はそこにひっかかり本格的に調査を開始する。そんな折、誘拐されたはずの息子・信彦がひょっこりと帰ってきた。信彦は、監禁は無く自由に行動出来ていたと証言する。だが、なぜか帰宅後に信彦の素行が荒れ、父親に反抗し、家族との諍いが絶えない。髪の毛も金色に染め不良仲間とも付き合いだしたのだ。この事態に、明日香や爽子だけでなく、明日香と旧知の仲の警視庁捜査一課強行犯係長の大貫裕也(佐藤B作)までもが首を傾げた。なぜ信彦は家に帰らなかったのか?誘拐犯は誰なのか?なぜ犯人を庸介が追い詰めたのか?明日香は、そして爽子はこの不可思議な事件をどう解決へと導くのか?【以上、TBS広報資料より引用】協力:マエダオート。撮影協力:O-DEN、In Field、医療法人財団天翁会 新天本病院、豊島区、西部区民事務所、野村ビルマネジメント、野村不動産、サン・フェルメール、たまロケーションサービス、牛嶋神社、あらまき。【役名(演技者)】●柳原明日香(泉ピン子)、●吉村爽子(菊川怜)、●大貫裕也(佐藤B作)、●田辺博通(ベンガル)、●藤島直人(佐野泰臣)、●笠井信二(剛たつひと)、●梶原庸介(今井雅之)、●梶原紀子(藤吉久美子)、●梶原信彦(山下一成)、●岡本貴子(水町レイコ)、●岡本忠志(岡本富士太)、●野々山慎吾(藤堂新二)。
キー局 TBS 放送曜日 放送期間 2012/02/13~2012/02/13
放送時間 21:00-22:54 放送回数 1 回 連続/単発 単発
番組名 月曜ゴールデン
主な出演 泉 ピン子菊川  怜佐藤 B作今井 雅之ベンガル岡本富士太藤吉久美子剛たつひと佐野 泰臣藤堂 新二山下 一成ジャニーズJr.)、水町レイコ駒塚 由衣松尾 伴内斉藤 清六斎藤 清六)、綱島郷太郎若松 俊秀嶋崎 伸夫小林 真弥大木イチロー銀次郎内田 岳志小林 一英須部 浩美菊池 隆志松本 博之傅田 敦司柴田 孝介朝倉  一岡村 友美お宮の松中田 優子和気 俊弥鈴木 舞子柴田龍一郎宇賀 友洋小林三十朗岡 けんじ保科 光志水田紗都希芸プロ東俳、テアトルアカデミー、ホリプロインプルーブメント、サンミュージック、NEWSエンターティメントソーレプロモーション、(擬斗:深作  覚)(医療指導:堀 エリカ
主な脚本 西岡 琢也
主なプロデューサ 石坂久美男、(AP:宮崎 美紀)(スチール:加藤  徹
主な演出 (監督:吉川 一義)(監督助手:鈴木 朋生坂井 裕幸)(助監督:吉野 晴亮)(記録:高橋扶佐緒
原作 黒崎 視音「警視庁心理捜査官KEEP OUT」(徳間書店刊)
局系列 JNN
制作会社 (製作:近代映画協会、TBS)
制作 (制作担当:千野 友嗣(せんのともつぐ))(制作主任:三井 久弥)(制作進行:松尾 伸幸)
企画 (編成:畠山  渉)(番組宣伝:小林 久幸
音楽 (選曲:山川  繁)(効果:橋本 正二)(MA:兒玉 邦宏
撮影技術 上赤 寿一、(照明:関根 謙一)(録音:林  昭一)(VE:中塚 政明)(撮影助手:鍛  大樹)(CA:小杉 文人)(照明:松山 寛裕玉川 直人小山 宏之)(録音助手:五十嵐 圭安井 雄一)(編集:北澤 良雄)(HD編集:和田 多加)(撮影協力:緑山スタジオ・シティ)(協力:ビデオフォーカス)
HP
美術 (装飾:遠藤雄一郎)(装飾助手:深沢 慶三)(小道具:山内 康裕)(持道具:吉岡 里紗)(衣裳:岩本起法子武内  修)(ヘアメイク:高村明日見川尻 結加)(スタイリスト(菊川怜担当):石野 美穂)(ヘアメイク(菊川怜担当):石月 裕子)(美術協力:東宝映像美術高津装飾美術、ほか)(協力:東宝コスチュームヘアーベル

Tag Cloud

庸介 爽子 明日香 菊川怜 犯人 泉ピン子 信彦 身代金 山下一成 吉村爽子 藤島直人 今井雅之 帰る 警察 佐野泰臣 誘拐 藤堂新二 見失う 誘拐犯 藤吉久美子 田辺 知らせる 電話 父親 事件 警視庁捜査 西岡琢也 息子 行動 様子

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供